大南 龍昇

J-GLOBALへ         更新日: 10/07/23 00:00
 
アバター
研究者氏名
大南 龍昇
 
オオミナミ リュウショウ
所属
旧所属 大正大学 仏教学部
職名
教授
学位
文学修士

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1969年
大正大学 文学研究科 仏教学
 
 
 - 
1964年
大正大学 仏教学部 仏教学
 

Misc

 
三昧経典の訳出と受容(一)
仏教文化研究   21,16-35    1975年
見仏-その起源と展開-
大正大学研究紀要   63,25-40    1977年
十地経論における行相の構造
宗教研究   56(253) 157-180,251-253   1982年
十地経論における十障の意味
三康文化研究所年報   14,169-197    1982年
チベット訳稲芋経『広疏』・『広釈』和訳(III)
三康文化研究所年報   22,91-125    1989年

書籍等出版物

 
五停心観と五門禅
関口真大編『仏教の実践原理』山喜房仏書林   1977年   
二種の稲芋経註釈書
壬生台舜博士頌寿記念論文集「仏教の歴史と思想   1985年   
般若経における幻(maya)と幻術師(mayakara)
真野龍海博士頌壽記念論文集「般若波羅多思想の研究」   1992年   
仏教思想の諸相(共著)
北樹出版   1993年   
浄土教文化論阿弥陀仏編(共著)
山喜房仏書林   1994年   

Works

 
『仏教美術事典』(中村元・久野健監修)東京書籍執筆項目(閻浮檀金、潅仏会、経軌、華厳経、五味、金剛頂経、金光明経、賽の河原、浄土三部経、世親、大蔵経、大智度論、大般涅槃経、天人五衰、仁王般若経、般若経、仏歯、無著、理趣経)以上19項目
2000年

競争的資金等の研究課題

 
禅観経典の研究