江原 正博

J-GLOBALへ         更新日: 12/05/03 14:47
 
アバター
研究者氏名
江原 正博
 
エハラ マサヒロ
URL
http://tc.ims.ac.jp/
所属
自然科学研究機構
部署
計算科学研究センター
職名
教授
学位
博士(工学)

研究分野

 
 

受賞

 
2009年
APATCC (Asia-Pacific Association of Theoretical & Computational Chemists) Pople Medal
 
2009年
QSCP (Quantum Systems in Chemistry and Physics) Prize CMOA (Centre de Mecanique Ondulatoire Appliquee)
 

論文

 
Photophysical Properties and Photochemistry of EE-, ZE-, and ZZ- 1,4-dimethoxy-2,5-bis[2-(thien-2-yl)ethyenyl]benzene in Solution: Theory and Experiment
S. Suramitr, S. Phalinyot, P. Wolschann, R. Fukuda, M. Ehara, S. Hannongbua
J. Phys. Chem. A   115 12070-12082   2012年   [査読有り]
K. Bobuatong, S. Karanjit, R. Fukuda, M. Ehara, H. Sakurai
Phys. Chem. Chem. Phys.   14(9) 3103-3111   2012年   [査読有り]
M. Tashiro, K. Ueda, M. Ehara
Chem. Phys. Lett.   521 45-51   2012年   [査読有り]
Enhancement of Catalytic Reactivity of Zinc(II) Complex by a Cyclotriveratrylene-Capped Structure
Y. Makita, K. Ikeda, K. Sugimoto, T. Fujita, T. Danno, K. Bobuatong, M. Ehara, S. Fujiwara, A. Ogawa
J. Organometallic. Chem.   706-707 26-29   2012年   [査読有り]
S. Yamanaka, et al.
Chem. Phys. Lett.   519-520 134-140   2012年   [査読有り]
Mechnism of Aerobic Oxidation of Methanol to Formic Acid on Au8(-): A DFT Study
S. Karanjit, K. Bobuatong, R. Fukuda, M. Ehara, H. Sakurai
Int. J. Quantum Chem.   in press    2012年   [査読有り]
Excited States and Electronic Spectra of Annulated Dinuclear Free-Base Phthalocyanines: a Theoretical Study on Near-IR-Absorbing Dyes
R. Fukuda, M. Ehara
J. Chem. Phys.   136 114304-1-15   2012年   [査読有り]
D. Shimada, R. Kusaka, Y. Inokuchi, M. Ehara, T. Ebata
Phys. Chem. Chem. Phys.   14(25) 8999-9005   2012年   [査読有り]
Photo-isomerization and Proton-coupled Electron Transfer (PCET) Promoted Water Oxidation by Mononuclear Cyclometalated Ruthenium Catalysts
S.K. Padhi, R. Fukuda, M. Ehara, K. Tanaka
Inorg. Chem.   in press    2012年   [査読有り]

書籍等出版物

 
高精度電子状態理論による光機能分子の物性化学
江原 正博、福田 良一 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 15-22)
未来材料、エヌ・ティー・エス   2012年2月   
Development of SAC-CI general-R Method for Theoretical Fine Spectrosocpy in Recent Progress in Coupled Cluster Methods: Theory and Applications, pp. 79-112, edited by P. Carsky, J. Pittner, J. Paldus
Springer, Heidelberg   2010年   
高精度電子状態理論の開発と応用
江原 正博 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 576-578)
化学と工業、日本化学会   2008年6月   
量子化学計算
中辻 博、江原 正博 (担当:分担執筆, 範囲:pp.51-54)
表面物性工学ハンドブック、丸善   2007年   
SAC-CI Method Applied to Molecular Spectroscopy in Theory and Applications of Computational Chemistry: The First 40 Years, pp. 1099-1141, edited by C.E. Dykstra, G. Frenking, K.S. Kim, G.E. Scuseria
Elsevier, Oxford   2005年   

講演・口頭発表等

 
Recent Developments of SAC-CI and Its Applications to Molecular Spectroscopy [招待有り]
江原 正博
The 31st European Congress on Molecular Spectroscopy (EUCMOS)   2012年8月   
Recent Developments and Applications of SAC-CI [招待有り]
江原 正博
The 1st International Workshop on "Computer Simulations of Thermally Excited Molecules and Materials by First Principles   2012年3月   
Theoretical Spectroscopy and Photophysical Chemistry by SAC-CI [招待有り]
江原 正博
Recent Advances in Many-electron Theory II   2011年12月   
Recent Progress and Applications of SAC-CI [招待有り]
江原 正博
The 5th Asian Pacific Conference of Theoretical & Computational Chemistry   2011年12月   
Theoretical Spectroscopy and Photophysical Chemistry Based on Electronic Structure Theory [招待有り]
江原 正博
ENSCP-IMS joint symposium   2011年11月   

競争的資金等の研究課題

 
強相関電子状態と電子共鳴状態の基礎理論の開発と複雑な量子状態への応用
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 江原 正博
マルチスケール・マルチフィジックス現象の統合シミュレーション「超精密予測と巨大分子設計を実現する革新的量子化学と計算科学基盤技術の構築」
JST: CREST
研究期間: 2007年9月 - 2013年3月    代表者: 中辻 博
内殻電子過程の超精密理論分光
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 江原 正博
高精度電子状態理論の開発と励起状態化学への展開
文部科学省: 特定領域研究
研究期間: 2006年4月 - 2010年3月    代表者: 江原 正博
量子的化学原理の深化と実現
文部科学省: 学術創成研究
研究期間: 2002年4月 - 2007年3月    代表者: 中辻 博

その他

 
2009年
「ナノ統合シミュレーションソフトウェア」 江原正博, 計算工学, 15, 2362-2363 (日本計算工学会, 2010)
2009年
「理論化学は化学現象の本質を明らかにし、化学概念を構築する」 江原 正博, 化学, 64, 20-20 (化学同人, 2009)
「理論計算化学の潮流」 中辻 博, 長谷川淳也, 江原 正博, ノーベル賞と化学産業, 三洋化成ニュース, pp. 14-18 (2003).