亀山 幸義

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/20 02:56
 
アバター
研究者氏名
亀山 幸義
所属
筑波大学
部署
システム情報系
職名
教授
学位
博士(工学)(京都大学), 理学修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1987年
 - 
1995年
東北大学 助手
 
1995年
 - 
1997年
京都大学 助手
 
1997年
 - 
2001年
京都大学 助教授
 
2001年
 - 
2005年
科学技術振興機構 「さきがけ」 研究員(兼任)
 
2001年
 - 
2010年
筑波大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年
東京大学 理学部 情報科学科
 
 
 - 
1987年
東京大学 理学系研究科 情報科学
 

受賞

 
1997年
日本ソフトウェア科学会論文賞
 

論文

 
定理証明器Coqの効率的な有限ドメイン関数ライブラリ
Kameyama,Yukiyoshi
情報処理学会論文誌: プログラミング   10(1) 14-28   2017年1月   [査読有り]
Kiselyov, Oleg;Kameyama, Yukiyoshi;Sudo, Yuto
Proceedings of Asian Symposium on Programming Languages and Systems   271-291   2016年11月   [査読有り]
Inoue, Jun; Kiselyov, Oleg; Kameyama, Yukiyoshi
PEPM'16: PROCEEDINGS OF THE 2016 ACM SIGPLAN WORKSHOP ON PARTIAL EVALUATION AND PROGRAM MANIPULATION   103-108   2016年   [査読有り]
Suzuki, Kenichi; Kiselyov, Oleg; Kameyama, Yukiyoshi
PEPM'16: PROCEEDINGS OF THE 2016 ACM SIGPLAN WORKSHOP ON PARTIAL EVALUATION AND PROGRAM MANIPULATION   37-48   2016年   [査読有り]
Automatic Staging via Partial Evaluation Techniques
Kenichi,Asai;Yukiyoshi,Kameyama
Proceedings of the 7th International Symposium on Symbolic Computation in Software Science      2016年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Proceedings of the 5th International Workshop on Functional High-Performance Computing
Duke, David;Kameyama, Yukiyoshi (担当:編者)
ACM   2016年9月   ISBN:9781450344333
Functional and Logic Programming (Proceedings of Seventh International Symposium on Functional and Logic Programming), Lecture Notes in Computer Science 2998
Yukiyoshi, Kameyama;Peter, J. Stuckey (担当:編者)
Springer   2004年4月   
PROGRAMMING LANGUAGES AND SYSTEMS, PROCEEDINGS
Asai, Kenichi;Kameyama, Yukiyoshi
SPRINGER-VERLAG BERLIN   2007年1月   ISBN:9783540766360
FUNCTIONAL AND LOGIC PROGRAMMING
Kameyama, Yukiyoshi;Yonezawa, Takuo
SPRINGER-VERLAG BERLIN   2008年1月   ISBN:9783540789680
AUTOMATED TECHNOLOGY FOR VERIFICATION AND ANALYSIS, PROCEEDINGS
Andrade, Jefferson O.;Kameyama, Yukiyoshi
SPRINGER-VERLAG BERLIN   2008年1月   ISBN:9783540883869

講演・口頭発表等

 
1MLのサブセット言語に対する型システムの構築
渡部,恭久;亀山,幸義
第18回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ ポスター発表   2016年3月7日   
Coq/SSReflect の extraction の改善
坂口,和彦;亀山,幸義
第18回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ ポスター発表   2016年3月7日   
Answer-Type Modification without Tears: Prompt-Passing Style Translation for Typed Delimited-Control Operators
Ikuo,Kobori;Kameyama,Yukiyoshi
Workshop on Continuations 2015   2015年1月22日   European Joint Conferences on Theory and Practice of Software, organizer
We present a typed translation of delimited-control operators shift and reset with Answer-Type modification (ATM) into a familiar language with multi-prompt shift and reset without ATM, which lets us use ATM in standard, mature languages without m...
Optimization of Extracted Programs in Constructive Programming
Yukiyoshi, Kameyama
11th Conference Proceedings, Japan Society for Software Science and Technology____177-180   1994年   
A Type System for Delimited Continuations
Yukiyoshi, Kameyama
Proc. JSSST Workshop on Programming and Programming Languages____4-11   2000年3月   

競争的資金等の研究課題

 
プログラム検証における精製法の研究
国内共同研究
研究期間: 1998年 - 2001年
計算論理の教育システムの研究開発
国内共同研究
研究期間: 1998年 - 2001年
プログラムのメタレベルを表現、操作する機構
出資金による受託研究
研究期間: 2001年 - 2005年
プログラム自動生成とその信頼性に関する研究
東北大学ほか: 国内共同研究
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 亀山幸義
プログラムを科学的に自動生成するためのプログラム言語およびアルゴリズムについて検討する。また、自動生成されたプログラムの信頼性を高める手法について検討する。
多値クリプキ構造に基づく意味論と抽象化の研究
(独)科学技術振興機構: 出資金による受託研究
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 亀山幸義
システムの設計、開発段階での不具合の発見を目的に、 多値クリプケ構造に基づくシステムのモデル化、 それに対するモデル検査法の効率化を図るための抽象化技法 などについて、検討する。