片田 直伸

J-GLOBALへ         更新日: 11/01/19 00:00
 
アバター
研究者氏名
片田 直伸
 
カタダ ナオノブ
URL
http://www.chem.tottori-u.ac.jp/~niwa/katada/katada_e.htm
所属
鳥取大学
部署
工学部 精密合成化学 鳥取大学大学院工学研究科化学・生物応用工学専攻
職名
助教授・准教授
学位
博士(工学)(名古屋大学), 工学修士
その他の所属
鳥取大学

研究分野

 
 

経歴

 
1990年
 - 
1992年
株式会社日本触媒 中央研究所
 
1992年
 - 
1996年
鳥取大学 助手
 
1996年
 - 
1998年
鳥取大学 講師
 
1998年
 - 
2007年
鳥取大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1990年
名古屋大学 工学研究科 応用化学および合成化学
 
 
 - 
1988年
名古屋大学 工学部 合成化学科
 

委員歴

 
2006年
   
 
ZMPC2006 Organizing, Committee Secretary (2006)
 
2004年
   
 
石油学会表彰選考委員(2004)
 
2006年
   
 
石油学会製油所WG委員(2006)
 
2007年
   
 
石油産業活性化センター超重質油・オイルサンド油等精製・分解技術小委員会委員(2007)
 
2005年
 - 
2007年
触媒学会編集委員(2005-2007)
 

受賞

 
1996年
日本化学会ポスター賞
 
2003年
触媒学会奨励賞
 
2004年
石油学会奨励賞
 

Misc

 
Katsuki Suzuki, German Sastre, Naonobu Katada and Miki Niwa*
Phys. Chem. Chem. Phys.   9(45) 5980-5987   2007年
Katsuki Suzuki*, German Sastre, Naonobu Katada and Miki Niwa
Chem. Lett.   36(8) 1034-1035   2007年
Katsuki Suzuki, Takayuki Noda, Naonobu Katada and Miki Niwa*
J. Catal.   250(1) 151-160   2007年
Naonobu Katada*, Hirofumi Igi, Jong-Ho Kim and Miki Niwa
J. Phys. Chem., B   101(31) 5969-5977   1997年

書籍等出版物

 
Advances in Catalysis and Catalytic Materials for Energy and Environmental Protection
Elsevier   2006年   
固体表面キャラクタリゼーションの実際
講談社   2005年   
Molecular Imprinting of Polymers
Landes Bioscience / Eurekah. Com   2005年   
触媒の事典
朝倉書店   2000年   

Works

 
表面に形状選択的活性点を持つ固体触媒(さきがけ研究21)
2002年 - 2005年
USYゼオライトの酸性質と活性点構造の解析に基づく次世代クラッキング触媒の開発
2005年 - 2008年
触媒調製の標準化プロジェクト第2期:ゼオライトのイオン交換
1999年 - 2001年
触媒分子反応工学:グリーンプロセスの構築に向けて
2001年 - 2003年
ミクロ・メソ多孔性結晶内における新反応場の構築
2001年

競争的資金等の研究課題

 
http://www.chem.tottori-u.ac.jp/~niwa/katada/katada.htm参照

特許

 
シリカマスクの形成方法
JP 3929329
乾燥椎茸判別方法
JP 3485309
Method for producing a silica mask on metal oxide surface
US 260986
アニリン類の製造方法
JP 3470357
赤外スペクトルからの酸点の量・強度算出方法
特願2007-139277