梶井 龍太郎

J-GLOBALへ         更新日: 02/11/18 00:00
 
アバター
研究者氏名
梶井 龍太郎
 
カジイ リュウタロウ
所属
東海大学
部署
教養学部 芸術学科 音楽学課程
職名
教授
学位
修士(芸術学)(東海大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1990年
ベルリンフンボルト大学大学院 哲学研究科 (音楽学)劇場学
 
 
 - 
1986年
東海大学 芸術学研究科 
 
 
 - 
1982年
国立音楽大学 音楽学部 声楽科
 

Misc

 
旧東ドイツ東ドイツの音楽教育の音楽教育を学校教育と専門教育に分けて調査し、論文としてまとめた。
東海大学大学院修士論文      1986年
オペラ「蝶々夫人」の研究(日本人の視点でとらえた)
ベルリンフンボルト大学研究論文      1990年
劇場研究(概要)-音楽劇場を中心に-〔教養学部共同研究活動報告〕
東海大学紀要教養学部1995-No.26東海大学教養学部   333-336   1996年
ドイツでのコンサートの話をエッセイとしてまとめた。
望星5月号 東海教育研究所   27(5) 12-14   1996年
4月25日に開かれた(於:海老名市文化会館)リ.アルベリ 第10回春のコンサートでテノール独唱を行った。
海老名市文化会館で行われたリ・アルベリ第10回春のコンサート リ・アルベリ主催      1997年

Works

 
モーツァルトのオペラ「魔笛」でタミーノの役を5年間にわたり30公演で歌った。ドイツ・メクレンブルク州立劇場他
1985年 - 1990年
ニコライのオペラ「ウィンザーの陽気な女房達」でフェントン役を30公演行った。ドイツ・メクレンブルク州立劇場他
1988年 - 1990年
7年間在職したメクレンブルク州立劇場退職時の記念コンサート、オペラ歌手として在職に歌ったレパートリーの中から演奏した。
1992年
オルフのオペラ「賢い女」でロバ男の役を2年間に16公演行った。メクレンブルク州立劇場他
1989年 - 1991年
日本歌曲、ドイツ歌曲でのリサイタルをノイブンデンブルク県のコンサートツアーで8回行った。
1989年

競争的資金等の研究課題

 
オペラ「蝶々夫人」の研究(日本人の視点でとらえた)
劇場研究(日本とドイツの劇場の比較研究)
ドイツ歌曲の演奏法研究
劇場研究