田中 隆

J-GLOBALへ         更新日: 12/08/02 02:48
 
アバター
研究者氏名
田中 隆
 
タナカ タカシ
URL
http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/natpro/index-j.html
所属
長崎大学
部署
大学院医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻
職名
教授
学位
薬学博士(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1993年
 - 
2002年
 長崎大学薬学部 助教授
 
2002年
 - 
2011年
 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科生命薬科学専攻 准教授
 
1984年
 - 
1993年
 九州大学薬学部 助手
 
1985年
 - 
1987年
 ジョンズホプキンス大学 客員研究員
 
2012年
   
 
 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科生命薬科学専攻 教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年
九州大学 薬学研究科 生薬学
 
 
 - 
1980年
九州大学 理学部 化学
 

委員歴

 
2007年
 - 
2008年
日本生薬学会  日本生薬学会第55回年会運営委員
 
2009年
 - 
2010年
タンニン学会  7th Tannin Conference organising committee
 

受賞

 
2008年
平成19年度宮田記念学術論文賞
 
1997年
日本生薬学会学術奨励賞
 
2006年
XXIII International Conference on Polyphenols, Poster Aword
 

Misc

 
Ling, S.-K.; Tanaka, T.; Kouno, I.
J. Nat. Prod.   65(2) 131-135   2002年
Jiang, Z.-H.; Tanaka, T.; Sakamoto, T.; Kouno, I.; Duan, J.-A.; Zhou, R.-H.
Chem. Pharm. Bull.   50(1) 137-139   2002年
Hayashi, T.; Maruyama, H.; Kasai, R.; Hattori, K.; Takasuga, S.; Hazeki, O.; Yamasaki, K.; Tanaka, T.
Planta Medica   68(2) 173-175   2002年
Zhang, Y.-J.; Tanaka, T.; Betsumiya, Y.; Kusano, R.; Matsuo, A.; Ueda, T.; Kouno, I.
Chem. Pharm. Bull.   50(2) 258-262   2002年
Kinjo, J.; Nagao, T.; Tanaka, T.; Nonaka, G.-i.; Okawa, M.; Nohara, T.; Okabe, H.
Biol. Pharm. Bull.   25(9) 1238-1240   2002年

書籍等出版物

 
Solubilizatioin and Inzolubilization of Tannins
Elsevier   1998年   
Modificatino of the Solubility of Tannins : Biological Significance and Synthesis of Lipid-Soluble Polyphenols
Plant Polyphenols 2 Chemistry, Biology, Pharmacology, Ecology Klumer Academic/Plenum Publishers New York   1999年   
ライフサイエンス系の基礎有機化学
三共出版   2000年   
Production of thaflavins, theasinensins, and related polyphenols during tea fermentation
CRC Press, Taylor & Francic Group   2008年   
Physicochemical Properties and Biomimetic Reactions of Ellagitannins
World Scientific Publishing Co. Pte. Ltd.   2009年   

講演・口頭発表等

 
エピガロカテキン酵素酸化生成物の構造と反応機構の解明
日本薬学会第124年会(大阪)   2004年   
中国産サワフタギ(Symplocos chinensis)葉の成分研究
日本薬学会第124年会(大阪)   2004年   
紅茶のアミノ酸結合ポリフェノールの化学構造と部分合成
日本薬学会第124年会(大阪)   2004年   
Structure and synthesis of polyphenol-amino acid conjugate isolated from black tea
The 22nd International Conference on Polyphenols   2004年   
Epigallocatechin gallate由来の新しいキノン系色素dehydrotheasinensin AQの構造と生成機構
日本生薬学会第51回年会   2004年   

Works

 
柿の脱渋機構の化学的解明
1993年
野崎島におけるシカ忌避植物に関するフィールドワーク
1994年
丹参の腎機能改善作用物質に関する研究
1990年 - 1991年
タンニン酸化的代謝機構の生物有機化学的解析による紅茶色素の構造解明
2000年 - 2002年
キノン縮合及び酸化還元不均化を鍵反応とする酸化型二次ポリフェノール生成機構の解析
2006年 - 2009年

競争的資金等の研究課題

 
植物ポリフェノールの構造と機能に関する化学的研究
研究期間: 1980年   
植物二次代謝産物の構造と機能に関する研究
研究期間: 1993年   

特許

 
柿ポリフェノールオリゴマー
20091531
Oligomeric procyanidin (OPC)-measuring method,
WO2008/038726
中性脂肪低減剤および体脂肪増加抑制剤
2009221158
粘土鉱物系抗微生物材料
2009242337