寺本 孝司

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/23 13:52
 
アバター
研究者氏名
寺本 孝司
 
テラモト コウジ
URL
http://www3.muroran-it.ac.jp/mel/
所属
室蘭工業大学
学位
修士(工学)(大阪大学), 博士(工学)(大阪大学)

プロフィール

切削加工にかかわるモデル化とその効率的な利用を中心に教育・研究を行っています.モデル化のコストや効果・信頼性といったことを含めたモデルの検討を行いたいと考えています.具体的には,薄肉工作物の工作物把持とゴム切削を対象に研究を進めています.

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
室蘭工業大学 もの創造系領域 教授
 
2007年4月
 - 
2014年3月
室蘭工業大学 工学研究科 准教授
 
2006年4月
 - 
2007年3月
室蘭工業大学 工学部 助教授
 
2005年9月
 - 
2006年3月
大阪大学 大学院 工学研究科 講師
 
1993年4月
 - 
2005年8月
大阪大学 工学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
1993年
大阪大学 工学研究科 電子制御機械工学専攻
 

委員歴

 
2002年
   
 
日本材料学会  生産科学部門企画事業委員
 

受賞

 
2002年
Best Paper Award, The 6th International Conference of Mechatronics Technology
 

Misc

 
モデル学習によるボールエンドミル加工の高精度切削力予測
精密工学会誌   Vol. 69, No. 8, pp.1098-1103    2003年
微小切込時の状態変化を考慮したエンドミル加工の切削抵抗予測-すぐ刃工具による加工の場合(第一報)-
精密工学会誌   Vol. 69, No. 11, pp.1605-1609    2003年
モデル学習によるボールエンドミル加工の高精度切削力予測
精密工学会誌   Vol.69, No.8, pp. 1098-1103    2003年
エンドミル加工における整合的作業設計
日本機械学会論文集C編   Vol.70,No.694,pp.1824-1829    2004年
Development of Learning System with Process Model Selection for Control of Ball-End Milling
Advancement of Intelligent Production   461   1994年

書籍等出版物

 
In-process visualization of machining state with sensor-based simulation to support the recognition ability of operators
Human friendly Mechatronics   2001年   
Gerontechnology in Work and Daily Life
Gerontechnology: Technology and Aging - Starting into the Third Millenium   2002年   

競争的資金等の研究課題

 
自律型工作機械に関する研究