小幡 誉子

J-GLOBALへ         更新日: 16/08/04 18:56
 
アバター
研究者氏名
小幡 誉子
 
オバタ ヤスコ
所属
星薬科大学
部署
薬剤学教室
職名
准教授
学位
博士(薬学)(星薬科大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1993年
星薬科大学 薬学研究科 薬剤学
 
 
 - 
1986年
星薬科大学 薬学部 薬学科
 

論文

 
Onuki Y, Obata Y, Kawano K, Sano H, Matsumoto R, Hayashi Y, Takayama K
Molecular pharmaceutics      2016年1月   [査読有り]
Murakami M, Obata Y, Yamato H, Kondo H
Journal of UOEH   37(3) 217-222   2015年9月   [査読有り]
Uehara N, Hayashi Y, Mochida H, Otoguro S, Onuki Y, Obata Y, Takayama K
Drug development and industrial pharmacy   1-7   2015年5月   [査読有り]
Onuki Y, Funatani C, Yokawa T, Yamamoto Y, Fukami T, Koide T, Obata Y, Takayama K
Chemical & pharmaceutical bulletin   63(5) 377-383   2015年   [査読有り]
Otoguro S, Hayashi Y, Miura T, Uehara N, Utsumi S, Onuki Y, Obata Y, Takayama K
Chemical & pharmaceutical bulletin   63(11) 890-900   2015年   [査読有り]

Misc

 
平川 貴恵, 小幡 誉子, 高山 幸三, 亀井 淳三, 副田 行夫, 久津間 輝男, 本多 利雄, 永井 恒司
Drug Delivery System   12(3) 167-173   1997年
大草 貴之, 小幡 誉子, 高山 幸三, 東山 公男, 永井 恒司
Drug Delivery System   12(5) 327-333   1997年
岩田 政則, 高山 幸三, 高橋 由里, 小幡 誉子, 町田 良治, 永井 恒司, 城武 昇一
病院薬学   24(4) 357-362   1998年
基剤混合型ジクロフェナク坐剤からの薬物放出及び薬物吸収に対する温度の影響
薬学雑誌   119(2) 170   1999年
小幡 誉子, 五十嵐 一正, 高山 幸三, 東山 公男, 永井 恒司
Drug Delivery System   15(2) 129-136   2000年

競争的資金等の研究課題

 
経皮吸収治療システム
放射光X線を利用した外用剤製剤成分の作用機構解明
大型放射光施設利用研究推進
研究期間: 2004年   
脂質集合体を利用した新規角層細胞間脂質モデルの構築