小原 敬士

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/26 12:19
 
アバター
研究者氏名
小原 敬士
 
オハラ ケイシ
URL
http://chem.sci.ehime-u.ac.jp/~struct1/
所属
愛媛大学
部署
大学院理工学研究科 環境機能科学専攻
職名
教授
学位
博士(理学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年5月
 - 
現在
愛媛大学 大学院理工学研究科 教授
 
2007年4月
 - 
2015年4月
愛媛大学 大学院理工学研究科 准教授
 
2006年4月
 - 
2007年3月
愛媛大学 大学院理工学研究科 特任講師
 
1996年4月
 - 
2006年3月
愛媛大学 理学部 助手
 
1996年1月
 - 
1996年4月
京都大学 大学院理学研究科 日本学術振興会特別研究員
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1996年3月
京都大学 大学院理学研究科博士後期課程 化学専攻
 
1987年4月
 - 
1989年3月
大阪大学 大学院理学研究科博士前期課程 無機及び物理化学専攻
 
1983年4月
 - 
1987年3月
大阪大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
2004年4月
 - 
現在
日本分光学会  中国四国支部幹事, 代議員
 
2014年5月
 - 
2016年2月
日本化学会中国四国支部  愛媛地区幹事
 

論文

 
Okujima T, Ando C, Agrawal S, Matsumoto H, Mori S, Ohara K, Hisaki I, Nakae T, Takase M, Uno H, Kobayashi N
Journal of the American Chemical Society   138(24) 7540-7543   2016年6月   [査読有り]
Shin Ichi Nagaoka, Hikaru Endo, Keishi Ohara, Umpei Nagashima
Journal of Physical Chemistry B   119(6) 2525-2532   2015年2月   [査読有り]
© 2014 American Chemical Society. Excited-state intramolecular proton-transfer (ESIPT) and singlet-oxygen (1O2) quenching activities of intramolecularly hydrogen-bonded 1-(acylamino)anthraquinones have been studied by means of static and laser spe...
Yoshimi Sueishi, Masashi Hori, Misa Ishikawa, Keiko Matsu-ura, Erisa Kamogawa, Yusaku Honda, Masakazu Kita, Keishi Ohara
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   54(2) 67-74   2014年3月   [査読有り]
Scavenging rate constants of eight hydrophilic antioxidants, including caffeic acid, chlorogenic acid, genistein, glutathione, N-acetylcysteine, rutin, trolox, and uric acid against multiple ROS, namely superoxide anion, hydroxyl radical, singlet ...
Tomoko Saiki, Shigeki Mori, Keishi Ohara, Toshio Naito
Chemistry Letters   43 1119-1121   2014年1月   [査読有り]
β-DiCC[Ni(dmit)2] (dmit: 1,3-dithiole-2-thione-4,5- dithiolato and DiCC: 3,3'-dihexyloxacarbocyanine) is a chargetransfer salt with redox activity. When voltages are applied, it brings about a reversible, hysteretic, solid-state-electrolytic react...
Hiroki Noma, Keishi Ohara, Toshio Naito
Chemistry Letters   43 1230-1232   2014年1月   [査読有り]
© 2014 The Chemical Society of Japan. [Cu(dmit)2]2-formally consists of a magnetic Cu2+ion (S = 1/2) and closed-shell π-conjugated dmit2-ligands. However, it has been determined by electron spin resonance and molecular orbital calculations that th...
Toshio Naito, Tomoaki Karasudani, Naoki Nagayama, Keishi Ohara, Kensuke Konishi, Shigeki Mori, Takahiro Takano, Yukihiro Takahashi, Tamotsu Inabe, Shota Kinose, Sadafumi Nishihara, Katsuya Inoue
European Journal of Inorganic Chemistry   4000-4009   2014年1月   [査読有り]
The simple molecular salt NMQ[Ni(dmit)2] (NMQ = N-methylquinolinium, dmit = 1,3-dithiol-2-thione-4,5-dithiolate) functions as a diamagnetic insulator with an activation energy Ea(dark) of 0.20 eV. However, at 300 K, it exhibits ca. 40 times higher...
Hisako Sato, Kenji Tamura, Keishi Ohara, Shin Ichi Nagaoka
New Journal of Chemistry   38(1) 132-139   2014年1月   [査読有り]
Mono- and multi-layered films comprised of amphiphilic cationic iridium(iii) complexes hybridized with the exfoliated nanosheets of synthetic saponite were prepared by the modified Langmuir-Blodgett method. Three iridium(iii) complexes with differ...
Tetsuo Okujima, Yoichi Shida, Keishi Ohara, Yuya Tomimori, Motoyoshi Nishioka, Shigeki Mori, Takahiro Nakae, Hidemitsu Uno
Journal of Porphyrins and Phthalocyanines   18 752-761   2014年1月   [査読有り]
Copyright © 2014 World Scientific Publishing Company. A series of O-chelated BODIPYs fused with aromatic rings such as benzene and acenaphthylene at β,β-positions was synthesized as a near-infrared dye. The photophysical properties were examined b...
Tetsuo Okujima, Chie Ando, John Mack, John Mack, Shigeki Mori, Ichiro Hisaki, Takahiro Nakae, Hiroko Yamada, Keishi Ohara, Nagao Kobayashi, Hidemitsu Uno
Chemistry - A European Journal   19(41) 13970-13978   2013年10月   [査読有り]
An acenaphthylene-fused cyclo[8]pyrrole was synthesized by using an oxidative coupling reaction of the corresponding 2,2'-bipyrrole. Two conformational isomers 1 a and 1 b were isolated, and their molecular structures were elucidated by X-ray crys...
Toshio Naito, Tomoaki Karasudani, Keishi Ohara, Takahiro Takano, Yukihiro Takahashi, Tamotsu Inabe, Ko Furukawa, Toshikazu Nakamura
Advanced Materials   24 6153-6157   2012年12月   [査読有り]
An organic insulating crystal reversibly becomes a magnetic conductor under UV irradiation. The rapid and qualitative change in the physical properties is wavelength selective and explained by charge transfer between donor and photochemically acti...

Misc

 
野間博貴, 小原敬士, 山本貴, 内藤俊雄
日本化学会中国四国支部大会講演要旨集   2015 90   2015年11月
小原敬士, 北平有望, 長岡伸一
日本化学会中国四国支部大会講演要旨集   2015 146   2015年11月
野間博貴, 小原敬士, 山本貴, 内藤俊雄
日本化学会講演予稿集   95th(2) 448   2015年3月

書籍等出版物

 
ビタミンE研究の進歩XIII
ビタミンE研究会   2009年   
Kinetic Study of Vitamin E Regeneration Reaction with Catechins (EC, EGC, ECG, and EGCG) in Homogeneous and Micellar Solution
Kazuo Mukai, Shuji Mitani, Souichi Nagai, Keishi Ohara (担当:分担執筆, 範囲:Proceedings of the 3rd China-Japan International Conference on Vitamins', Guilin, China, 2004)
2004年   
ビタミンE研究の進歩Ⅹ
ビタミンE研究会   2002年   
ビタミンE研究の進歩Ⅹ
ビタミンE研究会   2002年   
ビタミンE研究の進歩Ⅸ
ビタミンE研究会   2000年   
CIDEP studies of photochemical reactions at different microwave frequencies, ST0M and ST-M.
Keishi Ohara, Noboru Hirota (担当:分担執筆, 範囲:Modern Applications of EPR/ESR: From Biophysics to Materials Science, Proceedings of the Asia-Pacific EPR/ESR Symposium, 1st, Kowloon, Hong Kong, Jan. 20-24, 1997, p114-122)
Springer-Verlag, Singapore   1998年   

担当経験のある科目

 

Works

 
生物・分子機能性化学における近赤外発光の新展開
2004年

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年4月 - 2017年    代表者: 小原 敬士
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 小原 敬士
希少な天然抽出物質等の一重項酸素消去速度定数を微量の試料で計測するための近赤外発光寿命スポット計測法を開発し、微量溶液やゲル・固形試料に対しファイバープローブの0.4 mmのスポットで抗酸化評価のための計測を可能にした。0.05 mgのカロテノイド異性体やヒドロゲル試料の一重項酸素消去活性の測定に成功した。また、脂溶性香辛料成分のシクロデキストリンによる水溶液分散化による一重項酸素消去活性評価について検討し、水環境化の構造活性相関を明らかにした。一方、1測定10分を要する現状では評価対象や...
飲料・食品のための簡便・短時間で計測可能な抗酸化力評価法の開発
科学技術振興機構(JST): 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)FSステージ探索タイプ
研究期間: 2011年8月 - 2012年3月    代表者: 小原 敬士
飲料サンプル用の標準抗酸化力評価キットの作成と高感度・短時間で試料を測定する計測法の最適化を実施し、含有成分の抗酸化力の簡便迅速な標準評価手法を新たに開発し提案することを目標とする。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 小原 敬士
飲料・食品・化粧品・医薬品などで注目されている分散・懸濁系での天然抗酸化剤による活性酸素種消去ダイナミクスの詳細を明らかにするため、油水分散エマルジョン, 水油分散の逆ミセル系の油水界面で起こる抗酸化反応を過渡吸収法及び一重項酸素(1O_2)近赤外発光寿命法などの時間分解計測を用いて研究した。スーパーオキシドラジカルや1O_2 が天然抗酸化剤により油水界面近傍で消去されるダイナミクスを直接観測することに成功し、反応速度定数が求められた。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 向井 和男
近年、有機強磁性体や有機超伝導体に関する研究が多くの注目を集め、前者では20種、後者では80種に及ぶ例がこれまで見いだされている。しかしながら、強磁性と超伝導性の両機能を併せ持つ分子性強磁性超伝導体はこれまで見出されていない。本研究においては研究代表者の向井がこれまで詳細な磁性研究を行なって来た、安定フェルダジルラジカル(1,3,5-Triphenyl-verdazyl,1,5-diphenyl-3-phenyl-6-oxoverdazylなど)をスピン源とし、導電性分子(TCNQ、Me_...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2003年 - 2006年    代表者: 向井 和男
人の老化は活性酸素・フリーラジカルと脂質、蛋白、核酸などの分子との反応によって引き起こされる。生体内には、ビタミンE(α-,β-,γ-,δ-Tocopherol, TocH)、ユビキノール-10、ビタミンC、ポリフェノール類(フラボン類、カテキン類)などの、種々の抗酸化剤が存在し、活性酸素・フリーラジカルを速やかに消去し、老化を防いでいる。本研究においては、上記の抗酸化剤について、i)フリーラジカル消去作用、ii)ビタミンEラジカル還元・再生作用、iii)一重項酸素(^1O_2)消去作用の...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年4月 - 2005年    代表者: 小原 敬士
本研究は、生体系等の光学的透明性が低い懸濁液で、複数の天然抗酸化剤が含まれる多成分系が示す活性酸素種に対する抗酸化過程の挙動を、蛍光またはESRの時間分解測定により速度論的に研究するための手法確立を目的とする。平成16-17年度の研究実績は以下の通りである。1 蛍光検出ストップトフロー測定装置により、懸濁溶液系での抗酸化反応速度の時間分解法による定量的な測定に初めて成功した。条件検討の結果、モデルフリーラジカル還元体の蛍光増加、或いはビタミンE(VE)等の抗酸化剤の蛍光減少により抗酸化反応...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 長岡 伸一
励起状態における水素結合に沿ったプロトン移動は、正確な測定と定量的理論解析に適している。今回我々は、プロトン移動が重要な役割を示す生理活性物質に我々が提唱している理論モデルを適用できることを見いだした。また、さらに長波長領域の励起状態である一重項酸素消去における分子内水素結合を含む生体関連分子が示す役割を研究すると共に、逆に短波長領域である軟X 線領域にも研究のウイングを広げた。
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 小原 敬士
本研究は、ミセル・脂質二分子膜に導入されたCIDEPスピンプローブを用いて局所場での一重項酸素の寿命を時間分解ESRにより測定することにより、その動態を検討することを目的とする。本年度は本課題を実施するにあたり、以下のことを行った。(1)CIDEPスピンプローブとなるアルキル鎖及びペプチド鎖を持ったニトロキシドラジカル4種を設計・合成し、これがミセル中に取り込まれることを蛍光法及びESR法により確認した。3種の表面電荷の異なるミセル系において、油溶性のキサントン及び水溶性のTPPS(ポルフ...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(B))
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 向井 和男
純有機反強磁性超伝導体或いは純有機強磁性伝導体を得るために、次のような種々の合成と、測定を試みた。1)分子内に正の電荷を有する種々の新規フェルダジルラジカルを合成し、TCNQ、Me_2TCNQ、Cl_2TCNQ、DDQ等の電子受容体との(1:1)及び(1:2)塩を作成した。その磁化率、ESR、伝導度の測定と、結晶構造解析結果から、4種の(1:2)TCNQ塩が純有機磁気半導体であることを見出した。低温での比熱測定を行ない、反強磁性への転移を見出すことを試みた。しかしながら、TCNQ分子間のス...