近藤 満

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/30 02:53
 
アバター
研究者氏名
近藤 満
 
コンドウ ミツル
eメール
kondo.mitsurushizuoka.ac.jp
URL
http://www.ipc.shizuoka.ac.jp/~scmkond/Kondo_Lab/
所属
静岡大学
部署
グリーン科学技術研究所 - グリーンケミストリー研究部門
職名
教授
学位
博士(理学)(大阪大学), 理学修士(大阪大学)
その他の所属
静岡大学静岡大学

研究分野

 
 

経歴

 
1993年
 - 
1998年
東京都立大学理学部 助手
 
1998年
 - 
2001年
京都大学大学院工学研究科 助手
 
2001年
   
 
- 静岡大学理学部 助教授
 
2007年
   
 
- 静岡大学機器分析センター 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1993年
大阪大学 理学研究科 高分子学
 
 
 - 
1988年
島根大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本化学会  Member
 
 
   
 
アメリカ化学会  Member
 
 
   
 
近畿化学協会  Member
 

受賞

 
2004年3月
矢崎学術賞(奨励賞) (課題名:新規高分子多孔体を用いた気体分子固定と活性化に関する研究)
 
2008年11月
Poster Presentation Second Place Award (課題名:Removals of BF4- and PF6- anions from dilute aqueous solutions by the capturing in the anion-templated self-assembled cages)
 

論文

 
Synthesis, Structure, and Magnetic Properties of One-Dimensional Copper(II) Coordination Polymer, {[Cu(pyrazine-2,3-dicarboxylate)(H2O)2]·2H2O}n
85 1661-1662   1997年2月   [査読有り]
meso-3,3&-Bi*1,2,4-trithiacyclohex-5-enyl
C53 748-749   1997年3月   [査読有り]
Synthesis, Structure and Magnetic Properties of a Two-dimensional Nickel(II) Coordination Polymer, {[Ni(pzdc)(pyz)]·2H2O}n (H2pzdc = pyrazine-2,3-dicarboxylic acid; pyz = pyrazine)
286 115-120   1996年1月   [査読有り]
Crystal Structure of a Tris(dithiolene) Vanadium(IV) Complex Having Unprecedented D3h Symmetry
489-490   1996年5月   [査読有り]
Rational Design of a Novel Intercalation System. Layer-Gap Control of Crystalline Coordination Polymers, {[Cu(CA)(H2O)m](G)}n (m = 2, G = 2,5-Dimethylpyrazine and Phenazine; m = 1, G = 1,2,3,4,6,7,8,9-Octahydrophenazine)
35 4449-4461   1996年7月   [査読有り]

Misc

 
還元型モリド酸化酵素のモデルとして,チオラートが配位したオキソモリブデン(IV)錯体の合成と性質
584    1991年
還元したテトラ-N-メチル-2.3-ピリジノポルフィラジン金属錯体の伝導性
174 161   1990年
KITAGAWA S, KAWATA S, KONDO M, NOZAKA Y, MUNAKATA M
Bull. Chem. Soc. Jpn.   66(11) 3387-3392   1993年
Synthesis and Structures of Infinite Sheet Copper(I) Complex Polymers with 2, 6-Dimethylpyrazine, {〔Cu2(C6H8N2)3〕(C3H6O)2}, and with 2-Chloropyrazi...
モリブド酸化酵素の還元状態におけるモデル錯体としての4価モリブデン錯体〔M・IVO(p・ClC6H4S)42-の合成構造,性質
日本化学会 欧文誌   66 1391   1993年

書籍等出版物

 
Functions Based on Dynamic Structural Changes of Coordination Polymers Supramolecular Chemistry from molecule to nanomaterials Eds. P. A. Gale and J. W. Steed. Section 7: Soft Matter, pp. 3205-3220
Mitsuru Kondo
Wiley   2012年4月   

講演・口頭発表等

 
Synthesis and the Redox Properties of Coordination Networks Constructed by   Cobaltocenium-1, 1'-dicarboxylate"
M. Kondo,Y. Hayakawa,K. Yokoyama,N. Nishina
The 23rd International Conference of Organometallic Chemistry (ICOMC2008)   2008年7月   
過塩素酸イオンを高選択的に除去する金属錯体ポリマー
近藤 満
イノベーション・ジャパン2008   2008年9月   
アミド基を導入したポルフィリン錯体の合成と性質
坂井伸太朗,宮澤誠通,矢入 剛,近藤 満
第58回錯体化学討論会   2008年9月   
温度に応答してチャネルを開閉させる一次元型ニッケル錯体の合成と性質
宮澤誠,高橋英明,志水勇介,近藤 満
第58回錯体化学討論会   2008年9月   
過塩素酸イオンを選択的に捕捉する銅二核錯体の合成と構造
山口真以子,平川 剛,近藤 満
第58回錯体化学討論会   2008年9月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
柔軟な多次元骨格に支えられた動的金属酵素モデルの創製
特定領域研究
研究期間: 2004年4月   
外部刺激に応答して開閉する金属錯体細孔のメカニカルな分子吸着に関する研究
基盤研究(C)
研究期間: 2007年4月   
バナジル錯体をミクロ細孔に組み込んだ高酸化性反応空間の構築
奨励研究(A)
研究期間: 2001年4月   
柔軟な多次元骨格に支えられた酵素様チャンネルを有する金属酵素モデルの合成
特定領域研究
研究期間: 2003年4月   
柔軟な多次元骨格に支えられた動的金属酵素モデルの創製
特定領域研究
研究期間: 2005年4月