原 亨和

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/29 02:49
 
アバター
研究者氏名
原 亨和
 
ハラ ミチカズ
所属
東京工業大学
部署
科学技術創成研究院
職名
教授
学位
博士(理学)(東京工業大学総合理工学研究科電子化学専攻)
科研費研究者番号
70272713

経歴

 
1992年
   
 
-:(株)東芝 研究員
 
1995年
   
 
-:東京工業大学 助手
 
1999年
   
 
-:ペンシルバニア州立大学 博士研究員
 
2000年
   
 
-:東京工業大学 資源化学研究所 助教授
 
2006年
   
 
-:東京工業大学 応用セラミックス研究所 教授
 

学歴

 
 
 - 
1992年
東京工業大学 総合理学研究科 電子化学
 
 
 - 
1987年
東京理科大学 理学部 化学
 

委員歴

 
2001年
 - 
2001年
触媒学会  討論会委員
 

受賞

 
2006年
5th Scientific American 50
 
2003年
東京工業大学挑戦的研究賞
 

Misc

 
Needlelike Crystal Growth and Anisotropic Photochemical Reactivity of Ta3N5 Synthesized in Vacuo
MICHIKAZU HARA
JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C   113(39) 17151-17155   2009年
Preparation of a Sulfonated Porous Carbon Catalyst with High Specific Surface Area
MICHIKAZU HARA
CATALYSIS LETTERS   131(1-2) 242-249   2009年
Preparation of solid acid carbon coating on the surface of TiO2 by photo-CVD of gaseous aromatic hydrocarbons
MICHIKAZU HARA
CATALYSIS COMMUNICATIONS   10(13) 1670-1673   2009年
Akira Nakajima, Katsuhiro Horie, MICHIKAZU HARA, Masaaki Kitano, Toshihiro Isobe, YOSHIKAZU KAMESHIMA, KIYOSHI OKADA
Catalysis Communications   10 1670窶骭€1673   2009年
Adsorption-Enhanced Hydrolysis of beta-1,4-Glucan on Graphene-Based Amorphous Carbon Bearing SO3H, COOH, and OH Groups
MICHIKAZU HARA
LANGMUIR   25(9) 5068-5075   2009年

書籍等出版物

 
木質系有機資源の新展開 II
CMC出版   2009年   
第二世代バイオ燃料の開発と応用展開
CMC出版   2009年   ISBN:978-4-7813-0115-0

講演・口頭発表等

 
Cellulose Saccharification by a Carbon-Based Solid Acid
1st Annual Chemical Sciences and Society Symposium (CS3)   2010年   
Hydrolysis of Cellulose by a Solid Catalyst. Acid Catalyzed Reaction at Solid-Solid Interface
6th World Congress on Catalysis by Acids and Bases   2009年   
「芳香族炭化水素の光重合による炭素系固体強酸の作製と評価」
日本セラミックス協会2009年年会   2009年   
“Preparation of Solid Acid Carbon Coating by Photo-polymerization of Gaseous Aromatic Hydrocarbon”
2nd China-Japan Symposium on Advanced Photocatalytic Materials,   2009年   
カーボン系固体酸を用いたセロオリゴ糖の加水分解
触媒   2008年   

競争的資金等の研究課題

 
バイオフューエルの高効率製造のための固体触媒の創生
研究期間: 2004年   
カーボン太陽電池
研究期間: 2003年