尾崎 行生

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/26 11:08
 
アバター
研究者氏名
尾崎 行生
 
オザキ ユキオ
URL
http://www.farm.kyushu-u.ac.jp
所属
九州大学
部署
大学院農学研究院
職名
准教授
学位
博士(農学)(九州大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1989年4月
 - 
1993年3月
 佐賀県農業試験研究センター白石分場 技師(研究員)
 
1993年4月
 - 
2000年3月
 九州大学農学部 助手
 
2000年4月
 - 
2006年11月
 九州大学大学院農学研究院 助手
 
2006年11月
 - 
2007年3月
 九州大学大学院農学研究院 助教授
 
2007年4月
 - 
現在
-     九州大学大学院農学研究院 准教授
 

学歴

 
1985年4月
 - 
1989年3月
九州大学 農学部 農学科
 

委員歴

 
2017年2月
 - 
現在
久留米市環境部  久留米市環境保全専門委員
 
2016年12月
 - 
現在
革新的技術開発・緊急展開事業(うち地域戦略プロジェクト)  専門PO
 
2014年4月
 - 
現在
大分県農林水産研究センター  大分県農林水産部試験研究外部評価委員
 
2016年4月
 - 
2018年3月
福岡市環境局  福岡市環境影響評価審査会委員
 
2016年3月
 - 
2018年3月
九州大学大学院農学研究院  紀要・学芸雑誌編集委員
 
2017年1月
 - 
2017年12月
園芸学会  総務補佐幹事
 
2016年1月
 - 
2017年12月
園芸学会  代議員
 
2016年11月
 - 
2016年12月
福岡県農林水産部  福岡県農林業関係試験研究外部評価委員
 
2015年1月
 - 
2015年12月
園芸学会  代議員
 
2014年5月
 - 
2015年3月
九州環境管理協会  福岡市舞鶴公園ハス再生プロジェクト検討会委員
 
2014年4月
 - 
2015年1月
園芸学会  評議員
 
2013年5月
 - 
2014年3月
九州環境管理協会  福岡市舞鶴公園ハス再生プロジェクト検討会委員
 
2013年4月
 - 
2014年3月
農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 発展融合ステージ  外部評価委員
 
2012年4月
 - 
2014年3月
園芸学会  法人化対応特別委員会委員
 
2012年4月
 - 
2014年3月
園芸学会  評議員
 
2011年4月
 - 
2014年3月
新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業  外部評価委員
 
2013年10月
   
 
Acta Hortuculturae  編集委員
 
2012年12月
 - 
2013年3月
九州環境管理協会  福岡市舞鶴公園ハス再生プロジェクト検討会委員
 
2009年10月
 - 
2012年9月
園芸学会  JJSHS(英文誌)編集委員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
公益財団法人福岡市みどりのまちづくり協会  ハス再生業務チーム外部委員
 
2009年4月
 - 
2012年3月
新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業  外部評価委員
 
2006年10月
 - 
2009年9月
園芸学会  園芸学研究(和文誌)編集委員
 
2006年4月
 - 
2009年3月
先端技術を活用した農林水産研究高度化事業  外部評価委員
 
2004年5月
 - 
2004年12月
Acta Horticulturae  編集委員
 
2001年8月
 - 
2002年10月
Acta Horticulturae  編集委員
 
1999年4月
 - 
2002年3月
園芸学会九州支部  会計幹事
 

受賞

 
2017年3月
園芸学会 平成28年度年間優秀論文賞 レタス(Lactuca sativa L.)プロトプラストへのイオンビーム照射によって出現した低ポリフェノールオキシダーゼ活性を示す突然変異体
受賞者: 澤田倫平・平野智也・飯牟禮和彦・阿部知子・尾崎行生
 
2015年7月
園芸学会中四国支部 優秀発表賞 アスパラガス全期立茎栽培における通路幅が長柄収穫ハサミを利用した収穫の作業性に及ぼす影響.
受賞者: 坂本隆行・越智資泰・菊池 豊・小林 恭・田中 亨・尾崎行生
 

論文

 
Reducing burden during summer asparagus (Asparagus officinalis L.) spear harvest by using long-schaft shears and large-wheeled cart under modified branch training
Sakamoto, T., M. Ochi, Y. Kikuchi, K. Kobayashi, T. Tanaka and Y. Ozaki
Hort. J.   86(1) 37-44   2017年1月   [査読有り]
MYB transcription factor gene involved in sex determination in Asparagus officinalis
Murase, K., S. Shigenobu, S. Fujii, K. Ueda, T. Murata, A. Sakamoto, Y. Wada, K. Yamaguchi, Y. Osakabe, K. Osakabe, A. Kanno, Y. Ozaki and S. Takayama
Genes to Cells   22(1) 115-123   2017年1月   [査読有り]
レタス(Lactuca sativa L.)プロトプラストへのイオンビーム照射によって出現した低ポリフェノールオキシダーゼ活性を示す突然変異体
澤田倫平・平野智也・飯牟禮和彦・阿部知子・尾崎行生
15(4) 347-353   2016年12月   [査読有り]
ワケギ球根の植付けに対応した簡易移植機による作業性の改善
川口岳芳・南田秀樹・川本靖信・佐藤彩佳・尾崎行生
農作業研究   50(4) 91-101   2016年6月   [査読有り]
Effects of growth temperature and culture season on morphogenesis of petaloid-stamen in double-flowered cyclamen
Mizunoe, Y. and Y. Ozaki
Hort. J.   84(3) 269-276   2015年7月   [査読有り]
ワケギ球根の植え付けに対応した簡易移植機の開発と植付精度の評価
川口岳芳・南田秀樹・川本靖信・佐藤彩佳・尾崎行生
農作業研究   50(2) 25-35   2015年6月   [査読有り]
Morphological variation and AGAMOUS-like gene expression in double flowers of Cyclamen persicum Mill.
Mizunoe, Y. and Y. Ozaki
Hort. J.   84(2) 140-147   2015年4月   [査読有り]
Molecular cloning and expression of a 9-cis-epoxy carotenoid dioxygenase gene (NCED) and its relationship to dormancy in Lilium longiflorum and L. formosanum.
Narges, M, J. Masuda, Y. Ozaki, N. T. L. Hai, K. Kojima, F. Chino, M. Hiramatsu, Y. Mizunoe and H. Okubo
J. Hort. Sci. and Biotech.   90(2) 121-126   2015年3月   [査読有り]
Pulsing treatments of abscisic acid and sucrose for improving postharvest quality of cut lily flowers.
Geng, X. M., J. Liu, M. Li, H. Okubo and Y. Ozaki
J. Fac. Agr., Kyushu Univ.   60(1) 87-92   2015年2月
ABA improves postharvest quality of cut Lilium ‘Sorbonne’ harvested in late period.
Geng, X. M., M. Li, L. Lu, H. Okubo and Y. Ozaki
J. Fac. Agr., Kyushu Univ.   60(1) 81-86   2015年2月
アスパラガス全期立茎栽培における側枝誘引法が収量および長柄収穫バサミを利用した収穫の作業性に及ぼす影響.
坂本隆行・越智資泰・菊池豊・小林恭・田中亨・尾崎行生
園芸学研究   14(1) 43-50   2015年1月   [査読有り]
Stem blight resistance of Asparagus kiusianus and its hybrid with A. officinalis.
Iwato, M., M. Kosaza, Y. Takeuchi, M. Matsumoto, M. Inada, Y. Ozaki and H.Okubo.
Adv. Hort. Sci.   28(4) 202-207   2014年12月   [査読有り][招待有り]
Occurrence of a spontaneous triploid progeny from crosses between diploid asparagus (Asparagus officinalis L.) plants and its origin determined by SSR markers.
Ozaki, Y. Y. Takeuchi, M. Iwato, S. Sakazono and H. Okubo.
J. Japan. Soc. Hort. Sci.   83(4) 290-294   2014年10月   [査読有り]
葉の水没がその後のハスの生育に及ぼす影響.
冨吉啓太・松石貴裕・尾崎行生
九州大院農学研究院学芸雑誌   68(2) 19-24   2013年9月
Genotyping of asparagus (Asparagus officinalis L.) cultivars with SSR markers.
Takeuchi, Y., Y. Sakaguchi, Y. Ozaki and H. Okubo
Acta Hortic.   950 165-172   2012年5月   [査読有り]
Regulation in rhizome transition to storage organ in lotus (Nelumbo nucifera Gaertn.) with exogenous gibberellin, gibberellin biosynthesis inhibitors or abscisic acid.
Masuda, J., Y. Ozaki and H. Okubo.
J. Japan. Soc. Hort. Sci.   81(1) 67-71   2012年1月   [査読有り]
Dietary kakrol (Momordica dioica Roxb.) flesh inhibits triacylglycerol absorption and lower the risk for development of fatty liver in rats.
Sato, M., T. Ueda, K. Nagata, S. Shiratake, H. Tomiyori, M. Kawakami, Y. Ozaki, H. Okubo, B. Shirouchi and K. Imaizumi
Exp. Biol. Med.   236(10) 1139-1146   2011年10月   [査読有り]
Chloroplast DNA phylogeography in the genus Camellia in Japan.
Tateishi, N., H. Okubo and Y. Ozaki
Acta Hortic.   885 367-373   2010年12月   [査読有り]
Ethylene is not involved in rhizome transition to storage organ in lotus (Nelumbo nucifera).
Masuda, J., Y. Ozaki, I. Miyajima and H. Okubo.
J. Fac. Agr., Kyushu Univ.   55(2) 231-232   2010年10月
White marginal picotee formation in the petals of Camellia japonica ‘Tamanoura’.
Tateishi, N., Y. Ozaki and H. Okubo.
J. Japan. Soc. Hort. Sci.   79(2) 207-214   2010年4月   [査読有り]
Molecular cloning of the genes involved in anthocyanin biosynthesis in Camellia japonica.
Tateishi, N., Y. Ozaki and H. Okubo.
J. Fac. Agr., Kyushu Univ.   55(1) 21-28   2010年2月
Interspecific lily hybrids with the ability to flower precociously and to produce multiple flower stalks from Lilium formosanum
Saruwatari, H., Y. Shuto-Nakano, K. Nakano, M. Hiramatsu, Y. Ozaki and H. Okubo
J. Japan. Soc. Hort. Sci.   77(3) 312-317   2008年7月   [査読有り]
アスパラガスの半促成長期どり栽培における生育と収量に及ぼす近紫外線除去フィルムの影響
井上勝広・小川恭弘・尾崎行生
園芸学研究   7(3) 419-423   2008年7月   [査読有り]
半促成長期どり栽培のアスパラガスに寄生するアザミウマ類の発生消長と近紫外線除去フィルムの効果
井上勝広・小川恭弘・尾崎行生
園芸学研究   7(3) 413-418   2008年7月   [査読有り]
Major anthocyanins from purple asparagus (Asparagus officinalis)
Sakaguchi, Y., Y. Ozaki, I. Miyajima, M. Yamaguchi, Y. Fukui, K. Iwasa, S. Motoki, T. Suzuki and H. Okubo.
Phytochemistry   69(8) 1763-1766   2008年5月   [査読有り]
Application of plant growth regulators on the parthenocarpic fruit development in teasle gourd (kakrol, Momordica dioica Roxb.)
Rasul, M. G., M. A. K. Mian, Y. Cho, Y. Ozaki and H. Okubo
J. Fac. Agr., Kyushu Univ.   53(1) 39-42   2008年2月
Interploid crossing overcomes plastome-genome incompatbility in intersubgeneric hybridization between evergreen and deciduous azaleas
Sakai, K., Y. Ozaki, K. Ureshino, I. Miyajima, A. Wakana and H. Okubo
Scientia Hortic.   115(3) 268-274   2008年2月   [査読有り]
井上勝広・重松武・尾崎行生
園芸学研究   7(1) 91-95   2008年1月   [査読有り]
井上勝広・居村正博・尾崎行生
園芸学研究   7(1) 87-90   2008年1月   [査読有り]
Anthocyanin variation in Asparagus species and its inheritance
Sakaguchi, Y., Y. Mine, H. Okubo and Y. Ozaki
Acta Hortic.   776 285-290   2008年1月   [査読有り]
アスパラガス(Asparagus officinalis L.)の半促成長期どり栽培の収量に及ぼす立茎開始時期と親茎の太さの影響
井上勝広・重松武・尾崎行生
園芸学研究   6(4) 547-551   2007年
Chloroplast DNA variation in the genus Camellia with reference to the origin of 'Tamanoura'.
Tateishi, N., M. Oishi, Y. Ozaki and H. Okubo.
J. Hort. Sci. & Biotech.   82(3) 377-382   2007年
Masuda, J., Y. Ozaki and H. Okubo.
Planta   226(4) 909-915   2007年
Occurrence of ploidy variation in Camallia X vernalis
Tateishi, N., Y. Ozaki and H. Okubo
J. Fac. Agr., Kyushu Univ.   52(1) 11-15   2007年
Rhythmic response of rhizome growth to light-break in lotus (Nelumbo nucifera)
Masuda, J., S. Yoshimizu, Y. Ozaki and H. Okubo
J. Fac. Agr., Kyushu Univ.   52(1) 35-38   2007年
Intrasubgeneric and interploid cross compatibility in evergreen and deciduous azaleas
Sakai, K., Y. Ozaki, M. Hiramatsu, A. Wakana and H. Okubo
J. Fac. Agr., Kyushu Univ.   51(1) 73-81   2006年
Electro protoplast fusion between Solanum sisymbriifolium and other Solanum species
Oda, N., S. Isshiki, T. Sadohara, Y. Ozaki and H. Okubo
J. Fac. Agr., Kyushu Univ.   51(1) 67-72   2006年
Establishment of protoplast culture of Solanum sisymbriifolium
Oda, N., S. Isshiki, T. Sadohara, Y. Ozaki and H. Okubo
J. Fac. Agr., Kyushu Univ.   51(1) 63-66   2006年
カックロール(Momordica dioica Roxb.)の八倍体作出
長泰弘・尾崎行生・大久保敬・松田鹿徳
九州大院農学研究院学芸雑誌   61(1) 55-61   2006年
バングラデシュで栽培されているカックロール(Momordica dioica Roxb.)の倍数性
長泰弘・尾崎行生・大久保敬・松田鹿徳
九州大院農学研究院学芸雑誌   61(1) 49-53   2006年
Masuda, J., T. Urakawa, Y. Ozaki and H. Okubo.
Ann. Bot.   97(1) 39-45   2006年
Sex-conversion from male to female during somatic embryogenesis from protoplasts in asparagus (Asparagus officinalis L.)
Maeda, T., Y. Ozaki, T. Sonoda, N. Inoue, K. Narikiyo and H. Okubo
J. Fac. Agr., Kyushu Univ.   50(2) 585-592   2005年
Ploidy variation of progenies from intra- and inter-ploidy crosses with regard to trisomic production in asparagus (Asparagus officinalis L.)
Ozaki, Y., K. Narikiyo, C. Fujita and H. Okubo
Sex. Plant Reprod.   17(4) 157-164   2004年
Oryzalin-induced allotetraploids of an intersubgeneric hybrid between evergreen and deciduous azaleas
Sakai, K., I. Miyajima, K. Ureshino, Y. Ozaki and H. Okubo
J. Fac. Agr., Kyushu Univ.   49(2) 293-299   2004年
Effectiveness of inter-ploid crosses for overcoming plastome-genome incompatibility in intersectional crosses of azaleas
Sakai, K., Y. Ozaki, H. Okubo, K. Ureshino and I. Miyajima
Acta Hortic.   651 47-53   2004年
Thao, N. T. P., Y. Ozaki and H. Okubo
J. Japan. Soc. Hort. Sci.   73(1) 63-65   2004年
Thao, N. T. P., I. Miyajima, K. Ureshino, Y. Ozaki and H. Okubo
J. Japan. Soc. Hort. Sci.   72(4) 299-305   2003年
Callus induction and plantlet regeneration in ornamental Alocasia micholitziana
Thao, N. T. P., Y. Ozaki and H. Okubo
Plant Cell, Tiss., Org. Cult.   73(3) 285-289   2003年
Micropropagation of ornamental Alocasia
Thao, N. T. P., I. Miyajima, K. Ureshino, Y. Ozaki and H. Okubo
J. Fac. Agr., Kyushu Univ.   47(2) 277-282   2003年
Variation of self-incompatibility in Camellia japonica L. cultivars
Ozaki, Y., M. Kanda, I. Miyajima and H. Okubo
J. Fac. Agr., Kyushu Univ.   47(2) 251-255   2003年
Phylogenetic relationships among tea cultivars based on AFLP analysis
Lee, S., J. Kim, J. Sano, Y. Ozaki and H. Okubo
J. Fac. Agr., Kyushu Univ.   47(2) 289-299   2003年
Capsule set, seed productivity and germination in interspecific crosses among evergreen azaleas
Michishita, A., K. Ureshino, I. Miyajima, K. Sakai and Y. Ozaki
J. Fac. Agr., Kyushu Univ.   47(2) 283-288   2003年
Induction of tetraploids in ornamental Alocasia through colchicine and oryzalin treatments
Thao, N. T. P., K. Ureshino, I. Miyajima, Y. Ozaki and H. Okubo
Plant Cell, Tiss. Org. Cult.   72(1) 19-25   2003年
Intra- and inter-ploid cross compatibility and trisomic production in asparagus (Asparagus officinalis L.)
Ozaki, Y.
Acta Hortic.   589 181-184   2002年
In vitro multiplication of kakrol (Momordica dioica Roxb.)
Nabi, S. A., M. G. Rasul, M. Al-Amin, M. M. Rasheed, Y. Ozaki and H. Okubo
J. Fac. Agr., Kyushu Univ.   46(2) 303-309   2002年
Effects of ultraviolet light elimination on pigmentation in Allium x wakegi and shallot (Allium cepa aggregatum group) bulbs
Arifin, N. S., I. Miyajima, Y. Ozaki and H. Okubo
Bull. Inst. Trop. Agr., Kyushu Univ.   25 9-13   2002年
Genetic control of some morphological and physiological characters in lablab bean (Lablab purpureus (L.) Sweet)
Sultana, N., Y. Ozaki and H. Okubo
J. Fac. Agr., Kyushu Univ.   46(1) 39-46   2001年
日本各地に現存するツバキ'有楽'古木の遺伝的同一性
宮島郁夫・尾崎行生・猪立山三鈴・池松良平・大久保敬・五井正憲
園芸学会雑誌   70(3) 367-372   2001年
Parthenocarpic fruiting behavior in kakrol (Momordica dioica Roxb.)
Manik, M. N. I., M. G. Rasul, M. M. Rahman, Y. Ozaki and H. Okubo
J. Fac. Agr., Kyushu Univ.   45(2) 459-463   2001年
Rapid generation scheme in asparagus (Asparagus officinalis L.) breeding: Flowering response and pollen germination in the second cycle flower induction with carbamate treatment
Ozaki, Y., T. Tashiro and H. Okubo
J. Fac. Agr., Kyushu Univ.   45(1) 21-27   2000年
Use of allozyme variation for evaluating genetic purity in asparagus (Asparagus officinalis L.) cultivars
Ozaki, Y., T. Tashiro and H. Okubo
J. Hort. Sci. & Biotech.   75(1) 105-110   2000年
Genetic diversity in Indonesian shallot (Allium cepa var. ascalonicum) and Allium x wakegi revealed by RAPD markers and origin of A. x wakegi identified by RFLP analyses of amplified chloroplast genes
Arifin, N. S., Y. Ozaki and H. Okubo
Euphytica   111(1) 23-31   2000年
The use of RAPD markers in lablab bean (Lablab purpureus (L.) Sweet) phylogeny
Sultana, N., Y. Ozaki and H. Okubo
Bull. Inst. Trop. Agr., Kyushu Univ.   23 45-51   2000年
Carbamate-induced flowering in asparagus(Asparagus officinalis L.)seedlings : optimization of treatment and cultiuar variation in flowering response and pollen germination
Ozaki, Y., T. Kurahashi, T. Tashiro and H. Okubo
Euphytica   110(2) 77-83   1999年
Variation of pollen viability and storability in asparagus (Asparagus officinalis L.) cultivars
Ozaki, Y., T. Tashiro, T. Kurahashi and H. Okubo
J. Fac. Agr., Kyushu Univ.   44(1・2) 1-8   1999年
Morphological characteristics and cytotoxic screening test of Codonopsis lanceolata in Korea
Kim, H. H., Y. Ozaki, S. R. Lee and H. Heu
Korean J. Plant. Res.   11(2) 168-172   1998年
春どり栽培用ワケギ‘寒知らず’の軒下吊り下げ貯蔵における遮光が鱗球の種球品質に及ぼす影響
川口岳芳・房尾一宏・尾崎行生
園芸学研究   xx(x) xxx-xxx   [査読有り]

Misc

 
複色花ツバキ品種におけるアントシアニン生合成
水ノ江雄輝, 徳永 由紀, 竹下 稔, 尾崎 行生
椿(日本ツバキ協会)   61-66   2016年1月
西洋ツバキ品種の成立に関与した久留米ツバキ.
水ノ江雄輝, 尾崎 行生
椿(日本ツバキ協会)   118-122   2015年1月
世界のアスパラガス生産の現状と展望[追加その3]. 第13回国際アスパラガスシンポジウムの最新情報.
尾崎 行生, 元木悟, 頼富亮典, 菅野明, 園田高広, 前田智雄, 甲村浩之, 山口貴之, 松永邦則, 井上勝広, 鈴木卓, 荒木肇
農業及び園芸   89(5) 589-594   2014年5月
世界のアスパラガス生産の現状と展望[追加その1]. 世界最大のアスパラガス生産国,中国の最新情報.ー第13回アスパラガスシンポジウムの現地視察から-.
元木悟, 尾崎 行生, 二階堂華那, 甲村浩之, 松永邦則, 山口貴之, 園田高広, 前田智雄, 鈴木卓, 菅野明, 井上勝広, 荒木肇
農業及び園芸   89(3) 383-398   2014年3月
世界のアスパラガス生産の現状と展望[22](終) 22. 世界と日本におけるアスパラガス生産の現状と課題,今後の方向性.
元木悟, 前田智雄, 甲村浩之, 山口貴之, 浦上敦子, 井上勝広, 佐藤達雄, 尾崎 行生, 園田高広, 北澤裕明, 皆川裕一
農業及び園芸   88(10) 1019-1026   2013年10月
世界のアスパラガス生産の現状と展望[20] 20. 栄養価,機能性成分,収穫後の品質特性および新たな食材としての可能性.
北澤裕明, 元木悟, 前田智雄, 松永邦則, 甲村浩之, 尾崎 行生, 佐藤達雄, 浦上敦子, 山本(前田)万里
農業及び園芸   88(8) 852-863   2013年8月
世界のアスパラガス生産の現状と展望[15] 15. 世界及び国内各地で問題となる茎枯病対策~発生生態とタイおよび国内産地の対策事例.
園田高広, 元木悟, 甲村浩之, 尾崎 行生, 滝澤民雄, 山口貴之
農業及び園芸   88(3) 341-349   2013年3月
世界のアスパラガス生産の現状と展望[14] 14. 単収世界一を誇る国内暖地のアスパラガス生産と地球温暖化への対応.
井上勝広, 元木悟, 尾崎 行生, 園田高広, 重松武, 渡辺慎一, 小川恭弘, 甲村浩之, 池内隆夫
農業及び園芸   88(2) 252-268   2013年2月
世界のアスパラガス生産の現状と展望[13] 13. アスパラガスの国内生産および輸入,消費の動向.
井上勝広, 元木悟, 前田智雄, 尾崎 行生, 渡辺慎一, 園田高広, 浦上敦子, 佐藤達雄, 山口貴之, 甲村浩之, 重松武, 小川恭弘, 北澤裕明, 池内隆夫, 松永邦則
農業及び園芸   88(1) 4-13   2013年1月
‘玉之浦’に学ぶ.
尾崎行生
椿(日本椿協会)   31-35   2013年1月
世界のアスパラガス生産の現状と展望[12] 12. 国際競争に対応すべき日本のアスパラガス生産の戦略と方向性.
元木悟・北澤裕明・浦上敦子・前田智雄・山口貴之・渡辺慎一・松永邦則・甲村浩之・尾崎行生・佐藤達雄・園田高広・荒木肇
農業及び園芸   87(6) 635-641   2012年6月
世界のアスパラガス生産の現状と展望[11] 11. 遺伝資源としてのアスパラガス,ポーランドの取り組みと世界各国で行われた国際品種比較試験.
浦上敦子・元木悟・佐藤達雄・荒木肇・前田智雄・尾崎行生・山口貴之・松永邦則・園田高広.
農業及び園芸   87(5) 536-544   2012年5月
世界のアスパラガス生産の現状と展望[9] 9. 古参産地「台湾」の盛衰と新興産地「韓国」の戦略,東アジアのアスパラガス生産.
元木悟・浦上敦子・松永邦則・園田高広・山口貴之・荒木肇・甲村浩之・前田智雄・佐藤達雄・尾崎行生.
農業及び園芸   87(3) 327-345   2012年3月
世界のアスパラガス生産の現状と展望[8] 8. 世界第1位のアスパラガス生産国,中国のゆくえ.
尾崎行生・元木悟・柴田雅人・竹内陽子・園田高広・荒木肇・山口貴之・松永邦則・前田智雄・佐藤達雄・浦上敦子・井上勝広.
農業及び園芸   87(2) 262-269   2012年2月
世界のアスパラガス生産の現状と展望[7] 7. 米国との自由貿易協定で拡大したメキシコのアスパラガス生産.
甲村浩之・元木悟・浦上敦子・尾崎行生・佐藤達雄・松永邦則・荒木肇・山口貴之・前田智雄・園田高広.
農業及び園芸   87(1) 102-110   2012年1月
'玉之浦’研究の最前線.
尾崎行生
カメリア(NPO五島の椿と自然を守る会発行.)   39 4-5   2011年12月
もっと知りたい!『れんこんのあな』 土にもぐって育つレンコン.
尾崎行生
月刊かがくのとも12「れんこんのあな」小冊子(福音館書店)   (153) 2-3   2011年12月
世界のアスパラガス生産の現状と展望[4] 4. ペルーとの国際競争を終えて,南アメリカのアスパラガス生産
元木悟・尾崎行生・竹内陽子・山口貴之・渡辺慎一・松永邦則・前田智雄・荒木肇・佐藤達雄・浦上敦子
農業及び園芸   86(10) 1044-1056   2011年10月
世界のアスパラガス生産の現状と展望[3] 3. 急速に拡大するペルーのアスパラガス生産
元木悟・渡辺慎一・山口貴之・松永邦則・前田智雄・尾崎行生・竹内陽子・荒木肇・地子立・井上勝広・佐藤達雄・浦上敦子
農業及び園芸   86(9) 961-972   2011年9月
世界のアスパラガス生産の現状と展望[2] 2. ホワイトアスパラガス生産の先進国,オランダにおけるアスパラガス生産
前田智雄・元木悟・井上勝広・園田高広・松永邦則・尾崎行生・佐藤達雄・甲村浩之・荒木肇・浦上敦子・山口貴之
農業及び園芸   86(8) 874-878   2011年8月
世界のアスパラガス生産の現状と展望[1] 1. 世界及び日本のアスパラガス生産の動向
元木悟・前田智雄・井上勝広・山口貴之・渡辺慎一・松永邦則・尾崎行生・浦上敦子・甲村浩之・佐藤達雄・荒木肇・北澤裕明
農業及び園芸   86(7) 775-783   2011年7月
食用ハス(レンコン)の根茎肥大に関する研究 ーClassical approach using only a rulerー
増田順一郎・尾崎行生・大久保敬
農業及び園芸   84(3) 334-340   2009年
西南暖地のアスパラガスに寄生するアザミウマ類の発生消長とハウス栽培における近紫外線除去フィルムの実用性
井上勝広・小川恭弘・尾崎行生
農業および園芸   83(9) 976-996   2008年9月
ヤブツバキ枝変わり覆輪品種‘玉之浦’の起源を求めて
立石信峰・尾崎行生・大久保敬
椿   47 36-42   2008年
アスパラガスの生理生態と栽培技術」 遺伝・育種と品種
尾崎行生
農耕と園芸   63(3) 48-51   2008年
‘玉之浦’から見えてくるヤブツバキ(1)
尾崎行生
カメリア(NPO五島の椿と自然を守る会発行.)   22 3-3   2007年5月
レンコン新品種「さが白祥」の育成
江頭淳二・甲斐田健史・山口史子・尾崎 行生・森 欣也
佐賀農セ研報   34 29-40   2007年3月
‘玉之浦’はヤブツバキの突然変異か?
尾崎 行生
カメリア(NPO五島の椿と自然を守る会発行.)   21 3-3   2007年2月
紫色アスパラガス若茎の着色に及ぼす紫外線とエセフォンの影響
坂口祐美・尾崎行生・嶺善晴・久保廣安・山崎敦子・伴千代子・大久保敬
九州大学農学部農場研究報告   12 42-47   2005年
ジベレリンおよび低温処理がセルリーの種子発芽に及ぼす影響
久保廣安・山崎敦子・伴千代子・尾崎行生・名田陽一
九州大学農学部農場研究報告   12 26-29   2005年
ネットメロンの養液栽培における育苗・整枝法の検討
山崎敦子・久保廣安・伴千代子・尾崎行生・名田陽一
九州大学農学部農場研究報告   12 21-25   2005年
養液栽培を利用したネットメロンの高品質生産
山崎敦子・久保廣安・伴千代子・松石貴裕・竹下繁・尾崎行生・名田陽一
九州大学農学部農場研究報告   12 16-20   2005年
食用ハス(レンコン)新品種候補「白系2号」(仮称)の特性
江頭淳二・甲斐田健史・森欣也・山口史子・尾崎行生
九州農業研究   66 221-221   2004年1月
新規干拓地における土壌の実態調査とタマネギ等の生育,
江頭淳二・松尾良満・富岡史子・尾崎行生
九州農業研究   57 196-196   1995年1月
タマネギのトンネル栽培に関する研究 第2報 トンネルの被覆時期と被覆資材
松尾良満・江頭淳二・富岡史子・尾崎行生
九州農業研究   57 194   1995年1月
タマネギのトンネル栽培に関する研究 第1報 品種の選定と栽培中の温度,
富岡史子・松尾良満・江頭淳二・森欣也・尾崎行生
九州農業研究   57    1995年1月
石灰施用が重粘土水田産タマネギの貯蔵性に及ぼす影響
森欣也・矢野綱之・津末京子・尾崎行生
九州農業研究   55 56-56   1993年1月
早出しレンコンにおけ施肥量と肥大茎形成との関係
尾崎行生・森欣也・松尾要
九州農業研究   54 213-213   1992年1月
中国より導入されたレンコンの早出し品種特性
尾崎行生・森欣也・松尾要
九州農業研究   54 213-213   1992年1月
イチゴのウイルス病とウイルスフリー株の圃場での栽培管理
尾崎行生
佐賀の野菜   107 16-18   1990年

書籍等出版物

 
世界と日本のアスパラガスー国際化時代の日本のアスパラガス栽培ー
元木 悟, 山口貴之, 前田 智雄, 尾崎 行生, 浦上 敦子, ほか22名 (担当:共著)
2016年3月   
最新農業技術 野菜 vol. 6 「生理・生態の最新研究 レンコン」
尾崎行生・沢田英司 (担当:共著)
農文協   2013年11月   
農学基礎シリーズ 園芸学の基礎
鈴木(編著)・近藤・増田・尾崎・志村・竹能・鈴木・実山・渡部・小池・増田・伴戸・荒木・山岸・前田 (担当:共著)
2012年9月   
野菜の栽培技術シリーズ 高品質多収を実現するアスパラガスの生理生態と生産事例
浦上・園田・佐藤・地子・元木・井上・小泉・前田・甲村・尾崎・荒木・石橋・酒井・仁井・白井・松永・中西・田村 (担当:共著)
誠文堂新光社   2010年9月   
そだててあそぼう73「レンコンの絵本」
尾崎行生 編・ささめやゆき 絵
農文協   2008年4月   ISBN:978-4-540-07116-4 C8

講演・口頭発表等

 
Selection of co-dominant SSR markers applicable in interspecific crossing between Asparagus officinalis and A. kiusianus.
Nakatate, C., E. Kakizoe, S. Yamamoto, M. Iwato, T. Matsuishi, K. Tomiyoshi and Y. Ozaki
AFELiSA-The Intl. Joint Symp. Between Japan and Korea   2016年11月10日   
Comparative analysis of de novo transcriptome profiling of Asparagus officinalis ad A. kiusianus during the early phase of Phomopsis asparagi infection
アブデルラーマン モスタファ・鈴木直之・池内隆夫・森 充隆・村上恭子・尾崎行生・松元 賢・浦上敦子・菅野 明
平成28年度園芸学会秋季大会   2016年9月10日   
SSRマーカーを用いたブドウ‘BKシードレス’の品種識別
酒井かおり・橋本知佳・水ノ江雄輝・尾崎行生・深見克哉・梶原康平・瀬戸苑子・若菜章
平成28年度園芸学会秋季大会   2016年9月   
萼弁化型八重咲きシクラメン品種におけるA, Bクラス遺伝子およびアントシアニン生合成酵素遺伝子群の発現解析
水ノ江雄輝・徳永由紀・久保田涉誠・菅野明・尾崎行生
平成28年度園芸学会秋季大会   2016年9月   
初夏どり栽培用ワケギ鱗茎の低温貯蔵および予措が鱗茎品質と定植後の生育に及ぼす影響
川口岳芳・古田貴音・尾崎行生
平成28年度園芸学会秋季大会   2016年9月   
アスパラガスを立ち姿勢で収穫できる電動式長柄収穫ハサミの改良とその作業性改善効果
坂本隆行・越智資泰・菊池 豊・小林 恭・田中 亨・尾崎行生
平成28年度園芸学会秋季大会   2016年9月   
Photoperiodic response of lotus rhizome morphogenesis was determined quantitatively
Tomiyoshi, K., T. Matsuishi, J. Masuda and Y. Ozaki
XII International Symposium on Flower Bulbs and Herbaceous Perennials   2016年6月28日   
Anatomical study on leaf variagations in Cyclamen persicum
Zou, C., Y. Mizunoe and Y. Ozaki
XII International Symposium on Flower Bulbs and Herbaceous Perennials   2016年6月28日   
Floral characteristics grown under constant and alternating temperatures in double flowered cyclamen
Mizunoe, Y. and Y. Ozaki
XII International Symposium on Flower Bulbs and Herbaceous Perennials   2016年6月28日   
ABA阻害剤処理によるアスパラガス近縁種ハマタマボウキの種子発芽促進
中楯知沙・浦上敦子・菅野 明・池内隆夫・増田順一郎・柿添絵美香・松元 賢・松石貴裕・冨吉啓太・尾崎行生
平成28年度園芸学会春季大会   2016年3月   
レタス(Lactuca sativa L.)プロトプラストへのイオンビーム照射によって出現した低ポリフェノールオキシダーゼ活性を示す突然変異体
澤田倫平・平野智也・飯牟禮和彦・阿部知子・尾崎行生
平成28年度園芸学会春季大会   2016年3月   
アスパラガスとハマタマボウキとの種間交雑後代における生育特性
池内隆夫・尾崎行生・松元 賢・菅野 明・浦上敦子
平成28年度園芸学会春季大会   2016年   
八重咲きシクラメンの花色と花色素
徳永由紀・月井美郷・水ノ江雄輝・尾崎行生
植物色素研究会第27回集会   2015年11月28日   
Variation of seed dormancy in Asparagus officinalis, A. kiusianus and their F1 hybrids
Nakatate, C., E. Kakizoe, T. Matsuishi, K. Tomiyoshi, T. Ikeuchi and Y. Ozaki
AFELiSA-The Intl. Joint Symp. Between Japan and Korea   2015年11月4日   
フジの花粉発芽に適した人工培地の組成,培養条件および花粉貯蔵法.
尾崎 行生
平成27年度園芸学会秋季大会   2015年9月27日   
複色花ツバキ品種の斑入りおよび絞り花弁におけるアントシアニン生合成酵素遺伝子の発現解析
徳永由紀・水ノ江雄輝・竹下 稔・尾崎行生
平成27年度園芸学会秋季大会   2015年9月27日   
アスパラガス全期立茎栽培における通路幅が長柄収穫ハサミを利用した収穫の作業性に及ぼす影響
坂本隆行・越智資泰・菊池 豊・小林 恭・田中 亨・尾崎行生
平成27年度園芸学会中四国支部大会   2015年9月   
シクラメンF1世代における変わり葉形質の遺伝性
水ノ江雄輝・西村天志・尾泻隼平・尾崎行生
平成27年度園芸学会九州支部大会   2015年8月27日   
アスパラガス近縁種ハマタマボウキの種子発芽促進.
中楯知沙・頼富亮典・松石貴裕・冨吉啓太・池内隆夫・尾崎行生
平成27年度園芸学会春季大会   2015年3月   
ハマタマボウキに認められる茎枯病抵抗性について.
頼富亮典・中楯知沙・松元 賢・園田高広・松石貴裕・冨吉啓太・尾崎行生
平成27年度園芸学会春季大会   2015年3月   
萼弁化型八重咲きシクラメンにおける萼由来花弁の色素分布と色素構成.
徳永由紀・水ノ江雄輝・宮島郁夫・尾崎行生.
平成27年度園芸学会春季大会   2015年3月   
萼弁化型八重咲きシクラメンにおける萼由来花弁の発達と着色に及ぼす生育温度の影響
水ノ江雄輝・川野聡子・尾崎行生
平成27年度園芸学会春季大会   2015年3月   
Petaloidy of stamens depends on nutritional condition in double flowered cyclamen.
Mizunoe, Y. and Y. Ozaki.
International Horticultural Congress.   2014年9月   
Flower coloration and anthocyanin constitution in double flowered cyclamen.
Tokunaga, Y., Y. Mizunoe, I. Miyajima and Y. Ozaki.
日中韓大学院生合同フォーラム.   2014年9月   
アスパラガス全期立茎栽培における側枝誘引法の検討と長柄収穫ハサミ利用による作業性改善効果
坂本隆行・越智資泰・菊池 豊・小林 恭・田中 亨・尾崎行生
平成26年度園芸学会秋季大会   2014年9月   
西洋ツバキの成立に関与した久留米ツバキの解明
水ノ江雄輝・尾崎行生
平成26年度園芸学会秋季大会   2014年9月   
花芽発達期の低温処理がヤブツバキ‘玉之浦’の白覆輪形成に及ぼす影響.
尾崎行生・荒木香奈
平成26年度園芸学会秋季大会   2014年9月   
ジベレリンおよびウニコナゾール処理が八重咲きシクラメンの雄蕊花弁化に及ぼす影響
水ノ江雄輝・尾崎行生
平成26年度園芸学会春季大会   2014年3月   
Pigment constitution of normal and stamen-originated petals in double flowered cyclamen.
Tsukii, M., Y. Mizunoe, T. Kage, I. Miyajima and Y. Ozaki.
International Symposium on Agricultural, Food, Environmental and Life Sciences in Asia, 2013 (AFELiSA 2013)   2013年11月   
Effect of exogenous phytohormones on floral organizational structure in cyclamen.
Mizunoe, Y., M. Tsukii and Y. Ozaki.
International Symposium on Agricultural, Food, Environmental and Life Sciences in Asia, 2013 (AFELiSA 2013)   2013年11月   
Techniques for suppression of temperature rise in the rain protected asparagus cultivation during summer.
Inoue, K., M. Kobayashi, Y. Ozaki and S. Watanabe.
XIII Intl. Asparagus Symp.   2013年10月   
Production of stem blight resistant asparagus hybrids through interspecific hybridization.
Yoritomi, R., M. Iwato, A. Kanno, M. Matsumoto and Y. Ozaki.
XIIIth Intl. Asparagus Symp.   2013年10月   
Origin of polyembryonic seeds and production of haploids in asparagus.
Ozaki, Y., Y. Takeuchi, M. Kosaza, K. Tomiyoshi, T. Matsuishi and H. Okubo.
XIIIth Intl. Asparagus Symp.   2013年10月   
縦縞および縦絞り複色花シクラメンの花弁と雄蕊におけるアントシアニン構成
月井美郷・水ノ江雄輝・鹿毛哲郎・宮島郁夫・尾崎行生
平成25年度園芸学会秋季大会   2013年9月   
花芽発達期の生育温度がヤブツバキ‘玉之浦’の白覆輪形成に及ぼす影響
荒木香奈・尾崎行生
平成25年度園芸学会秋季大会   2013年9月   
生育温度が八重咲きシクラメンの雄蕊花弁化に及ぼす影響.
水ノ江雄輝・月井美郷・鹿毛哲郎・尾崎行生・大久保敬.
平成25年度園芸学会秋季大会   2013年9月   
受粉の有無が八重咲きシクラメンの花持ち性に及ぼす影響
西村天志・水ノ江雄輝・尾崎行生
平成25年度園芸学会秋季大会   2013年9月   
アスパラガス,ハマタマボウキ及びそれらの雑種個体に含まれるプロトディオシン.
尾崎行生・岩戸美由紀・前田智雄・松元賢・大久保敬
平成25年度園芸学会秋季大会   2013年9月   
テッポウユリとタカサゴユリにおけるABA関連遺伝子の発現と球根休眠との関係.
モジタヘディ ナルジェス・増田順一郎・比良松道一・尾崎行生・大久保敬
平成25年度園芸学会春季大会   2013年3月   
八重咲きシクラメンにおける通常花弁と雄蕊由来花弁との色素構成の比較.
月井美郷・水ノ江雄輝・鹿毛哲郎・宮島郁夫・尾崎行生・大久保敬
平成25年度園芸学会春季大会   2013年3月   
雄蕊花弁化シクラメンにおけるCクラス遺伝子の発現解析.
水ノ江雄輝・久保田渉誠・菅野明・鹿毛哲郎・尾崎行生・大久保敬
平成25年度園芸学会春季大会   2013年3月   
短日処理部位の違いが食用ハス(レンコン)の根茎肥大に及ぼす影響.
冨吉啓太・松石貴裕・増田順一郎・尾崎行生
園芸学会九州支部第52回大会研究発表   2012年9月   
アスパラガス(Asparagus officinalis)×ハマタマボウキ(A. kiusianus)種間雑種の茎枯病抵抗性
岩戸美由紀・松元賢・小佐々雅子・竹内陽子・稲田稔・尾崎行生・大久保敬
平成24年度園芸学会秋季大会   2012年9月   
シクラメン八重咲き系統における花器形態変異.
水ノ江雄輝・月井美郷・鹿毛哲郎・尾崎行生・大久保敬.
平成24年度園芸学会秋季大会   2012年9月   
ヤブツバキ‘玉之浦’花弁にみられる覆輪幅の時期別変異
尾崎行生・岩川レイ・高村麻理奈・比留木忠治・大久保敬
平成24年度園芸学会春季大会   2012年3月   
RAPD分析によるアスパラガス多胚種子の遺伝的同一性
小佐々雅子・竹内陽子・岩戸美由紀・尾崎行生・大久保敬
平成24年度園芸学会春季大会   2012年3月   
アスパラガス(Asparagus officinalis)×ハマタマボウキ(A. kiusianus)種間雑種後代においてみられたSSRマーカーの非メンデル遺伝.
岩戸美由紀・小佐々雅子・竹内陽子・尾崎行生・大久保敬
平成24年度園芸学会春季大会   2012年3月   
ヤブツバキ‘玉之浦’花弁における覆輪形成. [招待有り]
尾崎行生
平成23年度植物色素研究会   2011年11月19日   
ハマタマボウキ(Asparagus kiusianus Makino)の茎枯病抵抗性とアスパラガス(A. officinalis L.)との雑種作出.
岩戸美由紀・松元賢・小佐々雅子・竹内陽子・稲田稔・尾崎行生・大久保敬.
平成23年度園芸学会秋季大会   2011年   
SSRマーカーを利用したアスパラガス多胚種子の起源解析
竹内陽子・小佐々雅子・尾崎行生・大久保敬
平成23年度園芸学会春季大会   2011年   
アスパラガスにおける多胚種子の起源.
小佐々雅子・竹内陽子・尾崎行生・大久保敬
平成22年度園芸学会秋季大会   2010年9月   
Inheritance of female flower homeotic mutation in asparagus (Asparagus officinalis L.).
Takeuchi, Y., Y. Ozaki, H. Okubo and K. Masuda
28th International Horticultural Congress   2010年8月   
How is the white marginal picotee in the petals of ‘Tamanoura’ expressed?
Tateishi, N., Y. Ozaki and H. Okubo
2010 International Camellia Congress.   2010年3月24日   
Chloroplast DNA variation in Camellia japonica and C. sasanqua in Japan.
Hayashi, K., N. Tateishi, Y. Ozaki and H. Okubo
2010 International Camellia Congress.   2010年3月24日   
ツバキ・サザンカの進化.
尾崎行生
全国ツバキサミット久留米大会   2010年3月   
Genotyping of asparagus (Asparagus officinalis L.) cultivars with SSR markers.
Takeuchi, Y., Y. Ozaki and H. Okubo
XIIth Intl. Asparagus Symp.   2009年10月31日   
ヤブツバキ‘玉之浦’花弁における白覆輪形成
立石信峰・尾崎行生・大久保敬
平成21年度園芸学会秋季大会   2009年9月   
サザンカ種内における葉緑体DNA変異
林久美子・立石信峰・尾崎行生・宮島郁夫・松田鹿徳・大久保敬
平成21年度園芸学会秋季大会   2009年9月   
White marginal picotee formation in the petals of the world-famous Camellia japonica ‘Tamanoura’.
Tateishi, N., Y. Ozaki and H. Okubo
The 5th International Workshop on Anthocyanins, 2009 in Japan “Expanding World of Anthocyanins”   2009年9月   
SSRマーカーによるアスパラガス品種のジェノタイピング
竹内陽子・坂口祐美・増田順一郎・尾崎行生・大久保敬
平成21年度園芸学会秋季大会   2009年9月   
ジャカランダの接ぎ木株の花芽分化に及ぼす低温処理の影響
竹村智佳・宮島郁夫・尾崎行生・大久保敬・G. Facciuto・小林伸雄
平成20年度園芸学会秋季大会   2008年   
異なる短日処理開始時期が食用ハスの根茎肥大に及ぼす影響
増田順一郎・尾崎行生・宮島郁夫・大久保敬
平成20年度園芸学会秋季大会   2008年   
ツバキ属植物における新規葉緑体DNAマーカーの開発
林久美子・立石信峰・尾崎行生・宮島郁夫・松田鹿徳・大久保敬
平成20年度園芸学会秋季大会   2008年   
ヤブツバキの葉緑体DNA変異とその地理的分布について
立石信峰・林久美子・尾崎行生・宮島郁夫・大久保敬
平成20年度園芸学会秋季大会   2008年   
アスパラガスの半促成長期どり栽培における盛夏期の昇温抑制処理がハウス内気温と若茎の階級別収量に及ぼす影響
井上勝広・土井謙児・尾崎行生
平成20年度園芸学会秋季大会   2008年   
Chloroplast DNA variation in the genus Camellia in Japan
Tateishi, N., Y. Ozaki and H. Okubo
Ist International Symposium on Woody Ornamentals of the Temperate Zone   2008年   
Possibility of phytochrome-dependent abscisic acid regulation in rhizome transition to storage organ in lotus (Nelumbo nucifera)
Masuda, J., Y. Ozaki and H. Okubo
Xth International Symposium of Flower Bulbs   2008年   
'Tama-no-ura' -- a spontaneous picotee ?
Tateishi, N., Y. Ozaki and H. Okubo
International Camellia Society Congress Cornwall 2008   2008年   
熱帯性ジャカランダの花粉貯蔵法
宮島郁夫・竹村智佳・尾崎行生・大久保敬・Gabriela Facciuto・小林伸雄
平成20年度園芸学会春季大会   2008年   
我が国のツバキ属植物における葉緑体DNA変異. ーatpI-atpH領域のシークエンス解析ー
立石信峰・林久美子・尾崎行生・宮島郁夫・松田鹿徳・大久保敬
平成19年度園芸学会秋季大会   2007年   
熱帯性花木ジャカランダの花芽分化期について
宮島郁夫・竹村智佳・尾崎行生・大久保敬・Diego Mata・小林伸雄
平成19年度園芸学会秋季大会   2007年   
近紫外線除去フィルムの利用がアザミウマ類のハウス内密度とアスパラガスの生育に及ぼす影響
井上勝弘・小川恭弘・尾崎行生
平成19年度園芸学会秋季大会   2007年   
ウリ科野菜カックロールは脂質吸収阻害作用を介して脂質代謝に影響する
永田和子・上田孝俊・白武佐和子・友寄博子・佐藤匡夫・尾崎行生・大久保敬・今泉勝己
第61回日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会   2007年   
ウリ科野菜カックロールの脂質代謝改善作用
上田孝俊・永田和子・松岡博美・佐藤匡夫・尾崎行生・大久保敬・今泉勝己
第62回日本栄養・食糧学会大会   2007年   
アスパラガスに含まれるアントシアニンの定性
坂口祐美・尾崎行生・宮島郁夫・鈴木卓・山口雅篤・大久保敬
平成19年度園芸学会春季大会   2007年   
我が国のツバキ属植物における葉緑体DNA変異について
立石信峰・若槻あや・尾崎行生・宮島郁夫・松田鹿徳・大久保敬
平成19年度園芸学会春季大会   2007年   
アスパラガスの半促成長期どり栽培において地上茎の誘引と2次分枝の除去期間が階級別収量に及ぼす影響
井上勝弘・重松武・尾崎行生
平成19年度園芸学会春季大会   2007年   
Introduction and breeding of a functional vegetable for medical use
Okubo, H., Y. Ozaki, Y. Cho, K. Kamanoi and Md G. Rasul
2006 International Symposium for Pharmaceutical Sciences in Beijing   2006年   
簡便な倍加処理法による四倍体常緑性ツツジの作出
森元顕一・酒井かおり・尾崎行生・大久保敬
平成18年度園芸学会九州支部大会   2006年   
食用ハスの肥大茎形成へのフィトクロムの関与
増田順一郎・濱古賀道男・尾崎行生・大久保敬
平成18年度園芸学会春季大会   2006年   
ヤブツバキにおける葉緑体DNA変異と‘玉之浦’の成立について
立石信峰・大石盛伝・尾崎行生・宮島郁夫・松田鹿徳・大久保敬
平成17年度園芸学会秋季大会   2005年   
Anthocyanin variation in Asparagus species and analysis of its inheritance
Sakaguchi, Y., Y. Ozaki, Y. Mine and H. Okubo
XIth International Asparagus Symposium   2005年   
アブシジン酸(ABA)処理が食用ハスの肥大茎形成に及ぼす影響
増田順一郎・尾崎行生・大久保敬
平成17年度園芸学会春季大会   2005年   
ワビスケ品種群における葉緑体DNAのPCR-SSCP分析と倍数性変異
大石盛伝・尾崎行生・酒井かおり・松田鹿徳・大久保敬
平成17年度園芸学会春季大会   2005年   
カックロール(Momordica dioica Roxb.)における果実内ビタミンC含量と花粉発芽のための人工培地の検討
長泰弘・法村奈保子・尾崎行生・大久保敬・松田鹿徳
平成17年度園芸学会春季大会   2005年   
‘玉之浦’の成立に関する一考察
尾崎行生
第15回全国ツバキサミット五島大会   2005年   
アスパラガス属におけるアントシアニン色素変異とその遺伝性
坂口祐美・尾崎行生・嶺善晴・大久保敬
平成16年度園芸学会秋季大会   2004年   
異なる光質の光中断処理が食用ハスの肥大茎形成に及ぼす影響
増田順一郎・尾崎行生・大久保敬
平成16年度園芸学会秋季大会   2004年   
カックロール(Momordica dioica Roxb.)の倍数性育種に関する研究 ー倍加個体と対照個体との交配によって得られた後代の特性
長泰弘・尾崎行生・大久保敬
平成16年度園芸学会春季大会   2004年   
常緑性ツツジx落葉性黄色花ツツジの緑色実生獲得における四倍体利用の有用性
酒井かおり・尾崎行生・嬉野健次・赤羽勝・大久保敬
平成16年度園芸学会春季大会   2004年   
Genetic differentiation in triploid Lilium lancifolium by sexual reproduction with diploid L. leichtlinii var.maximowiczii as a pollen donor
Ozaki, R., M. Hiramatsu, Y. Ozaki, H. Okubo and T. Haji
IXth International Symposium on Flower Bulbs   2004年   
Gibberellin regulates rhizome enlargement in lotus (Nelumbo nucifera Gaertn.)
Masuda, J., T. Urakawa, Y. Ozaki and H. Okubo
IXth International Symposium on Flower Bulbs   2004年   
Photoperiod controls rhizome enlargement in lotus (Nelumbo nucifera Gaertn.)
Masuda, J., T. Urakawa, Y. Ozaki and H. Okubo
IXth International Symposium on Flower Bulbs   2004年   
Genetic differentiation in triploid Lilium lancifolium as promoted by interspecific hybridization with diploid species, L. leichtlinii var. maximowiczii
Ozaki, R., M. Hiramatsu, Y. Ozaki, H. Okubo and T.Haji
International Symposium - Diversity of Reproductive Systems in Plants: Ecology, Evolution and Conservation   2003年   
アスパラガス品種におけるアントシアニン色素変異ならびに環境要因と着色との関係
坂口祐美・尾崎行生・嶺善晴・大久保敬・松田鹿徳
平成15年度園芸学会秋季大会   2003年   
カックロール(Momordica dioica Roxb.)の倍数性育種に関する研究
長泰弘・尾崎行生・大久保敬・松田鹿徳
平成15年度園芸学会秋季大会   2003年   
ジベレリン処理が食用ハスの肥大茎形成に及ぼす影響
増田順一郎・尾崎行生・松田鹿徳・大久保敬
平成15年度園芸学会秋季大会   2003年   
日長と光中断処理が食用ハスの肥大茎形成に及ぼす影響
増田順一郎・尾崎行生・松田鹿徳・大久保敬
平成15年度園芸学会秋季大会   2003年   
サツキにおける種々の倍数体間の交雑親和性
酒井かおり・尾崎行生・大久保敬
平成15年度園芸学会秋季大会   2003年   
食用ハス(レンコン)新品種候補‘白系2号’(仮称)の特性
江頭淳二・甲斐田健史・森欣也・山口史子・尾崎行生
平成15年度園芸学会九州支部大会   2003年   

競争的資金等の研究課題

 
日本固有種で実現させる世界初のアスパラガス茎枯病抵抗性系統育成とマーカー開発
農林水産省: 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 【発展融合ステージ】 (産学機関結集型Aタイプ)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 浦上 敦子
アスパラガスにおける多胚種子出現メカニズムの解明と遺伝・育種学的活用
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 尾崎 行生
フィトクロムが関与する根茎肥大のメカニズムとその生態的意義の解明
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 尾崎 行生
食用ハス(レンコン)における肥大茎形成制御機構の解明
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2003年4月 - 2006年3月    代表者: 尾崎 行生
異数体作出による変わり葉ヤブツバキ品種の育成
日本学術振興会: 奨励研究(A)
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 尾崎 行生
アスパラガスの雌雄性遺伝子に連鎖したRAPDマーカーの検索
日本学術振興会: 奨励研究(A)
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月    代表者: 尾崎 行生
早期花成誘導とアイソザイム分析によるアスパラガス全雄品種育成の効率化に関する研究
日本学術振興会: 奨励研究(A)
研究期間: 1996年4月 - 1997年3月    代表者: 尾崎 行生

特許

 
ヒスタミン放出抑制剤
(出願番号) PCT/JP2007/056187
脂質代謝改善剤
(出願番号) PCT/JP2007/056226
ハス ‘さが白祥’
第15406号