冨永 伸明

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/17 12:11
 
アバター
研究者氏名
冨永 伸明
 
トミナガ ノブアキ
所属
有明工業高等専門学校
部署
創造工学科(環境生命)
職名
教授
学位
薬学博士

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1990年
長崎大学 薬学研究科 医療薬剤学
 
 
 - 
1985年
長崎大学 薬学部 製薬化学
 

論文

 
Efficacy of Caenorhabditis elegans growth cultured by chemical defined synthetic medium for the function and safety analyses of food ingredients
冨永伸明,山口明美,内田雅也,有薗幸司
Jpn. J. Food Chem. Safety      2016年4月   [査読有り]
Gene expression analyses of vitellogenin, choriogenin, and estrogen receptor subtypes in the livers of male medaka (Oryzias latipes) exposed to equine estrogens
Ishibashi, H., Uchida, M., Koyanagi, A., Kagami, Y., Kusano, T., Nakao, A., Yamamoto, R., Ichikawa, N., Tominaga, N., Ishibashi, Y., Arizono, K
Journal of Applied Toxicology   36(11) 1392-1400   2016年11月   [査読有り]
Effects of surrounding solutions on material incorporation into fertilized medaka eggs by using asymmetric burst pulse system
河野 晋,米田 宗次,山口 明美,福原 義剛 , 冨永 伸明
IEEJ Transactions   135(9) 542-547   2015年9月   [査読有り]
In vivo and in silico analyses of estrogenic potential of bisphenol analogs in medaka (Oryzias latipes) and common carp (Cyprinus carpio)
Yamguchi A, Ishibashi H, Arizono K, Tominaga N
Ecotoxicology and Environmental Safety   120 198-205   2015年   [査読有り]
Endocrine-disrupting potencials of equine estrogens equilin, equilenin, and their metabolites, in the medaka Oryzias latipes: in silico and DNA microarray studies
Masaya Uchida, Hiroshi Ishibashi, Ryoko Yamamoto, Akiko Koyanagi, Teruhiko Kusano, Nobuaki Tominaga, Yasuhiro Ishibashi and Koji Arizonoc
J. Appl. Toxicol.   35(9) 1040-1048   2015年   [査読有り]

Misc

 
パルス電界を用いた物質導入法によるE2のメダカ初期胚への発生影響評価
山口明美・冨永 伸明・河野晋・石橋弘志・飯田みどり・内田雅也・有薗幸司
環境ホルモン学会第19回研究発表会      2016年12月
妊馬由来equilinによるヒメダカ繁殖および次世代影響評価と遺伝子発現解析
石橋弘志・内田雅也・冨永伸明・吉本圭佑・山本涼子・石橋康弘・有薗幸司
環境ホルモン学会第19回研究発表会      2016年12月
高電界パルスにより導入した金属イオンがメダカ卵の発生に及ぼす影響
示野誠也・山口明美・冨永 伸明
日本農芸化学会西日本支部大会      2016年9月
メダカ受精卵への物質導入法によるワーファリンの発生影響評価
山口明美・大河平紀司・有薗幸司・冨永 伸明
第22回日本環境毒性学会研究発表会      2016年9月
金属イオン暴露が及ぼす発生毒性のメダカ受精卵による評価
示野誠也・山口明美・有薗幸司・冨永 伸明
フォーラム2016衛生薬学.環境トキシコロジー      2016年9月

書籍等出版物

 
イラスト医学&サイエンスシリーズ「アポトーシスと医学」(共著)
羊土社   1997年   

特許

 
特許6011873 : 物質導入法及びその装置
河野晋,山口明美,冨永伸明
特願2013-080689 : 線虫用培地およびそれを用いた被検物質の評価方法
冨永 伸明

競争的資金等の研究課題

 
新規高電界パルス物質導入法によるメダカ胚期生態毒性試験の高感度化
学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究B
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 冨永 伸明
定量的高電界パルス物質導入法による排水毒性試験の開発
科学技術振興機構: マッチングプランナープログラム
研究期間: 2016年2月 - 2017年1月    代表者: 冨永 伸明
内分泌かく乱物質の次世代影響とゲノムインプリンティグ
学術振興会: 科学研究費挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 冨永 伸明
食品成分機能性・安全性評価用in vivo スクリーニング法の開発
学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究B
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 冨永 伸明
メダカ卵への新たな物質導入法による化学物質の発生影響評価法
学術振興会: 科学研究補助金挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 冨永 伸明

委員歴

 
2016年6月
 - 
現在
日本環境ホルモン学会  評議員
 
2014年6月
 - 
現在
生物化学的測定研究会  監事
 
2014年
 - 
現在
荒尾市  環境審議会委員
 

社会貢献活動

 
大牟田エコタウンフェア科学実験講師
【講師】  2016年10月

経歴

 
1990-1992 福山大学 助手1992-1993 テキサス大学 ポスドク1993-1997 長崎大学 助手1998-2005 有明工業高専物質工学科助教授 2005-2016 有明工業高専物質工学科教授 2016- 有明工業高専創造工学科教授