田中 一之

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:14
 
アバター
研究者氏名
田中 一之
 
タナカ カズユキ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/24b219b61190ba893feaffb166a3e9d9.html
所属
東北大学
部署
大学院理学研究科 数学専攻
職名
教授
学位
Ph.D.(カリフォルニア大学バークレー校), 理学修士(東京工業大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2013年
   
 
- Annals of Pure and Applied Logic Editor
 
2008年
   
 
科学基礎論学会  理事
 
2012年
 - 
2015年
Association for Symbolic Logic  Councilor
 

Misc

 
A non-standard construction of Haar measure and WKLo
K. Tanaka, T. Yamazaki
Journal of Symbolic Logic   65(1) 173-186   2000年
Some conservation results on weak Koenig's lemma
S.Simpson, K.Tanaka, T.Yamazaki,
Ann. Pure Applied Logic   118 87-114   2002年
The strong soundness theorem for real closed fields and Hilbert's Nullstellensatz in second order arithmetic
N. Sakamoto, K. Tanaka
Archive for Math. Logic   43(3) 337-349   2004年
Eigen-Distribution on Random Assignments for Game Trees
C. Liu, K. Tanaka
Information Processing Letters   142(2) 73-77   2007年
Δ┣D30(/)3┫D3-determinacy, comprehension and induction
M. O. MedSalem, K. Tanaka
Journal of Symbolic Logic   72(2) 452-462   2007年

書籍等出版物

 
チューリングと超パズル
東京大学出版会   2013年   
ゲーデルに挑む
東京大学出版会   2012年   
ゲーデルの定理
みすず書房   2011年   
ゲーデルと20世紀の論理学(ロジック)1 ゲーデルの20世紀
東京大学出版会   2006年   
数の体系と超準モデル
2002年   

講演・口頭発表等

 
Determinacy strength of infinite games in omega-languages recognized by variations of automata
IMS-JSPS Joint Workshop in Mathematical Logic and Foundations of Mathmematic   2016年   
Phase Transition and Reverse Mathematics
日本数学会2015年度年会   2015年   
決定問題の相転移
情報処理学会第77回全国大会   2015年   
Phase Transition and Reverse Mathematics
日本数学会2014年度秋季総合分科会   2014年   
Variants of Infinite Games and Their Strenth
IMS-JSPS Joint Workshop in Mathematical Logic and Foundations of Mathmematic   2014年   

Works

 
高次ランダム性と数理論理学
2014年 - 2016年
数学基礎論のニューフロンティア: 無限の計算的諸相
2011年 - 2013年

競争的資金等の研究課題

 
証明可能性の相転移と逆数学の超臨界
科学研究費補助金
研究期間: 2015年 - 2019年
ランダム性の計算的諸相と超準的手法
科学研究費補助金
研究期間: 2011年 - 2014年
超準解析と計算可能性理論の融合
科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2010年