甲村 英二

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/31 02:55
 
アバター
研究者氏名
甲村 英二
 
コウムラ エイジ
所属
神戸大学
部署
大学院医学研究科 医科学専攻
職名
教授
学位
博士(医学)(大阪大学)

学歴

 
 
 - 
1979年3月
大阪大学 医学部医学科卒業  
 

論文

 
Long-Term Outcomes of Carotid Endarterectomy and Carotid Artery Stenting for Carotid Artery Stenosis: Real-World Status in Japan
ImahoriT, HosodaK, FujitaA, YamamotoY, MizowakiT, MiyakeS, KimuraH, KohtaM, KohmuraE
J Stroke Cerebrovasc Dis   25(2) 360-7   2016年2月   [査読有り]
Radiographic occult cerebellar germinoma presenting with progressive ataxia and cranial nerve palsy
MinamiN, TanakaK, KimuraH, HiroseT, MoriT, MaeyamaM, SekiyaH, UenakaT, NakamizoS, NagashimaH, MizukawaK, ItohT, SasayamaT, KohmuraE
BMC Neurol   16(1) 4   2016年1月   [査読有り]
Bone-Subtracted Spinal CT Angiography Using Nonrigid Registration for Better Visualization of Arterial Feeders in Spinal Arteriovenous Fistulas
NishiiT, KonoAK, NishioM, NegiN, FujitaA, KohmuraE, SugimuraK
AJNR Am J Neuroradiol   36(12) 2400-6   2015年12月   [査読有り]
Combined IDH1 mutation and MGMT methylation status on long-term survival of patients with cerebral low-grade glioma
TanakaK, SasayamaT, MizukawaK, TakataK, SulaimanNS, NishiharaM, KohtaM, SasakiR, HiroseT, ItohT, KohmuraE
Clin Neurol Neurosurg   138 37-44   2015年11月   [査読有り]
STAT3 activation is associated with cerebrospinal fluid interleukin-10 (IL-10) in primary central nervous system diffuse large B cell lymphoma
MizowakiT, SasayamaT, TanakaK, MizukawaK, TakataK, NakamizoS, TanakaH, NagashimaH, NishiharaM, HiroseT, ItohT, KohmuraE
J Neurooncol   124(2) 165-74   2015年9月   [査読有り]

Misc

 
IgG4関連下垂体炎との鑑別を要した多発性血管炎性肉芽腫症の一例
坂東 弘教, 井口 元三, 福岡 秀規, 齋藤 幹, 河野 誠司, 吉田 健一, 松本 隆作, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 高橋 路子, 谷口 理章, 森信 暁雄, 甲村 英二, 小川 渉, 高橋 裕
日本内分泌学会雑誌   90(3号) 922   2014年10月
Neurosurgeon of the year
Kohmura E
World Neurosurg   80(5) 470   2013年11月   [査読有り]
New technique of decompressive skinplasty with artificial dermis for severe brain swelling: technical note
Kohmura E
Neurol Med Chir (Tokyo)   53(1) 56-60   2013年   [査読有り]
脳圧センサーによるモニター方法・部位・機器・適応疾患
三宅茂, 甲村英二
日本医事新報   (4619号) 58-59   2012年11月   [依頼有り]
A proposal for standardized analysis of the results of microvascular decompression for trigeminal neuralgia and hemifacial spasm
Kohmura E
Acta Neurochir (Wien)   154(5) 773-8   2012年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
ニュースタンダード脳神経外科学 第3版 / 9.頭部外傷
甲村英二
三輪書店   2013年3月   
今日の神経疾患治療指針第2版 / 神経鞘腫(聴神経腫瘍、三叉神経腫瘍など)
甲村英二
医学書院   2013年3月   
ビジュアル脳神経外科 頭蓋底(2) 後頭蓋窩・錐体斜台部 / 聴神経腫瘍の手術
甲村英二
メジカルビュー   2012年3月   
カンファレンスストーリーで覚える脳外科疾患 / 巨大髄膜腫の周術期看護のポイント
甲村 英二 (担当:共著)
日総研出版   2011年9月   
症例からみる難治性疾患の診断と治療 耳科領域編 / 第8章 聴器癌
丹生健一, 長谷川信吾, 甲村英二
国際医学出版   2011年   

講演・口頭発表等

 
Intraoperative3-Tesia Mri - Initial Experience [招待有り]
Eiji Kohmura
The 11th Asian Congress of Neurological Surgeons 2016 in conjunction with The 21th Annual Scientific Meeting of Indonesian Society of Neurological Surgeons   2016年3月   
経鼻内視鏡下手術における術野確保のための鼻腔内処置 [招待有り]
谷口 理章, 木村 英仁, 甲村 英二
第25回脳神経外科手術と機器学会   2016年3月   脳神経外科手術と機器学会
頭蓋内外血行再建における大伏在静脈の功罪 [招待有り]
木村 英仁, 谷口 理章, 甲村 英二
第25回脳神経外科手術と機器学会   2016年3月   脳神経外科手術と機器学会
Controversies in Petroclival Tumors [招待有り]
Eiji Kohmura
The 26th Annual Meeting of the North American Skull Base Society   2016年2月   
Long-term outcomes of carotid endarterectomy and carotid artery stenting: real-world status of single institute in japan [招待有り]
Hosoda K, Imahori T, Fujita A, Yamamoto Y, Kimura H, Kohta M, Kohmura E
International Stroke Conference 2016   2016年2月   American Heart Association, American Stroke Association

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 林 成人
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 細田 弘吉
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 谷口 理章
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 篠山 隆司
科学研究費一部基金/基盤研究(B)特設
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 甲村 英二

特許

 
特許5219582 : 脳モデル
西野 孝, 小寺 賢, 甲村 英二, 林 成人, 岩下 真衣
特許5176055 : 手術訓練用脳モデル
西野 孝, 小寺 賢, 岩下 真衣, 林 成人, 甲村 英二