平田 健一

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/31 02:58
 
アバター
研究者氏名
平田 健一
 
ヒラタ ケンイチ
所属
神戸大学
部署
大学院医学研究科 医科学専攻
職名
教授
学位
博士(医学)(神戸大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1992年3月
神戸大学 大学院医学研究科博士課程内科学系専攻修了  
 

委員歴

 
 
   
 
日本循環器病学会  評議員
 
 
   
 
日本動脈硬化学会  評議員
 

受賞

 
2004年4月
財団法人 代謝異常治療研究基金 代謝異常治療研究基金 血管内皮由来リパーゼ(EDL)の脂質代謝と動脈硬化、血管障害に形成過程にはたす役割の解明
 
2003年10月
医科学応用研究財団 医学応用研究財団 血管内皮由来リパーゼ(EDL)の脂質代謝と動脈硬化形成過程にはたす役割の解明
 

論文

 
Analysis of Gut Microbiota in Coronary Artery Disease Patients: a Possible Link between Gut Microbiota and Coronary Artery Disease
EmotoT, YamashitaT, SasakiN, HirotaY, HayashiT, SoA, KasaharaK, YodoiK, MatsumotoT, MizoguchiT, OgawaW, HirataKI
J Atheroscler Thromb      2016年3月   [査読有り]
Left ventricular dyssynergy and dispersion as determinant factors of fatal ventricular arrhythmias in patients with mildly reduced ejection fraction
MatsuzoeH, TanakaH, MatsumotoK, TokiH, ShimouraH, OokaJ, SanoH, SawaT, MotojiY, MochizukiY, RyoK, FukuzawaK, YoshidaA, HirataK
Eur Heart J Cardiovasc Imaging   17(3) 334-42   2016年3月   [査読有り]
Association of Apical Longitudinal Rotation with Right Ventricular Performance in Patients with Pulmonary Hypertension: Insights into Overestimation of Tricuspid Annular Plane Systolic Excursion
MotojiY, TanakaH, FukudaY, SanoH, RyoK, SawaT, MiyoshiT, ImanishiJ, MochizukiY, TatsumiK, MatsumotoK, EmotoN, HirataK
Echocardiography   33(2) 207-15   2016年2月   [査読有り]
Comprehensive Functional Assessment of Right-Sided Heart Using Speckle Tracking Strain for Patients with Pulmonary Hypertension
FukudaY, TanakaH, Ryo-KoriyamaK, MotojiY, SanoH, ShimouraH, OokaJ, TokiH, SawaT, MochizukiY, MatsumotoK, EmotoN, HirataKI
Echocardiography      2016年2月   [査読有り]
Impact of acquired and innate immunity on spinal cord ischemia and reperfusion injury
YamanakaK, SasakiN, FujitaY, KawamotoA, HirataKI, OkitaY
Gen Thorac Cardiovasc Surg      2016年2月   [査読有り]

Misc

 
Is speckle tracking actually helpful for cardiac resynchronization therapy
TanakaH, HirataKI
J Echocardiogr      2016年1月   [査読有り]
【最近の日本人の肥満症-新知見が拓くこれからの肥満症診療】 肥満症のメカニズム 腸内細菌叢と肥満
山下智也, 平田健一
カレントテラピー   34(1号) 33-38   2016年1月
Bedside Teaching 動脈硬化と腸内細菌
江本拓央, 山下智也, 平田健一
呼吸と循環   63(12号) 1209-1215   2015年12月
【腸内細菌は病気とどう関連するか】 腸内細菌と動脈硬化
山下智也, 平田健一
成人病と生活習慣病   45(12号) 1523-1529   2015年12月
【冠動脈イメージングを極める-侵襲的から非侵襲的方法-】 冠動脈病変を治療する イメージングガイドインターベンションを極める OCTガイドPCI
新家俊郎, 大竹寛雅, 平田健一
Coronary Intervention   11(6号) 96-102   2015年11月

書籍等出版物

 
心不全診療Q&A エキスパート106人からの回答 / II.心不全診療Q&A 5.慢性心不全の薬物療法 (8)β遮断薬を入れるタイミングはどのように考えたらよいですか? (9)β遮断薬を増量する目安には何を用いればよいでしょうか? (10)β遮断薬はどれくらいまで増量すべきでしょうか?
小林成美, 平田健一
中外医学社   2012年9月   
「冠動脈疾患の病態に迫る」 新・心臓病診療プラクティスシリーズ12 / I.冠動脈プラークの病態に迫る 2.成因に迫る 4)高LDLコレステロール血症/低HDLコレステロール血症の関与.
平田健一 (担当:共著)
文光堂   2008年12月   

講演・口頭発表等

 
Anatomical dilatation of Superior Vena Cava (SVC) associated with an arrhythmogenic activity induced by SVC scan pacing [招待有り]
Hiroshi Imada, Koji Fukuzawa, Kunihiko Kiuchi, Akinori Matsumoto, Hiroki Konishi, Hirotoshi Ichibori, Kiyohiro Hyogo, Jun Kurose, Ken-ichi Hirata
第80回 日本循環器学会 学術集会   2016年3月   日本循環器学会
A Novel Angiogenic Adipokine Neuregulin-4 Preserves Metabolic Homeostasis by Regulating Adipose Tissue Angiogenesis [招待有り]
Dhite Bayu Nugroho, Koji Ikeda, Agian Jeffilano Barinda, Donytra Arby Wardhana, Ken-ichi Hirata, Noriaki Emoto
第80回日本循環器学会総会   2016年3月   日本循環器学会
Anti-mitochondrial M2 Antibody Positive is a Risk Factor for Atrial Arrhythmia with Impaired Hepatic Function [招待有り]
Hiroki Konishi, Koji Fukuzawa, Kunihiko Kiuchi, Akinori Matsumoto, Hirotoshi Ichibori, Kiyohiro Hyogo, Hiroshi Imada, Jun Kurose, Ken-ichi Hirata
第80回 日本循環器学会 学術集会   2016年3月   日本循環器学会
Characterization of the patients with sustained low oxygen saturation at one year after balloon pulmonary angioplasty. [招待有り]
Kazuhiko Nakayama, Yuto Shinkura, Naoki Tamada, Ken-ichi Yanaka, Yasunori Tuboi, Hidekazu Tanaka, Seimi Kobayashi, Kazuhiro Izawa, Toshiro Shinke, Noriaki Emoto, Ken-ichi Hirata
第80回日本循環器学会総会   2016年3月   日本循環器学会
Comprehensive Functional Assessment of Right-Sided Heart Using Speckle-Tracking Strain for Patients with Pulmonary Hypertension [招待有り]
Yuko Fukuda, Hidekazu Tanaka, Keiko Ryo, Yoshiki Motoji, Hiroyuki Sano, Hiroyuki Shimoura, Junichi Ooka, Hiromi Toki, Takuma Sawa, Yasuhide Mochizuki, Kensuke Matsumoto, Noriaki Emoto, Ken-ichi Hirata
第80回日本循環器学会学術集会   2016年3月   日本循環器学会
Background: Right ventricular (RV) function is an important determinant of outcome for pulmonary hypertension (PH) patients, and elevated right atrial (RA) pressure is reported to be a prognostic factor. The purpose of this study was to evaluate t...

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 石田 達郎
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 新家 俊郎
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 平田 健一
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 石田 達郎
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2010年       代表者: 石川 雄一