大角 翠

J-GLOBALへ         更新日: 14/04/30 15:36
 
アバター
研究者氏名
大角 翠
 
オオスミ ミドリ
所属
東京女子大学
部署
現代文化学部 言語文化学科 現代教養学部 人間科学科
職名
教授
学位
学術博士(オーストラリア国立大学), 文学修士(東京大学), 文学学士(東京女子大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1977年
 - 
1979年
青山学院大学武蔵工業大学関東学院大学国学院大学 非常勤講師
 
1979年
 - 
1985年
共立女子短期大学 専任講師
 
1986年
 - 
1989年
オーストラリア国立大学日本センター 非常勤講師
 
1989年
 - 
1994年
シドニー大学アジア科助教授
 
1994年
 - 
1997年
名桜大学国際文化学科教授
 

学歴

 
 
 - 
1973年
東京大学  人文科学研究科 言語学
 
 
 - 
1989年
オーストラリア国立大学大学院 言語学科 言語学
 
 
 - 
1975年
パリ(Ⅴ)大学大学院 言語学科 言語学
 
 
 - 
1970年
東京女子大学 文理学部(文科系) 英米文学科
 

委員歴

 
2011年
 - 
2013年
東京女子大学比較文化研究所所長
 
2010年
 - 
2012年
Assessor, Australia Research Council
 
1999年
 - 
2011年
東京女子大学比較文化研究所副所長
 
2007年
   
 
シドニー大学  Honorary Associate Appointment
 
2006年
   
 
東京大学、シドニー大学  博士論文審査委員
 

受賞

 
1989年
太平洋学術論文コンクール(4位)
 

論文

 
An inquiry into Australian vocabulary with reference to the terminology of the shearing industry, Kiyoo,
Kyoritsu Women’s Junior College   23,38-61, 1980    1980年
モーリシャスのクレオル
音声学会会報   163 16-19   1980年
豪州英語の特徴について
JANTA ニュース   10月    1981年
オーストラリア英語の音韻
音声学会会報   167 14-18   1981年
パトリック・ホワイト『生体解剖者』文体研究-ホワイトの言語と彼の言語社会
『紀要』,共立女子短期大学   24 36-58   1981年

Misc

 
A Study of the Nature and Semantics of Australian English(B.A.thesis)
Tokyo Woman's Christian University      1970年
A Stylistic Study of Patrick White: The Vivisector, with Special Reference to the Phonological Characteristics of Australian English(M.A. thesis)
Tokyo University      1973年
Une Etude Phonetique de Creole de l'Ile Maurice
memoire, Université de Paris V      1975年
Visualisation Syntaxique des Phrases Japonaises
memoire, Université de Paris V      1975年
A Grammar of Tinrin (New Caledonia
(Ph.D. thesis)Australian National University      1990年

書籍等出版物

 
翻訳、ごみ捨て場で 『オースラリアの文学』
サイマル出版   1982年   
1982: 182-222
翻訳、3本足のディンゴ;奥地の葬儀屋 『現代オーストラリア短編文学集』
評論社   1983年   
1983: 11-22,101-124
Languages in New Caledonia; Languages in New Guinea; ORSTOM; Research Schools of Pacific Studies,『太平洋諸島百科事典』, 太平洋学会
原書房   1989年   
Aboriginal English and its Socio-linguistic Background, in Y.Ikegami & M.Toyota (ed.), Aspects of English as a World Language
Maruzen, Tokyo   1993年   
ニューカレドニアの言語と言語情況、『沖縄文化の源流を探るー環太平洋地域の中の沖縄』、復帰20周年記念沖縄研究国際シンポジウム
文進印刷   1994年   

講演・口頭発表等

 
豪州英語の音声
音声学会     1981年   
豪州英語の特徴について
JANTA   1981年   
ごみ捨て場で 翻訳
『オースラリアの文学』,サイマル出版   1982年   
ニューカレドニアの言語
音声学会   1984年   
ティンリン語の受動構造について
ANU言語学会   1986年   

Works

 
ニューカレドニア、プティクリ居住区におけるティンリン語の調査
1983年 - 1984年
ニューカレドニア、ラフォア地域におけるティンリン語の調査
1985年 - 1987年
ブルネイ王国の少数言語調査
1999年
ニューカレドニア, サラメア地区におけるティンリン語の調査
2000年
ニューカレドニア、プティクリ居住区におけるティンリン語の調査
1983年 - 1984年

競争的資金等の研究課題

 
ティンリン語研究
オーストラリア国立大学: 
研究期間: 1986年 - 1988年    代表者: Midori Osumi
比較・対照言語研究
うるま研究助成基金: 
研究期間: 1995年 - 1996年    代表者: 大角翠
ニューカレドニア及び周辺地域の消滅の危機に瀕した言語の研究
文部科学省: 文部科学省科学研究費特定領域研究(A)
研究期間: 2000年 - 2003年    代表者: 大角翠
ニューカレドニアの先住民社会におけるアイデンティティーと言語
杏林大学: 共同研究プロジェクト
研究期間: 2000年 - 2003年    代表者: 江戸淳子
ニューカレドニアと周辺地 域の先住民語の研究―ネク語、ティンリン語の記述を中心に―
文部科学省: 文部科学省科学研究費助成、基盤研究(C)
研究期間: 2004年 - 2007年    代表者: 大角 翠