鮎澤 乘光

J-GLOBALへ         更新日: 10/04/14 00:00
 
アバター
研究者氏名
鮎澤 乘光
 
アユザワ ノリミツ
所属
旧所属 東京女子大学 文理学部 英米文学科
職名
教授
学位
文学修士

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1968年
東京都立大学 人文科学研究科 英文学
 
 
 - 
1966年
東京都立大学 人文学部 英文学
 

委員歴

 
1992年
 - 
1996年
日本英文学会  編集委員,評議員,大会準備委員,大会準備委員長
 
1995年
 - 
2002年
日本ハーディ協会  運営委員、幹事・事務局長、会長
 
1983年
   
 
日本ブロンテ協会  評議員
 
1997年
   
 
日本ジョージ・エリオット協会  理事
 
2002年
   
 
日本ジョージ・エリオット協会  編集委員長
 

Misc

 
ハーディの小説における帰郷のテーマ
日本ハーディ協会会報   13,76-92    1984年
『嵐が丘』の語りの効果とアイロニー
ブロンテ・スタディース   1(3) 1-19   1988年
『ジェイン・エア』におけるProvidenceの世界
横浜国立大学人文紀要第二類   31,45-57    1984年
個別性と普遍性-┣DBJude the Obscure(/)-┫DBのひとつの問題点
横浜国立大学人文紀要第二類   24,64-74    1977年
アン・ブロンテ『アグネス・グレイ』のリアリズムと象徴性
『英語青年』研究社出版   143(9) 23-25   1997年

書籍等出版物

 
トマス・ハーディの小説の世界
開文社出版   1984年   
イギリス小説の読み方-オースティン,ブロンテ姉妹,エリオット,ハーディ,フォースター-
南雲堂   1988年   
ブロンテ・ブロンテ・ブロンテ(共著)
開文社出版   1989年   
〈身体〉のイメージ-イギリス文学からの試み-(共著)
ミネルヴァ書房   1991年   
┣DBThe Well-Beloved(/)-┫DB-「距離」の消滅のドラマー
英国小説研究(英潮社)   1992年   

Works

 
翻訳『オーウェル著作集』I〜IV(共訳)(平凡社)
1970年
翻訳デイヴィッド・セシル『イギリス小説鑑賞-ヴィクトリア朝前期の作家たち-』(共訳)(開文社)
1983年
翻訳アン・ブロンテ『アクネス・グレイ』(みすず書房)
1995年
翻訳『ブルーワー英語故事成語大辞典』(編集、共訳)    単行本 大修館書店
1994年
翻訳シャーロット・ブロンテ『アングリア物語』(共訳)   単行本 みすず書房 
1997年

競争的資金等の研究課題

 
トマス・ハーディの小説
ブロンテ姉妹の小説
18世紀英国小説と社会
ジョージ・エリオットの小説