平田 健一

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/12 02:55
 
アバター
研究者氏名
平田 健一
 
ヒラタ ケンイチ
所属
神戸大学
部署
大学院医学研究科 医科学専攻
職名
教授
学位
博士(医学)(神戸大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1992年3月
神戸大学 大学院医学研究科博士課程内科学系専攻修了  
 

委員歴

 
 
   
 
日本循環器病学会  評議員
 
 
   
 
日本動脈硬化学会  評議員
 

受賞

 
2004年4月
財団法人 代謝異常治療研究基金 代謝異常治療研究基金 血管内皮由来リパーゼ(EDL)の脂質代謝と動脈硬化、血管障害に形成過程にはたす役割の解明
 
2003年10月
医科学応用研究財団 医学応用研究財団 血管内皮由来リパーゼ(EDL)の脂質代謝と動脈硬化形成過程にはたす役割の解明
 

論文

 
Commensal bacteria at the crossroad between cholesterol homeostasis and chronic inflammation in atherosclerosis
KasaharaK, TanoueT, YamashitaT, YodoiK, MatsumotoT, EmotoT, MizoguchiT, HayashiT, KitanoN, SasakiN, AtarashiK, HondaK, HirataKI
J Lipid Res   58(3) 519-528   2017年3月   [査読有り]
Predictors and Clinical Outcomes of Transient Responders to Cardiac Resynchronization Therapy
IchiboriH, FukuzawaK, KiuchiK, MatsumotoA, KonishiH, ImadaH, HyogoK, KuroseJ, TatsumiK, TanakaH, HirataKI
Pacing Clin Electrophysiol   40(3) 301-309   2017年3月   [査読有り]
Right ventricular relative wall thickness as a predictor of outcomes and of right ventricular reverse remodeling for patients with pulmonary hypertension
SanoH, TanakaH, MotojiY, FukudaY, MochizukiY, HataniY, MatsuzoeH, HatazawaK, ShimouraH, OokaJ, Ryo-KoriyamaK, NakayamaK, MatsumotoK, EmotoN, HirataKI
Int J Cardiovasc Imaging   33(3) 313-321   2017年3月   [査読有り]
The differences between bisecting and off-center cuts of the aortic root: The three-dimensional anatomy of the aortic root reconstructed from the living heart
MoriS, AndersonRH, TaharaN, IzawaY, TobaT, FujiwaraS, ShimoyamaS, WatanabeY, NishiiT, KonoAK, TakahashiS, HirataKI
Echocardiography   34(3) 453-461   2017年3月   [査読有り]
Diversity and Determinants of the Three-dimensional Anatomical Axis of the Heart as Revealed Using Multidetector-row Computed Tomography
MoriS, AndersonRH, TaharaN, IzawaY, TobaT, FujiwaraS, ShimoyamaS, WatanabeY, NishiiT, KonoAK, HirataKI
Anat Rec (Hoboken)      2017年2月   [査読有り]

Misc

 
Gut Microbiota and Coronary Artery Disease
YamashitaT, EmotoT, SasakiN, HirataKI
Int Heart J   57(6) 663-671   2016年12月   [査読有り]
【虚血性心疾患UPDATE】 冠動脈疾患基礎研究の進歩 腸管免疫、腸内細菌と冠動脈硬化
山下智也, 平田健一
医学のあゆみ   259(6号) 597-603   2016年11月   [依頼有り]
腸内細菌と諸疾患-ここまで明らかになった腸内細菌と全身疾患の関連】 循環器疾患と腸内細菌
江本拓央, 山下智也, 平田健一
カレントテラピー   34(11) 1089-1094   2016年11月
Very early stage left ventricular endocardial dysfunction of patients with hypereosinophilic syndrome
YamamotoT, TanakaH, KurimotoC, ImanishiT, HayashiN, SaegusaJ, MorinobuA, HirataKI, KawanoS
Int J Cardiovasc Imaging   32(9) 1357-1361   2016年9月   [査読有り]
【腸内細菌学の新潮流-基礎医学的見地から新規治療開発まで-】 腸内細菌と循環器疾患
山下智也, 平田健一
最新医学   71(9) 1795-1801   2016年9月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
心不全診療Q&A エキスパート106人からの回答 / II.心不全診療Q&A 5.慢性心不全の薬物療法 (8)β遮断薬を入れるタイミングはどのように考えたらよいですか? (9)β遮断薬を増量する目安には何を用いればよいでしょうか? (10)β遮断薬はどれくらいまで増量すべきでしょうか?
小林成美, 平田健一
中外医学社   2012年9月   
「冠動脈疾患の病態に迫る」 新・心臓病診療プラクティスシリーズ12 / I.冠動脈プラークの病態に迫る 2.成因に迫る 4)高LDLコレステロール血症/低HDLコレステロール血症の関与.
平田健一 (担当:共著)
文光堂   2008年12月   

講演・口頭発表等

 
2-aminobutyric acid as a newly identified modulator of glutathione homeostasis in failing myocardium [招待有り]
Manabu Nagao, Ryuji Toh, Yasuhiro Irino, Hidekazu Tanaka, Toshiro Shinke, Tatsuro Ishida, Ken-ichi Hirata
第84回 日本循環器学会学術集会   2017年3月   日本循環器学会
We conducted a comprehensive quantification of serum metabolites using gas chromatography-mass spectrometry in patients with atrial septal defect to find clues for understanding myocardial metabolic regulation, and demonstrated that circulating 2-...
Anatomical Feature of the Superior Epigastric Artery for Epicardial Ablation [招待有り]
Yuichi Nagamatsu, Shumpei Mori, Koji Fukuzawa, Kunihiko Kiuchi, Hiroki Konishi, Hirotoshi Ichibori, Hiroshi Imada, Kiyohiro Hyogo, Jun Kurose, Hideya Suehiro, Tomomi Akita, Tatsuya Nishii, Atsushi Kono, Ken-ichi Hirata
第83回日本循環器学会学術大会   2017年3月   日本循環器学会
Anatomical Feature of the Superior Epigastric Artery for Epicardial Ablation [招待有り]
永松 裕一, 森 俊平, 福沢 公二, 木内 邦彦, 藤原 征, 小西 弘樹, 市堀 博俊, 今田 宙志, 兵庫 聖大, 黒瀬 潤, 伊澤 有, 末廣 英也, 秋田 朋己, 西井 達矢, 河野 淳, 平田 健一
第81回日本循環器学会学術集会   2017年3月   日本循環器学会
Aortic Valve Calcification Density Predicts the Hemodynamic Severity of Aortic Stenosis Independently of Aortic Valve Area [招待有り]
Takayoshi Toba, Shumpei Mori, Natsuko Tahara, Yu Izawa, Daisuke Terashita, Hiroki Matsuzoe, Kensuke Matsumoto, Hidekazu Tanaka, Hiromasa Otake, Sei Fujiwara, Toshiro Shinke, Tatsuya Nishii, Atsushi Kono, Ken-ichi Hirata
第85回日本循環器学会学術大会   2017年3月   日本循環器学会
Association of left ventricular function with stages of cancer and concomitant diseases in patients with lymphoma and preserved ejection fraction
畑澤 圭子, 田中 秀和, 野中 顕子, 須藤 麻貴子, 向井 淳, 久松 恵理子, 高田 裕基, 曽我 文隆, 堂國 久美子, 羽渓 優, 松添 弘樹, 下浦 広之, 大岡 順一, 佐野 浩之, 望月 泰秀, 郡山 恵子, 松本 賢亮, 平田 健一
第81回日本循環器学会学術集会   2017年3月   日本循環器学会
Aims: Our aim was to test the hypothesis that cancer-related left ventricular (LV) damage worsened as cancer progresses. We also evaluated if LV dysfunction by cardiotoxicity of anthracycline was associated with stages of cancer and concomitant di...

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 石田 達郎
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 新家 俊郎
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 平田 健一
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 石田 達郎
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2010年       代表者: 石川 雄一