水関 博志

J-GLOBALへ         更新日: 14/03/10 14:55
 
アバター
研究者氏名
水関 博志
 
ミズセキ ヒロシ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/fa4920447228ac18529397e50814304c.html
学位
博士(工学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東北大学 金属材料研究所 計算材料学研究部門 准教授
 
2007年
   
 
- 東北大学・金属材料研究所 准教授
 
2005年
 - 
2007年
東北大学・金属材料研究所 助教授
 
1995年
 - 
2005年
東北大学・金属材料研究所 助手
 

学歴

 
 
 - 
1995年
東北大学 工学研究科 材料物性学科
 
 
 - 
1990年
東北大学 工学部 材料物性
 

委員歴

 
2011年
   
 
ナノ学会  理事
 

受賞

 
2000年
(財)金属研究助成会 原田研究奨励賞
 
2002年
(財)青葉工学振興会 第8回研究奨励賞
 
2004年
(財)素材工学研究会 第2回素材工学研究奨励賞
 
1997年
HITACユーザ研究会 一般論文優良賞
 
2007年
日立ITユーザ研究会 一般論文優秀賞
 

Misc

 
分子デバイスに向けた有機分子/金属界面設計
水関博志, 川添良幸
MATERIALS INTEGRATION TIC   20(10) 49-54   2007年
Hiroshi Mizuseki, Yoshiyuki Kawazoe
J. Appl. Phys.   87(9,Pt.1) 4611-4616   2000年
Wang JT, Wang EG, Wang DS, Mizuseki H, Kawazoe Y, Naitoh M, Nishigaki S
Phys. Rev. Lett.   94(22) 226103   2005年
Jiang, F; Zhou, YX; Chen, H; Note, R; Mizuseki, H; Kawazoe, Y
J. Chem. Phys.   125 084710   2006年
N. S. Venkataramanan, R. Sahara, H. Mizuseki, and Y. Kawazoe
J. Phys. Chem. C.   112 19676-19679   2008年

書籍等出版物

 
レアメタルの代替材料とリサイクル 監修・原田幸明、中村崇
シーエムシー出版   2008年   
Nanostructures - Fabrication and Analysis, Edited by H. Nejo
Springer Berlin Heidelberg   2007年   
Pgrogram Tuning for Large-Scale Simulations in Computational Materials Science
1998年   
Numerical Simulation of Oscillatory Thermocapillary Convection in Liquid Bridge
1999年   
Handbook of Theroretical and Computational Nanotechnology (Vol. 10), ed. by M. Reith and W. Schommers
American scientific Publishers   2006年   

講演・口頭発表等

 
Accurate Description of the Physical and Chemical Properties of Hydrogen Hydrates: A Large-Scale Calculation
2nd Gordon Research Conference on Natural Gas Hydrates   2012年   
Micromagnetic Modelling of Granular Materials
The Sixth General Meeting of ACCMS-VO (Asian Consortium on Computational Materials Science - Virtual Organization)   2012年   
Empirical Potential Investigation on Grain Boundaries in Multicrystalline Silicon
The Sixth General Meeting of ACCMS-VO (Asian Consortium on Computational Materials Science - Virtual Organization)   2012年   
Atomistic Modeling on Grain Boundaries in Multicrystalline Silicon for Photovoltaic Cell
MRS Fall 2011   2011年   
First-Principles Calculations on Transport Properties of Nanoscale Molecular Wires
MRS Fall 2011   2011年   

Works

 
大気中二酸化炭素削減のためのガスハイドレート相図作成
2012年 - 2013年
エネルギー資源、貯蔵を実現させるためのガスハイドレート相安定性評価
2011年 - 2013年
第一原理計算と遺伝的アルゴリズムによる分子デバイス用有機分子の探索
2008年 - 2009年
第一原理計算と遺伝的アルゴリズムによる分子デバイス用有機分子の探索と評価
2005年 - 2006年
新しい情報処理プラットフォームのためのアクティブ原子配線網に関する研究
2000年 - 2005年

競争的資金等の研究課題

 
新規水素貯蔵材料設計
新エネルギー技術研究開発費
研究期間: 2007年   
第一原理計算による分子デバイス用材料の設計
研究期間: 2000年   
モンテカルロ直接法によるナノクラスター成長の研究
研究期間: 1998年   
流体計算による単結晶最適作製条件の探索
研究期間: 1995年   
第一原理計算によるエネルギー関連材料評価
本研究グループでは、第一原理計算を主たる評価方法として用い、再生可能エネルギー社会を実現するために必要な材料である太陽電池材料、水素貯蔵材料等の研究を推進している。

特許

 
圧電組成物
特開2008−254961
多値記録媒体及びその記録再生方法
特開平9-259427