難波 利幸

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/25 13:56
 
アバター
研究者氏名
難波 利幸
 
ナンバ トシユキ
URL
http://www.b.s.osakafu-u.ac.jp/~tnamba/nj-index.html
所属
大阪府立大学
部署
大学院理学系研究科 生物科学専攻
職名
名誉教授
学位
工学博士(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1981年
 - 
1994年
 専修大学商学部 講師、助教授、教授
 
1994年
 - 
2005年
 大阪女子大学学芸学部(理学部に改組)教授
 
2005年
   
 
-  大阪府立大学大学院理学系研究科生物科学専攻 教授
 

学歴

 
 
 - 
1980年
大阪大学 基礎工学研究科 生物工学
 
 
 - 
1975年
京都大学 理学部 主として数学及び生物学
 

委員歴

 
2011年10月
 - 
現在
日本学術会議  連携会員
 
2006年8月
 - 
2008年9月
日本学術会議連携会員(2006年8月~2008年9月)
 
2004年8月
 - 
2006年7月
日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員(2004年8月~2006年7月,2007年8月~2009年7月)
 
2001年
 - 
2004年
日本生態学会  英文誌編集委員
 
2005年
   
 
日本数理生物学会  運営委員
 

受賞

 
 
日本生態学会 日本生態学会功労賞
 

Misc

 
Multi-faceted approaches toward unravelling complex ecological
難波 利幸
Population Ecology   57(1) 3-19   2015年1月   [査読有り]
Effects of generalized and specialized adaptive defense by shared prey on intra-guild predation
池川雄亮, 江副日出夫, 難波 利幸
Journal of Theoretical Biology   364 231-241   2015年1月   [査読有り]
Dynamics of predator and modular prey: effects of module consumption on stability of prey–predator system
山内 敦, 難波 利幸
Oikos   123(2) 161-172   2014年2月   [査読有り]
Influence of predator-specific defense adaptation on ingraguild predation
中澤剛史, 三木 健, 難波 利幸
Oikos   119(3) 418-427   2010年3月   [査読有り]
Density-dependent dispersal and spatial distribution of a population
Toshiyuki Namba
Jouranal of Theoretical Biology   86(2) 351-363   1980年

書籍等出版物

 
シリーズ・ニューバイオフィジックス10『数理生態学』(巌佐 庸編) 1-3「季節変動と生物拡散」
共立出版   1997年   ISBN:4-320-05473-3
『群集生態学の現在』(佐藤宏明・山本智子・安田弘法編著) 第5章「種間相互作用と群集動態の理論」
京都大学学術出版会   2001年   ISBN:4-87698-417-4
シリーズ数理生物学要論 巻2『「空間」の数理生物学』(日本数理生物学会編)第2章「パッチ状環境における群集動態モデル」
共立出版   2009年   ISBN:978-4-320-05684-8
シリーズ群集生態学3 『生物間ネットワークを紐とく』(大串隆之・近藤倫生・難波利幸編)第1章「種間相互作用がつなぐ生物群集」終章「生物間ネットワークを紐とく」(難波利幸・大串隆之・近藤倫生著)
京都大学学術出版会   2009年   ISBN:9784876983452

競争的資金等の研究課題

 
生物群集の安定性と多様性に関する数理的研究
科学研究費補助金
研究期間: 1995年