松浦 和則

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/21 18:16
 
アバター
研究者氏名
松浦 和則
 
マツウラ カズノリ
URL
http://www.chem.tottori-u.ac.jp/~matsuura/index.html
所属
鳥取大学
部署
大学院工学研究科
職名
教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1996年4月
 - 
2001年3月
名古屋大学大学院工学研究科 助手
 
2001年4月
 - 
2006年3月
九州大学大学院工学研究院 助教授
 
2006年10月
 - 
2010年3月
 JSTさきがけ「構造制御と機能」研究者(兼任)
 
2007年4月
 - 
2012年3月
 九州大学大学院工学研究院 准教授
 
2012年4月
 - 
現在
鳥取大学大学院工学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1996年
東京工業大学 生命理工学研究科 バイオテクノロジ-
 
 
 - 
1991年
福井大学 工学部 応用反応化学科
 

委員歴

 
2017年3月
 - 
現在
日本化学会中国四国支部  副支部長
 
2016年10月
 - 
現在
日本化学会  代議員
 
2016年7月
 - 
現在
10th International Peptide Symposium (10th IPS)  Organizing Committee
 
2016年4月
 - 
現在
バイオ・高分子研究会  運営委員
 
2015年4月
 - 
現在
TIGG  editorial board member
 

受賞

 
2016年3月
日本化学会 第33回 学術賞
 
2012年2月
第8回 日本学術振興会賞
 
2008年
第10回 花王研究奨励賞(化学・物理学分野)
 
2008年
平成20年度科学技術分野の文部科学大臣表彰「若手科学者賞」
 
2008年
第22回 若い世代の特別講演会証(日本化学会)
 

論文

 
Matsuura Kazunori
BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   90(8) 873-884   2017年8月   [査読有り]
Fujita Seiya, Matsuura Kazunori
ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY   12(23) 5070-5077   2017年6月   [査読有り]
Fujita Seiya, Matsuura Kazunori
CHEMISTRY LETTERS   45(8) 922-924   2016年8月   [査読有り]
Matsuura Kazunori, Mizuguchi Yusaku, Kimizuka Nobuo
BIOPOLYMERS   106(4) 470-475   2016年7月   [査読有り]
Furutani Masahiro, Uemura Akihito, Shigenaga Akira, Komiya Chiaki, Otaka Akira, Matsuura Kazunori
CHEMICAL COMMUNICATIONS   51(38) 8020-8022   2015年   [査読有り]
Matsuura Kazunori
TRENDS IN GLYCOSCIENCE AND GLYCOTECHNOLOGY   25(146) 227-239   2013年11月   [査読有り]
K. Matsuura, K. Watanabe, Y. Matsushita and N. Kimizuka
Polymer J.   45(5) 529-534   2013年5月   [査読有り]
Matsuura Kazunori, Nakamura Tomohiro, Watanabe Kenta, Noguchi Takanori, Minamihata Kosuke, Kamiya Noriho, Kimizuka Nobuo
ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY   14(33) 7869-7874   2016年   [査読有り]
Matsuura Kazunori, Ueno Genki, Fujita Seiya
POLYMER JOURNAL   47(2) 146-151   2015年2月   [査読有り]
Fujita Seiya, Matsuura Kazunori
NANOMATERIALS   4(3) 778-791   2014年9月   [査読有り]
K. Matsuura, K. Murasato and N. Kimizuka
Int. J. Mol. Sci   12(8) 5187-5199   2011年8月   [査読有り]
K. Matsuura
Polymer J   44(6) 474-496   2012年6月   [査読有り]
Nakanishi Takashi, Naito Masanobu, Takeoka Yukikazu, Matsuura Kazunori
CURRENT OPINION IN COLLOID & INTERFACE SCIENCE   16(6) 482-490   2011年12月   [査読有り]
K. Matsuura, H. Hayashi, K. Murasato, and N. Kimizuka
Chem. Commun   47(1) 265-267   2011年   [査読有り]
Matsuura Kazunori, Tochio Keigo, Watanabe Kenta, Kimizuka Nobuo
CHEMISTRY LETTERS   40(7) 711-713   2011年7月   [査読有り]
K. Matsuura, K. Fujino, T. Teramoto, K. Murasato, and N. Kimizuka
Bull. Chem. Soc. Jpn   83(8) 880-886   2010年8月   [査読有り]
K. Matsuura, K. Watanabe, K. Sakurai, T. Matsuzaki, and N. Kimizuka
Angew. Chem. Int. Ed   49(50) 9662-9665   2010年   [査読有り]
Controlled Release of Guest Molecules from Spherical Assembly of Trigonal Gultathione by Disulfide Recombination
K. Matsuura, K. Tochio, K. Watanabe, and N. Kimizuka
Chem. Lett   40 711-713   2010年   [査読有り]
K. Matsuura, H. Matsuyama, T.Fukuda, T. Teramoto, K. Watanabe, K. Murasato and N. Kimizuka
Soft Matter   5(12) 2463-2470   2009年   [査読有り]
K. Matsuura, K. Masumoto, Y. Igami, K. Kim and N. Kimizuka
Mol. BioSyst   5(9) 921-923   2009年   [査読有り]

Misc

 
松浦 和則
生物物理   56(2) 94-97   2016年
In nature, many types of nano-structures are formed spontaneously through the self-assembly of biomolecules. This review article describes recent progress in chemical strategies to design artificial protein and peptide assemblies. C<...
松浦 和則
旭硝子財団助成研究成果報告 Reports of research assisted by the Asahi Glass Foundation   1-5   2015年

書籍等出版物

 
松浦和則、角五彰、岸村顕広、佐伯昭紀、竹岡敬和、内藤昌信、中西尚志、舟橋正浩、矢貝史樹 (担当:共著)
講談社   2014年3月   ISBN:9784061568020
「エキゾチック自己組織化材料」研究グループ, 中西 尚志, 松浦 和則, 矢貝 史樹, 角五 彰, 岸村 顕広, 佐伯 昭紀, 竹岡 敬和, 内藤 昌信, 舟橋 正浩
フロンティア出版   2015年   ISBN:9784902410266
ドラッグデリバリーシステムの新展開Ⅱ-核酸医薬・抗体医薬・ワクチン医療を支えるDDS技術ー
松浦和則 (担当:分担執筆, 範囲:ウイルス由来ペプチドの自己集合ナノカプセル)
シーエムシー出版   2012年3月   
超分子サイエンス ~基礎から材料への展開~
松浦和則 (担当:分担執筆, 範囲:DNAナノスフィア)
エヌ・ティー・エス   2009年5月   
翻訳 ナノバイオテクノロジー ~未来を拓く概念と応用~
松浦和則 (担当:共訳, 範囲:コイルドペプチドからの自己集合性ナノ構造)
エヌ・ティー・エス   2008年9月   
小林 一清, 西田 芳弘, 松浦 和則
[出版者不明]   1997年   
Biomolecular Nanoassembly: Nanostructures from Nucleic Acids, Peptides, and Carbohydrates
in "BOTTOM-UP NANOFABRICATION: Supramolecules, Self-Assemblies, and Organized Films", Ed. by Katsuhiko Ariga, American Scientific Publishers   
バイオナノプロセス-溶液中でナノ構造を作るウェット・テクノロジーの薦め-
松浦和則 (担当:分担執筆, 範囲:ペプチドの自己集合によるナノ構造の構築)
シーエムシー出版   2008年3月   
自己組織性ナノマテリアル~フロントランナー85人に聞くナノテクノロジーの新潮流~
松浦和則 (担当:分担執筆, 範囲:3次元DNAナノマテリアル)
フロンティア出版   2007年2月   
ナノバイオ大事典
松浦和則 (担当:分担執筆, 範囲:ナノケージ)
テクノシステム   2007年1月   
”ファイバー“ スーパーバイオミメティックス近未来創造テクノロジー
松浦和則 (担当:分担執筆, 範囲:ペプチド分子の自己組織化によるナノカプセル)
エヌ・ティー・エス   2006年10月   
糖鎖科学の新展開-機能解明・次世代型材料・医薬品開発に向けて
松浦和則 (担当:分担執筆, 範囲:材料としての人工複合糖質高分子)
エヌ・ティー・エス   2005年8月   
ナノマテリアルハンドブック
松浦和則 (担当:分担執筆, 範囲:核酸を用いたナノ材料)
エヌ・ティー・エス   2005年2月   
次世代高分子設計
松浦和則 (担当:分担執筆, 範囲:次世代糖鎖高分子の合成と機能)
アイピーシー   2000年6月   

講演・口頭発表等

 
「 タンパク質および無機物で着せ替えたウイルス融合マテリアルの創製」
融合マテリアル 第9回公開シンポジウム   2014年5月12日   
光切断によりbeta-シート繊維成長するアニオン性ペプチドの分子設計
第63回高分子学会年次大会   2014年5月28日   
オリゴヒスチジン鎖を有する人工ウイルスキャプシドの創製
第63回高分子学会年次大会   2014年5月28日   
ウイルス由来beta-Annulusペプチドの自己集合におけるN末端配列依存
第63回高分子学会年次大会   2014年5月28日   
Peptide nanocapsule self-assembled from viral peptide fragment [招待有り]
PepCon-2014   2014年4月28日   
蛍光性アルギニン誘導体による糖脂質の分子認識
日本化学会第94春季年会   2014年3月29日   
「ペプチドナノファイバーの光誘起成長システムと、DNA修飾ペプチドナノカプセルの進捗状況」
「分子ロボティクス」領域全体会議・研究会   2014年3月14日   
金ナノ粒子で着せ替えた人工ウイルスキャプシドの創製
日本化学会第94春季年会   2014年3月29日   
酸化亜鉛ナノ粒子内包人工ウィルスキャプシドの創製
日本化学会第94春季年会   2014年3月29日   
HSA被覆による人工ウイルスキャプシドの安定化
日本化学会第94春季年会   2014年3月27日   
光切断によりナノファイバー成長誘起されるペプチド分子システムの創製
日本化学会第94春季年会   2014年3月27日   
Development of Self-assembled Synthetic Viral Capsids [招待有り]
2013年度 第3回GSCセミナー   2014年1月30日   
タンパク質でおよび無機質で着せ替えたウイルス融合マテリアルの創製
融合マテリアル合同班会議 第8回公開シンポジウム   2014年1月28日   
タンパク質で着せ替えた人工ウイルスキャプシドの創製
融合マテリアル第9回若手スクール   2014年1月26日   
「光応答性ペプチド集合体を利用して動かす案」
科研費新学術領域「分子ロボティクス」   2013年11月30日   
β-Annulusペプチドを用いたZnO合成
新学術領域研究「融合マテリアル」の第8回若手スクール   2013年11月24日   
「タンパク質およびDNAで着せ替えた人工ウイルスキャプシドの創製」
第7回バイオ関連化学シンポジウム   2013年9月28日   
ウイルス由来ペプチドの自己集合による合成ウイルス殻の創製
JSTさきがけ「構造制御と機能」領域 第一回懇話会   2013年9月24日   
着せ替えウイルスキャプシドの創製
第62回高分子討論会   2013年9月11日   
「着せ替えウイルスキャプシドの創製および光応答性ペプチド集合体の創製の試み」
「エキゾチック自己組織化材料」リトリート報告会   2013年8月2日   
「ヒト血清アルブミンで着せ替えたウイルスキャプシドの創製」
第23回バイオ・高分子シンポジウム   2013年8月1日   
細胞表面の糖鎖を認識する新規蛍光プローブの開拓
第29回若手化学者のための化学道場   2013年8月30日   
C-末端キャップしたウイルス由来β-Annulusペプチドの自己集合
第29回若手化学者のための化学道場   2013年8月30日   
ヒト血清アルブミンで着せ替えた人工ウイルスキャプシド
第29回若手化学者のための化学道場   2013年8月1日   
C-末端キャップしたウイルス由来β-Annulusペプチドの合成と自己集合特性
日本化学会生体機能関連化学部会若手の会第25回サマースクール   2013年7月26日   
ヒト血清アルブミンで着せ替えたウイルスキャプシドの創製
日本化学会生体機能関連化学部会若手の会第25回サマースクール   2013年7月26日   
「 タンパク質および無機物で着せ替えたウイルス融合マテリアルの創製」
「融合マテリアル」第7回公開シンポジウム・合同班会議   2013年5月20日   
ウイルス由来ペプチドの自己集合による合成ウイルス殻の創製
BIO tech アカデミックフォーラム2013   2013年5月9日   
β-シート形成ペプチド-DNAコンジュゲートの合成と自己集合挙動
第62回高分子学会年次大会   2013年5月30日   
タンパク質および無機物で着せ替えたウイルス融合マテリアルの創製
科研費新学術領域「融合マテリアル」の第7回公開シンポジウム・合同班会議   2013年5月20日   
ウイルスの自己集合に学んだペプチドナノ材料の構築
日本化学会第93春季年会   2013年3月23日   
ウイルス由来ペプチドが形成するナノ空間
日本化学会第93春季年会   2013年3月22日   
ヒト血清アルブミンとβ-Annulusペプチドのコンジュゲートの合成と特性解析
日本化学会第93春季年会   2013年3月24日   
C-末端キャップしたウイルス由来β-Annulusペプチドの合成と特性解析
日本化学会第93春季年会   2013年3月24日   
「着せ替えウイルス融合マテリアルの創製」
新学術領域研究「融合マテリアル」 第6回公開シンポジウム   2013年1月27日   
「微小管分子モーターをDNAおよびペプチドで制御する方法」
新学術領域分子ロボティクス 第1回領域会議    2012年12月14日   
Molecular Design of Synthetic Viral Capsid
The First International Symposium on Biofunctioal Chemistry(ISBC 2012)   2012年11月28日   
Synthetic Viral Capsids Self-assembled from Viral Peptide Fragments
Nanopeptide 2012:Peptides as Nanomaterials & Biomaterials   2012年11月   
Sequence Dependance of Self-assembling Behavior of Viral beta-Annulus Peptides
IUMRS-International Conference on Electonic Materials(IUMRS-ICEM 2012)   2012年9月24日   
ナノカプセルを形成するウィルス由来ペプチドの分子設計
第61回高分子討論会   2012年9月20日   
合成ウイルスキャプシドの創製とゲスト内包
第61回高分子討論会   2012年9月19日   
ウイルス構造に学んだペプチドナノ集合体の分子設計 [招待有り]
第28回若手科学者のための化学道場(島根2012)   2012年9月7日   
Synthetic Capside Self-assembled from Viral Peptide Fragments [招待有り]
The Second Asian Chemical Biology Conference 2012   2012年7月4日   
「着せ替えウイルス融合マテリアルの創製」
科研費新学術領域研究「融合マテリアル」 第5回公開シンポジウム   2012年6月7日   
トマトブッシースタントウイルス由来β-Annulusペプチドの自己集合における配列依存性
第61回高分子学会年次大会   2012年5月28日   
自己集合部位を導入したウィルス由来β-annulusペプチドの合成とナノカプセル形成
日本化学会第92回春季年会   2012年3月   
NTA修飾人工ウィルスキャプシドを用いた無機微粒子合成
日本化学会第92春季年会   2012年3月   
Peptide Nanocapsule Self-assembled from Viral β-Annulus Peptide [招待有り]
Kyushu University Global COE Program“Science for Future Molecular Systems” The 17th International Workshop on Future Molecular Systems 2012   2012年2月   
ウィルスペプチド融合マテリアルの創製-配列依存性と無機微粒子合成-
新学術領域「融合マテリアル」第4回公開シンポジウム   2012年1月   
合成ウィルス学を目指したペプチド自己集合系の構築、ならびにエキゾチック自己組織化材料グループの設立
JSTさきがけシンポジウム「次世代の物質科学・ナノサイエンスを探る-さきがけ研究交流に基づく議論の呼びかけ」   2012年1月   

特許

 
DNA糖鎖コンジュゲートおよびその製造方法
2000-086693
オリゴヌクレオチド糖コンジュゲート、オリゴヌクレオチド糖コンジュゲートの製造法
2001-247596
DNAの自己組織化によるDNAナノケージ及びその製造方法、並びにそれを用いたDNAナノチューブ、分子キャリアー
特許第4061401号