谷口 秀夫

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/11 03:01
 
アバター
研究者氏名
谷口 秀夫
 
タニグチ ヒデオ
URL
http://www.swlab.cs.okayama-u.ac.jp/%7Etani/index-j.html
所属
岡山大学
職名
理事・副学長
学位
博士(工学)(九州大学)
その他の所属
岡山大学

研究分野

 
 

受賞

 
2010年
Best Paper Award
 

Misc

 
An Architecture of Fusing Communication and Execution for Global Distributed Processing
M.Amamiya, *H.Taniguchi, and T.MATSUZAKI
Parallel Processing Letters      2001年
高負荷オンライントランザクション処理を実現するオペレーティングシステム
箱守聰,*谷口秀夫
信学論(D-I)      2001年
WWWサーバにおけるサービスの処理内容を考慮したディスクスケジュール法の実現と評価
スカンヤ・スラナワラッ,*谷口秀夫
情報処理学会論文誌      2001年
通信路の品質変化に適応する通信制御機構
*谷口秀夫,野口裕介,乃村能成
信学論(B)      2001年
A Disk Scheduling Mechanism for a WWW Server
Sukanya Suranauwarat and *Taniguchi Hideo
International Conference on Advances in Infrastructure for Electronic Business, Science, and Education on the Internet(SSGRR 2001 Computer & eBusiness Conference)      2001年

書籍等出版物

 
並列分散処理
コロナ社   2003年   
分散処理
オーム社   2005年   
operating system
オペレーティングシステム
昭晃堂   
マルチメディア情報通信
オーム社   

講演・口頭発表等

 
分散環境を指向するプロセス変身機能の提案、本件を含め全14件 (http://www.swlab.it.okayama-u.ac.jp/bib/bib2002.htmlを参照のこと)
2002年   
二つのOS共存に向けた起動方式、本件を含め全13件 (http://www.swlab.it.okayama-u.ac.jp/bib/bib2003.htmlを参照のこと)
2003年   
応用プログラムの走行モード変更機構、本件を含め全9件 (http://www.swlab.it.okayama-u.ac.jp/bib/bib2004.htmlを参照のこと)
2004年   
走行モード変更機構を利用したデバイスドライバの実現、本件を含め全16件 (http://www.swlab.it.okayama-u.ac.jp/bib/bib2005.htmlを参照のこと)
2005年   
走行モード変更機構を利用したデバイスドライバの実現、本件を含め全22件 (http://www.swlab.it.okayama-u.ac.jp/bib/bib2006.htmlを参照のこと)
2006年   

Works

 
オンラインシステム用通信制御手順の開発
ステーション制御処理装置用OSの開発
科学万博用の分散処理装置の開発
事業所分散処理装置用OSの開発
実時間処理用OS(ROS)の開発

競争的資金等の研究課題

 
高信頼な計算機アーキテクチャに関する研究
分散システムの分析と設計に関する研究
可変性能を提供するオペレーティングシステムの研究