小林 俊亮

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/03 03:04
 
アバター
研究者氏名
小林 俊亮
 
コバヤシ シュンスケ
所属
日本大学
部署
薬学部薬学科
職名
教授
学位
博士(薬学)
その他の所属
日本大学
科研費研究者番号
60256906

研究分野

 
 

経歴

 
1992年3月
 - 
1993年3月
三菱化成(三菱化学)生命科学研究所
 
1993年4月
   
 
日本大学薬学部
 
2000年8月
 - 
2001年9月
スウェーデン カロリンスカ研究所
 

学歴

 
 
 - 
1984年
東邦大学 薬学部 薬学
 
 
 - 
1992年
東邦大学 大学院 薬学研究科 生化学
 

論文

 
Application of the BC1 RNA gene promoter for short hairpin RNA expression in cultured neuronal cells.
Shunsuke Kobayashi, Takashi Higuchi, Kaijiro Anzai
334 1305-1309   2005年9月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
刺激に応じたタウmRNAの樹状突起内翻訳とリン酸化 [招待有り]
小林俊亮
タウ研究会2017   2017年8月31日   タウ研究会
腫瘍細胞におけるYB-1の細胞内分布に関わる配列(YB-NLS)とその結合タンパク質の解析
日本薬学会   2017年3月25日   
がんの増悪を引き起こすYB-1の核移行に関連する因子の解析
田中融、大橋祥世、小林俊亮
日本分子生物学会   2016年12月2日   
がん悪性化を誘発するYB-1タンパク質の核内蓄積に関わる因子の解析
日本薬学会第136年会   2016年3月29日   
YB-1遺伝子発現は骨格筋の分化過程で転写因子の交代によって一定に保たれ、その後神経支配下に移行する
日本生化学会・日本分子生物学会 合同年会   2015年12月1日   日本生化学会 日本分子生物学会

特許

 
WO 2007/011074 A1 : 神経系細胞に選択的なRNA発現ベクター
2857418 : グリコシルトランスフェラーゼを阻害する物質
2696172 : グリコシルトランスフェラーゼ阻害物質