高田 英治

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/24 07:53
 
アバター
研究者氏名
高田 英治
 
タカダ エイジ
所属
富山高等専門学校
部署
電気制御システム工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1988年
 - 
1993年
株式会社三菱総合研究所 研究員1994-1999 東京大学 助手1999 東京大学 講師
 

学歴

 
 
 - 
1988年
東京大学 工学系研究科 原子力工学
 
 
 - 
1986年
東京大学 工学部 原子力工学
 

委員歴

 
2014年
 - 
現在
応用物理学会 放射線分科会幹事
 
2013年
 - 
現在
日本原子力学会  教育委員会委員
 

論文

 
Development of fast-neutron directional detector for fusion neutron profile monitor at LHD
Eiji Takada, Akihiro Fujisaki, Naoki Nakada, Mitsutaka Isobe, Kunihiro Ogawa, Takeo Nishitani and Hideki Tomita
11 240502-ETakadaTNCT   2016年3月   [査読有り]
Response of organic photodiode fabricated directly on plastic scintillator to X-rays
Eiji Takada, Kazuo Fujii, Hideyuki Imai, Hiroyuki Okada, Yoshihito Namito and Takashi Nakamura
Journal of Nuclear Science and Technology   52(1) 104-108   2016年1月
A study on fast digital discrimination of neutron and gamma-ray for improvement neutron emission profile measurement
Yuki Uchida, Eiji Takada, Akihiro Fujisaki, Mitsutaka Isobe, Kunihiro Ogawa,Koji Shinohara, Hideki Tomita, Jun Kawarabayashi and Tetsuo Iguchi
Review of Scientific Instruments   85 11E118   2014年8月   [査読有り]
Progress in development of the neutron profile monitor for the large helical device
Kunihiro Ogawa, Mitsutaka Isobe, Eiji Takada, Yuki Uchida, Kentaro Ochiai, Hideki Tomita, Akira Uritani, Takashi Kobuchi and Yasuhiko Takeiri
85 11E110   2014年8月   [査読有り]
Ordered P3HT/PCBM Heterostructured Organic Photodiode for Radiation Detection using Direct Nanoimprint Lithography
Kazuhiro TADA, Eiji TAKADA, Kazuo FUJII, Kimiaki UEMURA, Kohei TOMOHIRO and Yoshihiko HIRAI
Journal of Photopolymer Science and Technology   26(1) 79-82   2013年   [査読有り]
Development of a Signal Processing system to Control the Tumor Positioning System Based on the Annihilation Gamma-rays Measured by Several Pairs of Scintillation Detectors
Eiji Takada, Junichi H. Kaneko, Hironobu Shimazaki, Masazumi Ishikawa, Hiroshi Nakamaru
Progress in Nuclear Science and Technology   3(1) 124-126   2012年   [査読有り]
Simulation for a Real-time Positioning System for Radiotherapy Based on Annihilation
Junichi H. Kaneko, Eiji Takada, Yu Hara, Fumiyuki Fujita, Toru Yamaguchi, Naoki Kubo, Masayori Ishikawa, Hiroki Shirato
Progress in Nuclear Science and Technology   3 104-108   2012年   [査読有り]
Estimating Paddy Rice Leaf Area Index with Fixed Point Continuous
Michio Shibayama, Toshihiro Sakamoto, Eiji Takada, Akihiro Inoue, Kazuhiro Morita, Wataru Takahashi and Akihiko Kimura
Plant Production Science   14(1) 30-46   2011年   [査読有り]
Application of Organic Photodiodes to X-ray Measurements - Feasibility Study
Eiji Takada, Akinari Takada, Akihoro Inoue, Hideyuki Imai, Hiroyuki Okada, Shigeki Naka, Jun Kawarabayashi, Takashi Nakamura and Yoshihito Namito
Journal of Nuclear Science and Technology   35(8) 547-553   2011年   [査読有り]
Regression-Based Models to Predict Rice Leaf Area Index Using Biennial
Michio Shibayama,Tohshihiro Sakamoto, Eiji Takada, Akihiro Inoue, Kazuhiro Morita, Takuya Yamaguchi, Wataru Takahashi and Akihiko Kimura
Plant Proiduction Science   14(4) 365-376   2011年   [査読有り]
Multi-Band Spectrum Camera (MBSG) for Automatic Fixed-Point Refrectance
Michio Shibayama, Toshihiro Sakamoto, Eiji Takada, Eiji Kanda, Hiroharu Tanaka, Kaoru Gomi and Akihiko Kimura
Plant Proiduction Science   14(4) 391-397   2011年   [査読有り]
Detectiong Seasonal Changes in Crop Community Structure using Day and Night Digital Images
Toshihiro SAKAMOTO, Michio SHIBAYAMA, Eiji TAKADA, Akihiro INOUE, Kazuhiro MORITA, Wataru TAKAHASHI, Shigenori MIURA and Akihiko KIMURA
Photogrammetric Engineering & Remote Sensing   76(6) 713-726   2010年   [査読有り]
Continuous Monitoring of Visible and Near-Infrared Band Reflectance from a Rice Paddy for Determining Nitrogen Uptake Using Digital Cameras
Michio SHIBAYAMA, Toshihiro SAKAMOTO, Eiji TAKADA, Akihiro INOUE, Kazuhiro MORITA, Wataru TAKAHASHI and Akihiko KIMURA
Plant Production Science   12(3) 293-306   2009年   [査読有り]
Fundamental Study of a New Radiation Imaging System using a Grid-Type Scintillator
Eiji Takada, Mitsunobu Hayashi, Hideyuki Imai, Hirofumi Kuroda, Jun Kawarabayashi
Journal of Nuclear Science and Technology   45(1) 10-14   2008年   [査読有り]
パターンレーザー画像の処理による積雪状況測定システムに関する研究
高田英治、五十嵐貴之、石丸民之永、小林俊一、佐藤篤司、貴堂靖昭
寒地技術論文・報告集   23 145-150   2007年   [査読有り]
A New Optical Fiber Sensor for Multipoint Radiation Measurement with Sensing Regions in its Cladding
Eiji Takada, Daisuke Yamada and Hirofumi Kuroda
Measurement Science and Technology   15(8) 1479-1483   2004年   [査読有り]
Application of General Purpose Fiber Optic Data Links to Radiation Measurements
Eiji TAKADA and Toshimitsu KOMATSU
Journal of Nuclear Science and Technology   40(6) 363-369   2003年   [査読有り]
Application of a Raman Distributed Temperature Sensor to the Experimental Fast Reactor JOYO with Correction Technique
Atsushi Kimura, Eiji Takada, Kaoru Fujita, Masaharu Nakazawa,Satoshi Ichige and Masaharu Nakazawa
Measurement Science and Technology   12 969-973   2001年   [査読有り]
Radiation Distribution Sensor with Optical Fibers for High Radiation Field
Eiji TAKADA, Atsushi KIMURA, Yoneichi HOSONO, Hiroyuki TAKAHASHI and Masaharu NAKAZAWA
Journal of Nuclear Science and Technology   36(8) 641-645   1999年   [査読有り]
Consequences of Radiation Effects On Pure-Silica-Core Optical Fibers Used for Raman-Scattering-Based Temperature Measurements
Fredrik B. H. Jensen, Eiji Takada, Masaharu Nakazawa, Tsunemi Kakuta and Satoshi Yamamoto
IEEE Tansactions on Nuclear Science   45(1) 50-58   1998年   [査読有り]
Application of Red and Near Infrared Emission from Rare Earth Ions for Radiation Measurements Based on Optical Fibers
Eiji Takada, Yoneichi Hosono, Tsunemi Kakuta, Masayuki Yamazaki, Hiroyuki Takahashi and Masaharu Nakazawa
IEEE Transactions Nuclear Science   45(3) 556-560   1998年   [査読有り]
Correction Techniques of Radiation Induced Errors for Raman Distributed Temperature Sensor and Experiment at the Experimental Fast Reactor : JOYO
Eiji Takada, Atsushi Kimura, Fredrik B. H. Jensen and Masaharu Nakazawa
Journal of Nuclear Science and Technology   35(8) 547-553   1998年   [査読有り]
Distributed Sensing of Fusion Neutrons by Plastic Scintillating Fibers
Eiji Takada, Tetsuo Iguchi, Hiroyuki Takahashi, Masaharu Nakazawa, Mamiko Sasao, Masaki Osakabe and Yujiro Ikeda
Fusion Engineering and Design   34-35 591-594   1997年   [査読有り]
Design of Radial Neutron Spectrometer Array for the International Thermonuclear Experimental Reactor
Takeo Nishitani, Satoshi Kasai, Tetsuo Iguchi, Eiji Takada, Katsuyuki Ebisawa and Yoshio Kita
Review of Scientific Instruments   68(1) 565-568   1997年   [査読有り]
原子力プラントモニタリングへの光ファイバーセンシングの適用に関する研究
放射線   23(3) 51-61   1997年
Neutron Radiation Distribution Sensor Using Flexible Plastic Scintillating Fiber Combined with the Time-of-Flight Technique
Eiji Takada, Kanjiro Sugiyama, Hiroyuki Takahashi, Tetsuo Iguchi and Masaharu Nakazawa
IEEE Transactions on Nuclear Science   42(4) 570-574   1995年   [査読有り]
A New He-3 Gas Loop Blanket for Fusion Reactor Systems
Eiji Takada, Tetsuo Iguchi and Masaharu Nakazawa
Fusion Engineering and Design   8 181-184   1989年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Introduction to Nuclear Energy
高田 英治 (担当:共著)
国立高等専門学校機構   2016年9月   
基礎 原子力工学
国立高等専門学校機構 (担当:共著)
2013年3月   
よくわかる発変電工学
箕田充志、橋口清人、松原孝史、門脇健、高田英治、田辺茂 (担当:共著, 範囲:第5章 原子力発電)
電気書院   2012年12月   
先進放射線利用
大阪大学出版会   2005年   ISBN:4-87259-189-5

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 高田 英治
 原子力プラントでの被曝線量管理や放射線利用医療における線量計測等に適用することを念頭に、有機半導体で構成され、十分な効率を持つ放射線検出器について研究を行った。ナノ構造を持つ有機半導体光検出器に関しては、PEDOT:PSS、P3HT、PCBMから構成され、サブマイクロメートルサイズのナノ構造を持つ素子を製作し、X線照射実験を行った。実験にはX線発生装置(160MF4)を用い、X線エネルギー:30keV~100keV、管電流:0.5mA~5mAの範囲で条件を変化させ実験した。その結果、ナノ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 高田 英治
代表者らのグループで以前から開発している格子状導波路構造を積層化し、3次元放射線イメージングが可能な測定システムを構築した。格子構造はアルミニウム合金で製作したものを積層化し、それをガラス及びアルミ合金でできた容器中に液体シンチレータで浸す形で封入した。高速中性子及びγ線による実験を通じ、本システムによって放射線と物質の相互作用分布を三次元的に測定できること及び放射線の大まかな入射方向についても測定可能であることを示した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 高田 英治
半導体放射線検出器は、放射線から電気信号への変換効率が良く、高い分解能を持つ。しかし、従来は無機材料が用いられており、製作に手間がかかるなどの欠点があった。本研究では、有機半導体を用いて放射線測定が可能な素子を製作し、その特性を評価することを目的とした。製作にあたっては、真空度4.5×10-6[Torr]において、ITO電極上にα-NPD(500A)/td-PTC(500A)/Al(700A)を積層した。陽極と陰極の幅は2[mm]、素子の面積は4[mm2]とした。まず、可視光の強さが1[k...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 高田 英治
放射線分布測定を目的とし、金属等で作製した格子状の溝構造にプラスチックシンチレータを重合して埋め込んだ構造について検討を行った。金属板に放電加工機あるいは機械加工によって大きさ50mm×50mm×厚さ10mm、溝の幅1.5mm、ピッチ2mmの構造を作製した。その後、サンゴバン社BC-490を溝に重合させることで、格子状のシンチレータチャネル構造を形成した。導波路構造の単面に光ファイバを設置し、シンチレーション光を光電子増倍管に導くことで測定を行った。チャネルの両端で同時計測を行うことにより...
格子状シンチレータによる放射線分布測定システム
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2003年 - 2004年
格子状の構造を持つシンチレータの端面に設置した光ファイバにより、シンチレータのどの場所にどれだけの強度の放射線が入射したかを測定可能なシステムを開発している。

特許

 
高田 英治, 貴堂 靖昭, 丸山 敏介
高田 英治, 貴堂 靖昭, 川田 邦夫, 丸山 敏介, 佐藤 篤司, 佐藤 威