安浪 誠祐

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/16 16:17
 
アバター
研究者氏名
安浪 誠祐
 
ヤスナミ セイスケ
ハンドル
handle0047051
eメール
yasunamikumamoto-u.ac.jp
所属
熊本大学
部署
大学院先端科学研究部(工学系)
職名
准教授
学位
文学修士(熊本大学)
科研費研究者番号
00290833

研究分野

 
 

経歴

 
2016年6月
 - 
現在
熊本大学大学院先端科学研究部環境科学部門知能情報工学分野 准教授
 
2008年4月
 - 
現在
熊本大学 大学院社会文化科学研究科文化学専攻英語教育職専門コース 准教授
 
2008年4月
 - 
2016年5月
熊本大学 大学教育機能開発総合研究センター 准教授
 
2003年4月
 - 
2008年3月
熊本大学 大学教育機能開発総合研究センター 助教授
 
2002年4月
 - 
2003年3月
熊本大学 文学部CALL教育室 助教授
 
2001年10月
 - 
2002年3月
熊本大学 文学部CALL教育室 助教授(併任)
 
1996年4月
 - 
2002年3月
熊本電波工業高等専門学校 助教授
 
1991年4月
 - 
1996年3月
熊本県立第二高等学校 教諭
 
1984年4月
 - 
1991年3月
熊本県立人吉高等学校 教諭
 
1980年4月
 - 
1984年3月
長崎県立壱岐高等学校 教諭
 

学歴

 
1977年4月
 - 
1980年3月
熊本大学 文学研究科(修士課程) 英文学専攻
 
1973年4月
 - 
1977年3月
熊本大学 法文学部 文学科英語英文学専攻
 

委員歴

 
2009年4月
 - 
現在
日本英文学会九州支部  評議員
 
2009年4月
 - 
現在
熊本大学英文学会  会長
 
2004年4月
 - 
現在
大学英語教育学会九州沖縄支部  研究企画委員、役員
 
2003年4月
 - 
現在
外国語教育メディア学会九州沖縄支部  評議委員
 
2002年4月
 - 
現在
大学英語教育学会九州沖縄支部  ESP研究会代表
 
2003年4月
 - 
2016年3月
外国語教育メディア学会  全国誌紀要査読専門委員
 
2011年4月
 - 
2014年3月
長崎日本大学高等学校  長崎県私学魅力アップ事業運営指導委員
 
2006年4月
 - 
2014年3月
大学英語教育学会  ICT調査研究特別委員会委員
 
2004年4月
 - 
2010年3月
大学英語教育学会  研究担当委員会委員
 
2004年4月
 - 
2007年3月
鹿児島情報高等学校  文部科学省SELHI事業に係わる運営指導委員
 
2004年4月
 - 
2006年3月
大学英語教育学会九州支部  副支部長
 
2002年4月
 - 
2004年3月
大学英語教育学会九州沖縄支部  副幹事(会計)
 
2002年4月
 - 
2004年3月
大学英語教育学会  財務委員会委員
 

受賞

 
2014年11月
熊本大学 熊本大学研究活動表彰
 
2014年8月
International Conference on Web-based Learning Best Paper Award What Psychological Factors Enhance a Language Learning Community? Toward Effective CSCL Design for Language Learning Based on a CoI Framework
受賞者: Yamada, M., Goda, Y., Matsukawa, H., Hata, K. & Yasunami, S.
 
2013年5月
熊本大学 熊本大学研究活動表彰
 
2012年11月
熊本大学 熊本大学教育活動表彰
 
2012年8月
外国語教育メディア学会 2012年度外国語教育メディア学会賞(授業実践賞) ICTを活用した英語学習支援
 
2012年5月
熊本大学 熊本大学研究活動表彰
 
2009年2月
熊本大学 熊本大学教育活動表彰
 

論文

 
Goda, Y., Yamada, M., Matsukawa, H., Hata, K., & Yasunami, S.
Lecture Notes in Computer Science 10108   654-664   2017年2月   [査読有り]
This research aims to investigate the effects of a blended learning approach that combines flipped learning with the jigsaw method of open educational resources for collaborative learning on English as a foreign language (EFL)-related learning anx...
Yamada, Masanori; Goda, Yoshiko; Hata, Kojiro; Matsukawa, Hideya; Yasunami, Seisuke.
CALL communities and culture – short papers from EUROCALL 2016   490-495   2016年12月   [査読有り]
Yamada, M., Goda, Y., Matsukawa, H., Hata, K. & Yasunami, S.
IEEE Multimedia   (23) 48-59   2016年1月   [査読有り]
This study investigated, through both formative and practical evaluation, the relationships among the use of functions in computer-supported collaborative learning (CSCL), psychological factors, and learning behaviors related to applying the Commu...
Goda, Y., Yamada, M., Matsukawa, H., Hata, K. & Yasunami, S.
Proceedings of ICCE 2015   591-595   2015年12月   [査読有り]
This research reported on a trial practice of a flipped jigsaw collaborative learning (flipped jigsaw) of English as a foreign language (EFL) at a university in Japan. Its design, preparation, implementation, and overall evaluation were introduced...
Goda, Y., Yamada, M., Matsukawa, H., Hata, K. & Yasunami, S.
The Journal of Information and Systems in Education   13(1) 1-7   2014年12月   [査読有り]
This study investigated learners of English as a foreign language (EFL) who engaged in a group discussion and saw how their discussion was affected by a preceding conversation with a chatbot. The chatbot was designed to reflect the Socratic inquir...
Yamada, M., Goda, Y., Matsukawa, H., Hata, K. & Yasunami, S.
Proceedings of ICWL 2014, Lecture Notes in Computer Science 8613   43-55   2014年11月   [査読有り]
The current study investigated the relationship between psychological factors and learning behaviors related to the application of a community of inquiry (CoI) framework for learning English as a foreign language (EFL). An online asynchronous disc...
Yamada, M., Goda, Y., Matsukawa, H., Hata, K., Yasunami, S.
20 Years of EUROCALL: Learning from the Past, Looking to the Future   258-264   2013年12月   [査読有り]
This research aims to develop collaborative language learning systems based on social and cognitive presence for learning settings out of class, and evaluate their effects on learning attitude and performance. The main purpose of this system is fo...
Goda, Y., Yamada, M., Matsukawa, H., Hata, K., & Yasunami, S.
The Proceedings of the 20th International Conference on Computers in Education, ICCE 2012. National Institute of Education, Nanyang Technological University   653-655   2012年8月   [査読有り]
The purposes of this preliminary study are (1) to investigate possible factors for English as a foreign language (EFL) learners' behavior and attitudes towards computer-supported collaborative learning focusing on online discussion. Comment number...
Shozo Yokoyama, Chizuko Suzuki, Seisuke Yasunami, Naoko Kawakita, Ryo Ohba
Input, Process and Product: Developments in Teaching and Language Corpora   83-102   2012年   [査読有り]
ICTとESP: A Report of Three ESP Classes Using ICT
安浪誠祐, 山内ひさ子, 荒木瑞夫
LET Kyushu-Okinawa BULLETIN   (11) 35-52   2011年   [査読有り]
英語ライティング交流はどのような言語学習効果をもたらし得るかー学習者言語の量的分析から見えるもの
荒木瑞夫、白坂佳代、ラーソン、横山彰三、安浪誠祐
LET-Kyushu-Okinawa Bulletin   (9) 1-15   2009年3月   [査読有り]
安浪 誠祐
ESP 教授法に基づく大学専門英語教育のための 効果的シラバスと教材開発の研究   95-100   2005年3月   [査読有り]
Moodleの市民塾における活用 -くまもとインターネット市民塾-
村嶋 亮一 , 吉田 光宏 , 喜多 敏博 , 松葉 龍一 , 安浪 誠祐 , 福岡 壽夫 , 太田 浩樹 , 西 龍史 , 古里 雅博 , 中野 裕司
CIEC会報Computer & Education   18 10-17   2005年   [査読有り]
インターネットと英語教育
安浪 誠祐
熊本電波工業高等専門学校研究紀要   (24) 127-140   1997年3月   [査読有り]
A Study of Shakespeare---The Role of Richard III in the First Tetralogy---
安浪 誠祐
Master thesis   -hande0047051   1980年3月   [査読有り]

Misc

 
ビデオ教材を活用した授業外学修促進の試み
安浪誠祐, 合田美子
大学教育年報、大学教育機能開発総合研究センター   (18) 13-18   2015年3月
外国語科目「英語C-3」及び「英語C-4」初年度実施報告
安浪 誠祐、合田美子
大学教育年報、大学教育機能開発総合研究センター   (17) 39-44   2014年3月
LMSを用いた英語学習支援-高校英語学習支援から大学EMPまで-
安浪誠祐
全国調査から見たICT教育-実践・評価・理論   255-264   2009年
自立した学習者育成のためのオンラインESL学習支援
安浪 誠祐
大学教育の国際化推進プログラム(海外先進教育実践支援)「ラーナーオートノミ―を育てる英語教育改革」報告書   113-127   2007年3月   [依頼有り]
医学・看護英語教育システム構築に向けたコーパス分析-共起検索ツールの開発と特徴および運用について-
安浪 誠祐
大学英語教育学会九州沖縄支部「ESPの研究と実践」   (6) 52-56   2007年3月
IT環境を用いた自立学習支援システム
安浪 誠祐
平成18年度大学改革推進事業、特色ある大学教育支援プログラム、英語コンピテンシーマップ構築に関する報告書      2006年11月   [依頼有り]
CALL教材学習支援のためのWebCTの活用について
安浪誠祐, 高橋幸, 河津秀利
大学教育年報、大学教育機能開発総合研究センター   (8) 5-9   2005年3月
LMSを用いたCALL教材学習支援
安浪誠祐、高橋幸、河津秀利
第3回WebCT研究会論文集   13-16   2005年
医学英語教育のためのニーズ分析
安浪 誠祐
大学英語教育学会九州沖縄支部「ESPの研究と実践」   (4) 89-97   2005年
e-LearningシステムWebCTを用いた英語授業
安浪 誠祐
2004PCカンファレンス論文集、コンピュータ利用教育協議会   388-391   2004年
学習カルテを利用した英語教育支援システムの構築
高橋幸、小林昌博、安浪誠祐、中野裕司
電子情報通信学会技術研究報告思考と言語研究   (LT2004-19-8) 29-33   2004年
医学部英語教材語彙分析-専門学部教員使用教材と英語担当教員自作教材の比較研究-
安浪 誠祐
大学英語教育学会九州沖縄支部「ESPの研究と実践」   (3) 95-100   2004年
ウェブ上のリソースを活用した英語授業
安浪 誠祐
2003PCカンファレンス論文集、コンピュータ利用教育協議会   339-402   2003年
Self-Access型教材を用いたCALL授業
安浪 誠祐
JALT京都支部/同志社大学情報処理共同研究チーム・「ITを利用した外国語教育の改善-2002年JALT京都支部年次大会論文集-」   19-24   2002年
CALL教育についての報告
柏木治美、安浪誠祐、斉藤靖、村里泰昭、池田志郎、樋口康夫
大学教育年報、熊本大学大学教育センター   (5) 44-54   2001年3月
プロジェクト『マルチメディアを活用したコンピュータ支援型外国語学習の導入と教授法の開発』研究報告(2)
樋口康夫、福澤清、島谷浩、登田龍彦、ラスカウスキー、吉田光宏、松永優司、江端正直、桜田一之、梅田泉、森保夫、安浪誠祐
大学教育年報、熊本大学大学教育センター   (4) 55-64   2000年3月
インターネットを活用した専攻科「コミュニケーション英語」について
安浪 誠祐
情報処理教育研究発表会論文集   (20) 99-102   2000年
プロジェクト『マルチメディアを活用したコンピュータ支援型外国語学習の導入と教授法の開発』研究報告
樋口康夫、福澤清、島谷浩、登田龍彦、ラスカウスキー、吉田光宏、松永優司、江端正直、桜田一之、梅田泉、森保夫、安浪誠祐
大学教育年報、熊本大学大学教育センター   (3) 31-34   1999年3月
インターネットを活用した英語学習支援システムについてー電子メールとWWWを用いた英文ホームページの作成
安浪誠祐、石原秀樹、川野富昭、光永武志、塚本倬巳
平成10年度工学・工学教育研究講演会論文集、(財)日本工学教育協会   473-474   1998年
国際理解教育―米国モンタナ州ビッグスカイ高校親善訪問―
安浪 誠祐
熊本県立第二高等学校研究紀要「黎明」   (4) 25-29   1995年3月   [依頼有り]
学力向上をはかるためにー英語教育法改善に関する一考察―
安浪 誠祐
熊本県教育庁高等学校教育課「進路指導」   (11) 31-33   1995年3月   [依頼有り]
平成3年度中学校及び高等学校英語担当教員海外研修(英国6か月)報告
安浪 誠祐
熊本県立第二高等学校研究紀要「黎明」   (1) 2-19   1992年3月   [依頼有り]
Effective Ways of Developing Students' Reading Skills
安浪 誠祐
1-43   1991年11月
平成3年度文部省中学校及び高等学校英語担当教員海外研修プロジェクト成果論文としてLancaster Universityへ提出
富山県立砺波高等学校教育視察報告
安浪 誠祐
熊本県教育庁高校教育課「進路指導」   (7) 80-87   1990年3月   [依頼有り]
平成元年度富山県教育研修報告
安浪 誠祐
熊本県教育委員会「新教育」   (4) 5-6   1989年3月   [依頼有り]
他システムで取得したアンケートのWebCTによるフィードバックシステム
河津秀利、安浪誠祐、中野裕司
第3回日本WebCTユーザカンファレンス予稿集   61-64

書籍等出版物

 
VOA健康と環境レポート 1
安浪誠祐, Richard S. Lavin (担当:共編者)
松柏社   2017年4月   ISBN:978-4-88198-726-1
VOAで知る健康と環境の未来―<チョコレートの健康効果>から<水上農場の役割>まで
安浪誠祐, Richard S. Lavin (担当:共編者)
松柏社   2016年4月   ISBN:978-4-88198-713-1
見て学ぶVOAニュース
安浪誠祐, Richard S. Lavin (担当:共編者)
成美堂   2016年1月   ISBN:978-4-79194-794-2
TOEIC(R)テスト:さらなる一歩
安浪誠祐、Richard S. Lavin (担当:共編者)
朝日出版社   2016年1月   ISBN:978-4-255-15582-1
未来のための健康と環境──〈カフェインと記憶力増進の関係性〉から〈太陽エネルギーの有効利用〉まで
安浪誠祐, Richard S. Lavin (担当:共編者)
松柏社   2015年5月   ISBN:978-4-88198-703-2
楽しく読もう! 総合英語演習2
安浪誠祐, Richard S. Lavin (担当:共編者)
センゲージラーニング(株)   2015年1月   ISBN:978-4-86312-262-8
VOAの健康&環境レポートで世界を知る―オランウータン向けアプリの開発から天候の予測まで
安浪誠祐, Richard S. Lavin (担当:共編者)
松柏社   2014年4月   ISBN:978-4-88198-684-4
映像で見るVOAニュース
安浪誠祐, Richard S. Lavin (担当:共編者)
成美堂   2014年1月   ISBN:978-4-79191-022-9
未来につながる健康と環境
安浪誠祐, Richard S. Lavin (担当:共編者)
松柏社   2013年4月   ISBN:978-4-88198-676-9
楽しく読もう! 総合英語演習
安浪誠祐, Richard S. Lavin (担当:共編者)
センゲージラーニング(株)   2013年1月   ISBN:978-4-86312-224-6
VOA:睡眠障害の原因からチッ素排出量の現状まで
安浪誠祐, Richard S. Lavin (担当:共編者)
松柏社   2012年4月   ISBN:978-4-88198-6
健康と環境を知る-<塩分と健康の関係>から<遺伝子組み換え作物と環境>まで
安浪誠祐, Richard S. Lavin (担当:共編者)
松柏社   2011年4月   ISBN:978-4-99198-6
TOEIC(R)テストはじめの一歩
安浪誠祐, Richard S. Lavin (担当:共編者)
朝日出版社   2011年1月   ISBN:978-4-255-155
21世紀のESP-新しいESP理論の構築と実践
安浪 誠祐 (担当:分担執筆, 範囲:ICTを活用した自律学習支援)
大修館書店   2010年12月   ISBN:978-4-469-14234-1
対話形式で学ぶ英作文
安浪誠祐, Richard S. Lavin (担当:共著)
センゲージラーニング(株)   2010年1月   ISBN:978-86312-096
VOAで知る健康と環境-屋上菜園から牛ゲノム解読まで
安浪誠祐, Richard S. Lavin (担当:共編者)
松柏社   2010年4月   ISBN:978-4-88198-3
VOAに見る健康と環境-アレルギーの原因から地球環境問題まで
安浪誠祐, Richard S. Lavin (担当:共編者)
松柏社   2009年4月   ISBN:978-4-88198-617-2
世界の健康と環境:日常生活から国際的課題まで
安浪誠祐, Richard S. Lavin (担当:共編者)
松柏社   2008年4月   ISBN:978-4-88198-608-0
健康と環境:身近なトピックから国際問題まで
安浪誠祐, Kathleen Brown (担当:共編者)
松柏社   2006年4月   ISBN:978-4-88198-573-1

講演・口頭発表等

 
自律学習を促す理系英語オンライン学習教材の開発
安浪 誠祐
外国語教育メディア学会第57回全国研究大会   2017年8月6日   外国語教育メディア学会
発表者の勤務校では、1年次の全学部ではGeneral Englishとして、リーディング&ライティング、リスニング、スピーキング、CALLを、2年次の理系学部(医学部、薬学部、工学部、理学部)ではEGAPを開講している。2年次の理系学部に対する授業では、市販のTOEIC対策のe-Learning教材を主教材として、発表者がVOAの素材を用いてMoodle上で開発した理系学部向けの教材を副教材として使用している。後者は各学部で学ぶ内容と関連のあるトピックを使って学生が興味を持って学習できるよ...
大学予算削減に伴う英語カリキュラム改革:どうなる全学グローバル人材育成?
安浪 誠祐
大学英語教育学会九州沖縄支部第25回ESP研究会   2017年6月10日   
ICTを活用したアクティブ・ラーニング
安浪 誠祐
熊本高等専門学校熊本キャンパス講演   2017年1月13日   熊本高等専門学校熊本キャンパス
Developing Online Learning Materials for Science Faculties to Facilitate English Learning Online/F2F
YASUNAMI Seisuke
The Third Myanmar –Japan International Symposium   2016年12月4日   Pathein University
知識構成型ジグソー法を取り入れた反転授業支援システムの開発
畑 耕治郎、山田 政寛、合田 美子、松河 秀哉、安浪 誠祐
日本教育工学会第32回全国大会   2016年9月18日   
熊本大学医学部における英語教育改革と今後の展望
安浪 誠祐
大学英語教育学会九州沖縄支部第24回ESP研究会   2016年3月15日   
穴埋め問題を用いた英文聞き取り練習のためのMoodle用アドオンの開発
喜多敏博、安浪誠祐
日本教育工学会第30回全国大会発表論文集   2014年9月19日   
探求の共同体と自己調整学習理論にもとづいた統合的な協調学習支援システム(C^4)の開発と評価
合田美子、山田政寛、松河秀哉、畑耕治郎、安浪誠祐
教育システム情報学会第39回全国大会   2014年9月10日   
学士課程の一環としての理系英語科目の構築とその検証
安浪 誠祐
大学英語教育学会九州沖縄支部第27回研究大会   2014年7月5日   
新カリキュラム科目『理系英語』の検証
安浪 誠祐
大学英語教育学会九州沖縄支部第20回ESP研究会   2014年3月29日   
Chatbotを活用したプレディスカッション活動の批判的思考への影響
合田美子、山田政寛、松河秀哉、畑耕治郎、安浪誠祐
教育システム情報学会第38回全国大会.   2013年9月2日   
アナログとデジタルの融合:教科書とオンライン教材を併用した授業の可能性
安浪 誠祐
外国語教育メディア学会第53回全国研究大会   2013年8月   
ソーシャルラーニングへの適性度基礎調査:CSCL における学習行動と態度の説明要因
合田 美子、山田政寛、松河秀哉、畑耕治郎、安浪誠祐
教育システム情報学会第37回全国大会発表論文集   2013年8月   
MoodleとiPadを併用した英語学習支援の構築と運用
室屋精一朗、安浪誠祐
平成24(2012)年度第41回九州英語教育学会長崎研究大会   2012年12月8日   
新カリキュラム『理系英語』について
安浪 誠祐
大学英語教育学会九州沖縄支部第19回ESP研究会   2012年11月3日   
ソーシャルラーニングへの適性度基礎調査:CSCLにおける学習行動と態度の説明要因
教育システム情報学会第37回全国大会   2012年   
熊本大学新カリキュラム科目『理系英語』について
大学英語教育学会九州沖縄支部ESP研究会第18回研究集会   2012年   
ICTを活用した医学英語学習支援
大学英語教育学会九州沖縄支部ESP研究会第15回研究集会   2010年   
健康と環境をキーワードとした英語教材
大学英語教育学会第49回全国大会   2010年   
The direct application of medical corpora to academic writing: Specialized concordance search interface and Moodle-based courseware
Shozo Yokoyama, Chizuko Suzuki, Seisuke Yasunami, Naoko Kawakita
TALC9: 9th Teaching and Language Corpora Conference   2010年8月   
ICTとESP: 医学英語学習支援を中心に
外国語教育メディア学会九州・沖縄支部第40回九州・沖縄支部研究大会   2010年   
私のMoodle活用法―高校英語学習支援から大学EMPまで
安浪 誠祐
第4回合同研究会(ICT調査特別委員会(JACET)・外国語教育メディア学会(LET)関東支部・オンデマンド授業流通フォーラム(FOLC)・早稲田大学遠隔教育センター)   2009年   
LMSを用いた学習支援について [招待有り]
安浪 誠祐
平成20年度熊本県高等学校教育研究会工業部会第2分科会研修会(電気・電子・情報系)   2009年   
Moodleを用いた英語学習支援(2) [招待有り]
安浪 誠祐
一橋大学英語科主催講演会   2009年   
Moodleを用いた英語学習支援 [招待有り]
安浪 誠祐
一橋大学英語科主催講演会   2009年   
英語力向上推進のためのe-LearningシステムMoodleの活用法と教材作成法 [招待有り]
安浪 誠祐
長崎純心大学言語文化センター&人文学科英語情報学科主催研究会   2009年   
コーパス分析に基づく医学・看護英語ライティングコースウエアの開発
安浪誠祐
大学英語教育学会第48回全国大会   2009年9月   
学外向けのe-Learningシステムを用いた英語学習支援
外国語教育メディア学会第49回全国研究大会   2009年   
LMSを用いた英語学習支援-高校英語学習支援から大学EMPまで
大学英語教育学会九州沖縄支部ESP研究会第13回研究集会   2009年   
熊本大学におけるe-Learningの現状
安浪 誠祐
メディア教育開発センター主催「e-Learningにおけるドロップアウト軽減策に関する研修会」   2008年   
医学・看護英語教育システム構築に向けたコーパス分析 [招待有り]
安浪 誠祐
立命館大学シンポジウム「コーパスと英語教育にまつわる諸問題」   2008年   
e-Learningシステムを用いた英語学習支援 [招待有り]
安浪 誠祐
第6回熊本大学大学教育機能開発総合研究センターゼミナール   2008年   
Web上のリソースを活用したオンライン英語学習 [招待有り]
安浪 誠祐
熊本大学大学院社会文化科学研究科博士前期課程文化学専攻英語教育職コース主催第2回英語教育セミナー   2008年   
自立的な学習を可能にするe-Learningシステムを用いた語学学習支援について [招待有り]
安浪 誠祐
同志社大学言語文化教育研究センターFD講演会   2007年   
EMP-Blended Learningの試み
大学英語教育学会九州沖縄支部ESP研究会第11回研究集会   2007年   
Corpus-based cross-sectional analysis of academic papers in medicine:
Shozo Yokoyama, Chizuko Suzuki, Seisuke Yasunami, Naoko Kawakita
Corpus Linguistics 2007 Conference   2007年   
The discourse of academic writing in medicine and nursing: cross-sectional analysis based on a corpus of EMP(English for medical purposes)
Shozo Yokoyama, Chizuko Suzuki, Seisuke Yasunami, Naoko Kawakita
The 10th Conference of IPrA   2007年   
自立した学習者育成のためのオンラインEFL学習支援
安浪 誠祐
熊本大学国際シンポジウム「グローバル化と21世紀の英語教育―英語教育、ラーナーオートノミー、英語教育専門職の養成における国際的連携」   2006年   
英語教育とe-Learning―e-Learningシステムを活用した英語学習支援 [招待有り]
安浪 誠祐
熊本県高等学校教育研究会英語部会総会   2006年   
共起検索システムの構築と運用、シンポジウム「医学・看護英語教育システム構築に向けたコーパス分析」
大学英語教育学会第45回全国大会   2006年   
Moodleを活用した外国語学習支援-高大連携の可能性を広げる外国語学習支援-
九州言語文化談話会第22回談話会   2006年   
自立した学習者育成のためのオンラインESL学習支援
国際シンポジウム「グローバル化と21世紀の英語教育-英語教育・ラーナーオートノミー・英語教育専門職の養成における国際的連携-   2006年   
Ajax を利用したLMS 小テスト問題作成ツールの開発
杉優一, 喜多敏博, 中野裕司, 安浪誠祐
第4回情報処理学会教育学習支援情報システム研究会   2006年   
Web-based Rapid Authoring Tool for LMS Quiz Creation
SUGI Yuuichi, KITA Toshihiro, YASUNAMI Seisuke and NAKANO Hiroshi
The 7th International Confernece on Information Technology Based Higher Education and Training (ITHET2006)   2006年   
LMSを活用したCALL教材学習支援
第3回WebCT研究会   2005年   
LMSを用いたALC NetAcademy教材学習支援
ALC教育社ワークショップ福岡大会   2005年   
LMSを用いた英語学習支援
大学英語教育学会九州沖縄支部第20回支部研究大会   2005年   
オープンソースMoodleを用いた高校英語学習支援
安浪 誠祐
2005PCカンファレンス   2005年   
コース管理システムを用いたCALL教材学習支援について
外国語教育メディア学会   2005年   
教材作成ツールHot Potatoesを用いたWebCT用テストの作成について
安浪 誠祐
第3回WebCTユーザカンファレンス予稿集   2005年   
LMSを用いたCALL教材学習支援
安浪誠祐, 高橋幸, 河津秀利
第3回WebCT研究会論文集   2005年   
ディクテーション解答に基づく英語学習者のスキル判断
高橋幸, 安浪誠祐
言語処理学会第11回年次大会発表論文集   2005年   
学習カルテを利用した英語教育支援システムの構築
高橋幸, 小林昌博, 安浪誠祐, 中野裕司
電子情報通信学会 技術研究報告 思考と言語 TL2004-19-28   2005年   
学習カルテを利用した英語教育支援システムの構築
電子情報通信学会・思考と言語研究会&早稲田大学・総合研究機構・情報教育研究所共催研究会   2004年   
医学系ESPのためのシラバスと教材開発にむけたニーズ分析
大学英語教育学会第43回全国大会   2004年   
e-LearningシステムWebCTを用いた英語授業
安浪 誠祐
2004PCカンファレンス   2004年   
e-LearningシステムWebCTで利用可能な医学ESP教材の開発
安浪 誠祐
外国語教育メディア学会第44回全国研究大会   2004年   
A Comparative Introduction to Major Course Management System-ATutor, Moodle & WebCT、特にWebCTについて
YASUNAMI Seisuke
全国語学教育学会コンピュータ利用語学学習研究部会第9回年次会議   2004年   全国語学教育学会
熊本大学医学・工学系ESPのためのシラバスと教材作成に向けたニーズ分析
大学英語教育学会九州沖縄支部ESP研究会第5回研究集会   2004年   
e-Learning活用と指導方法 [招待有り]
安浪 誠祐
英語教育の新たな潮流-成果を生む英語教育実践報告-   2004年   
ディクテーション解答に基づく英語学習者のスキル判断
言語処理学会第11回年次大会   2004年   
CALL教材学習支援のためのWebCTの活用について
安浪 誠祐
熊本大学総合情報基盤センター講演会:WebCTの授業への活用実践   2004年   
e-Learningシステムを用いた英語授業
安浪 誠祐
2004PCカンファレンス論文集   2004年   
e-learningの新たな可能性-ALC Net Academyの活用事例から-
安浪誠祐
2003PCカンファレンス   2003年8月   
教育版COEプログラムと英語教育
安浪 誠祐
九州言語文化談話会第17回談話会   2003年   
医学部学生向け英語教材語彙分析
大学英語教育学会第42回全国大会   2003年   
ウェブ上のリソースを活用した英語授業
安浪 誠祐
2003PCカンファレンス   2003年   
熊本大学におけるe-learningの現状:Net Academy
e-learningにおけるドロップアウト軽減策に関する研修会   2003年   
e-learningシステムWebCTを用いた英語授業
九州言語文化談話会第16回談話会   2003年   
ESP入門・再入門---Developments in English for Specific Purposesを読む:第3章 English for Academic Purposes
大学英語教育学会九州沖縄支部ESP研究会第3回研究集会   2003年   
東北大学における医学英語教育
大学英語教育学会九州沖縄支部ESP研究会第4回研究集会   2003年   
Self-Access型教材を用いたCALL授業
2002年度JALT京都支部年次大会   2002年   
CALLの可能性---CALL授業と教官の役割---
第46回熊本大学英文学会   2002年   
学習者の視点から見たCALL授業---CALL授業・教材・自己学習評価---
大学英語教育学会九州沖縄支部第17回研究大会   2002年   
CALL授業と学習者の反応
安浪誠祐
大学英語教育学会九州沖縄支部ESP研究会第2回研究集会   2002年   大学英語教育学会九州沖縄支部ESP研究会
熊本大学のCALL授業について---その現状と課題---
外国語教育メディア学会第34回九州支部研究大会   2002年   
イントラ/インターネットを活用した英語学習 [招待有り]
安浪 誠祐
松下視聴覚教育研究財団主催:九州地区英語教育における「メディアの効果的活用」研修会   2000年   
インターネットを活用した英語学習支援システムについてー電子メールとWWWを用いた英文ホームページの作成
安浪 誠祐
平成10年度工学・工学教育研究講演会論文集、(財)日本工学教育協会   1998年   
インターネットを活用した英語学習
安浪 誠祐
平成9年度九州地区国立高等専門学校教育研究集会   1997年   
マルチメディアを活用した英語教育
安浪 誠祐
平成8年度九州地区国立高等専門学校教育研究集会   1996年   
インターネットと英語教育
安浪 誠祐
九州言語文化談話会第3回談話会   1996年   

Works

 
「理系英語」(医学部、薬学部、工学部、理学部2年必修科目)カリキュラムのシラバス・教材開発・運用管理
安浪 誠祐   教材   2012年4月 - 現在
CALLシステムを用いた科目(1年・2年全学部対象の必修科目)の企画、開発、運用、管理
安浪 誠祐   Webサービス   2001年10月 - 2017年3月
e-Learningシステムを英語学習支援事業による高大・大学間連携
安浪 誠祐   その他   2004年4月 - 2009年3月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省および日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 安浪 誠祐
本研究では、Learning Ownership と社会共有調整学習理論に基づいた, インターネット上のオープン教育資源(Open Educational Resources)を活用したジグソー法反転授業支援システムの開発と評価を行うことを目的としている. 本研究の背景には, 近年, 外国語学習において, 授業外における言語接触機会を増加させる必要性が主張され,情報通信技術(Information & Communication Technology: ICT)が利用されているが, 実質的...
文部科学省および日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 安浪 誠祐
本研究は学習者個々の学習スタイルや援助行動モデルに基づき、外国語学習における授業外学習を促進させるための学習支援環境の構築とその評価を目的としている。本研究を通じて、1)ソーシャルラーニングの適性を予測するための質問項目の抽出、2)探求の共同体(CoI)の認知的存在感と社会的存在感、批判的思考を育成するための支援法の整理、3)これらの成果をもとに学習環境をデザインし、支援システムを開発・評価を行った。評価の結果、本研究で構築した学習環境により、学習者の発言数と発話内容、英語学習への態度、批...
e-Learningシステムを用いた英語学習支援事業による高大連携・大学間連携
熊本大学: 学長裁量経費(地域連携推進経費)
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 安浪 誠祐
e-Learningシステムを用いた英語学習支援事業による高大連携・大学間連携
熊本大学: 学長裁量経費(地域連携推進経費)
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 安浪 誠祐
文部科学省および日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 横山彰三
本研究ではゲノム生命医学、臨床外科学、看護学、公衆衛生学の異なった4分野間の言語的差異を大規模コーパスデータの分析を通して明らかにした。それを基に医学・看護英語リーディング・ライティング用コースウェア、および検索用コンコーダンサーシステムを試作した。 http://kojimakei.jp/english/scientific/scientific2005.pdf
e-Learningシステムを用いた英語学習支援事業による高大連携・大学間連携
熊本大学: 学長裁量経費(地域連携推進経費)
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 安浪 誠祐
e-Learningシステムを用いた英語学習支援事業による高大連携・大学間連携
熊本大学: 学長裁量経費(地域連携推進経費)
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月    代表者: 安浪 誠祐
文部科学省および日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 横山彰三
http://kojimakei.jp/english/scientific/scientific2005.pdf まず、医学、看護、工学の各分野について、分担者所属の各大学でアンケートを実施した。近年のコミュニケーション志向を反映して教育現場のニーズは「話す、聞く」ことが中心と予想したが、かなり違う様相を呈していることが明らかになった。今回の分析結果から判断する限りに於いては、医学、看護、工学のいずれの分野においても、専門教育でもっとも必要とされている英語能力は「読解力」であった。どの分...
e-Learningシステムを用いた英語学習支援
熊本大学: 学長裁量経費(教育充実経費)
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 安浪 誠祐

社会貢献活動

 
長崎県私学魅力アップ事業運営指導員
【助言・指導, 運営参加・支援】  長崎日本大学高等学校  2011年4月1日 - 2014年3月31日
NPO法人「くまもとインターネット市民塾」理事
【助言・指導, 企画, 運営参加・支援】  2006年4月1日 - 2010年3月31日
熊本県中学校英語暗唱大会決勝大会審査委員
【運営参加・支援】  2008年11月
「Moodleを用いた他大学に対するオンラインによる英語学習支援」講師
【講師, 企画】  宮崎大学  2007年10月1日 - 2008年2月29日
文部科学省SELHI事業に係わる運営指導委員
【講師, 助言・指導, 運営参加・支援】  鹿児島情報高等学校  2004年4月1日 - 2007年3月31日
文部科学省採択「英語指導力開発ワークショップ」「e-Learning/CALLの基礎実践」講師
【講師】  鹿児島大学  (鹿児島大学)  2006年12月23日 - 2006年12月24日