髙木 まさき

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/21 03:00
 
アバター
研究者氏名
髙木 まさき
 
タカギ マサキ
所属
横浜国立大学
部署
大学院教育学研究科 高度教職実践専攻(教職大学院)
職名
教授
学位
教育学修士(筑波大学)

研究分野

 
 
  • 科学教育・教育工学 / 科学教育 / 国語教育

経歴

 
2004年11月
 - 
現在
東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科(兼職教員)
 
2004年4月
 - 
現在
国立大学法人・横浜国立大学・教授・教育人間科学部
 
2001年4月
 - 
現在
横浜国立大学大学院(新)教育学研究科担当
 
2001年1月
 - 
2004年3月
文部科学教官・横浜国立大学・助教授・教育人間科学部
 
1997年10月
 - 
2000年12月
文部教官・横浜国立大学・助教授・教育人間科学部
 

学歴

 
 
 - 
1987年
筑波大学 教育学研究科 人文科教育(国語)
 
 
 - 
1982年
筑波大学 第二学群 比較文化学類
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
かながわ人づくり推進ネットワーク 監事  幹事
 
2016年4月
 - 
現在
神奈川県立総合教育センターアドバイザリ会議 アドバイザー  県立総合教育センターアドバイザー
 
2014年12月
 - 
2015年3月
「先導的な教育体制構築事業」における新たな学びワーキンググループ委員  ワーキンググループ委員
 
2014年9月
 - 
2015年3月
平成26年度横浜市教育課程研究委員会外部委員  外部委員
 
2014年9月
 - 
2015年3月
「先導的な教育体制構築事業」委託選定に係る企画評価委員  委員
 

受賞

 
2004年8月
読書科学研究奨励賞
 

論文

 
中央教育審議会答申等から見た国語教育の現状と課題
読書科学   58(3) 147-156   2016年10月   [査読有り]
新聞で育まれる言葉の力
新聞研究   (746) 56-60   2013年9月   [招待有り]
「知識基盤社会」の三つの側面から授業改善の視点を考える
産業と教育   (729) 2-7   2013年7月   [招待有り]
他者との関係性を回復する場に
新聞研究   (718) 36-39   2011年5月
「故郷」の〈文脈〉を掘り起こす
田中実、中村龍一、藤井省三、高木まさき
日本文学   59(8) 2-34   2010年8月

Misc

 
「手続き的な操作」を観点とした学力調査問題の分析
高木 まさき
横浜国大国語研究   32 18-26   2014年3月
学習指導の改善と学校経営 -国語科から広がる言語活動の充実
全国連合小学校長会編集 小学校時報   (742) 4-8   2013年6月
「リテラシー」から見た「言語活動の充実」
教育開発研究所 教職研修   (476) 94-96   2012年4月
言語活動」による読書指導
教育開発研究所 教職研修   (475) 77-79   2012年3月
言語活動」による 古典の学習
教育開発研究所 教職研修   (474) 78-80   2012年2月

書籍等出版物

 
「他者」を発見する国語の授業
大修館書店   2001年6月   
はじめて出会う古典 作品集(第二期)
河添房江、青山由紀、ほか (担当:共編者)
光村教育図書   2010年12月   
はじめて出会う古典 作品集(第一期)
河添房江、青山由紀、ほか (担当:共編者)
光村教育図書   2009年12月   
情報リテラシー 言葉に立ち止まる国語の授業
黒田英津子、塩谷京子ほか。 (担当:編者)
明治図書   2009年11月   ISBN:978-4-18-3274
国語科教育実践・研究必携
世羅博昭、有沢俊太郎、甲斐雄一郎
学芸図書   2009年5月   

講演・口頭発表等

 
シンポジウム「生涯学習を見据えた読書指導」
第76回国語教育全国大会   2013年8月6日   
パネルディスカッション「すそ野を広げるために ~NIE発祥の地・静岡からの提言」
日本新聞協会主催 第18回NIE全国大会静岡大会、   2013年7月26日   
「新学習指導要領と新聞活用」
日本NIE学会第7回大会   2010年11月27日   
課題研究「『メディア』から国語教育の研究と実践を展望する(1)」コーディネーター
全国大学国語教育学会第119回鳴門大会   2010年10月31日   
国語科における言語活動の授業づくり
第4回ことばと学びをひらく会研究大会(文部科学省・言語教育文化財団後援)における基調講演   2010年10月23日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
教員養成スタンダードに基づく教員の資質・能力の評価方法及び育成手法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 髙木まさき
「知識基盤社会」に至る国語科の転換とそれを踏まえた言語活動の授業作りに関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年 - 2015年    代表者: 髙木まさき

社会貢献活動

 
さいたま市立下落合小学校の国語力向上研究発表会における記念講演の講師
【】  2011年2月
島根県教育研究の会における記念講演講師
【】  島根県教育研究の会  (松江市)  2011年1月
島根県教育研究の会において、「今、なぜ言語活動の充実か?」と題して、言語活動のあり方について講演した。
横浜市立六つ川小学校の重点研究会講師
【】  2011年1月
狛江市立狛江第二中学校の研究発表会における講師
【】  2011年1月
相模原市立広陵小学校公開授業研究会における講師
【】  相模原市教育委員会・相模原市立広陵小学校  (相模原市)  2010年12月
神奈川県相模原市立広陵小学校における相模原市教育委員会委託新教育課程研究の公開授業研究会において授業の指導講評とともに、「新しい国語科は何を求めているか」と題して講演した。

その他

 
2005年4月
PISA及び国内国語学力調査の比較を通した新しい読み書き能力の範囲と内容の研究
2003年
国際化、情報化社会が必要とする読み書き能力の範囲と内容
1997年
国際社会における日本語についての総合的研究(文部省科研費創成的基礎研究費)
1995年
教科書の編纂, 発行等教科書制度の変遷に関する調査研究(科研費基礎研究B(1))
1995年
児童生徒の語彙及び漢字の習得に関する調査研究