野村 照夫

J-GLOBALへ         更新日: 10/04/09 00:00
 
アバター
研究者氏名
野村 照夫
 
ノムラ テルオ
URL
http://www.cis.kit.ac.jp/~nomura/
所属
京都工芸繊維大学
部署
大学院工芸科学研究科 応用生物学部門
職名
教授
学位
体育学修士(筑波大学), 体育学修士

研究分野

 
 

経歴

 
1983年
 - 
1986年
 大阪工業大学 助手
 
1986年
 - 
1989年
 大坂工業大学 講師
 
1989年
 - 
2002年
 京都工芸繊維大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年
筑波大学 体育研究科 コ-チ学
 
 
 - 
1981年
筑波大学 体育専門学群 体力学
 

委員歴

 
1994年
   
 
京都体育学会  バイオメカニクス専門分科会世話役
 
1997年
   
 
日本水泳・水中運動学会  総務
 
1998年
   
 
日本スポーツ方法学会  編集委員
 

Misc

 
グライダ-操縦適性検査の検討-平衡機能検査について-
野村照夫,辻幸治,片山吉穂
日本学生航空連盟 方向舵   (80) 92-97   1985年
大阪工業大学学生の体格,体力及び運動能力に関する研究
野村照夫,辻幸治,国分大和,積山敬経,浦井良太郎,白井良昌
大阪工業大学紀要 理工篇   29(2) 105-111   1985年
大阪工業大学学生の体格,体力及び運動能力に関する研究(第2報)-運動に対する興味と生活習慣について-
野村照夫,辻幸治,国分大和,積山敬経,浦井良太郎
大阪工業大学紀要 理工篇   30(2) 93-102   1986年
体格、体力に及ぼす体育実技プログラムの影響-(]G0002[)部バドミントンコ-ス選択者について-
積山敬経,辻幸治,国分大和,野村照夫,浦井良太郎
大阪工業大学紀要 人文社会篇   30(1-2) 51-59   1986年
大学男子水泳選手の心理的要因
野村照夫
水泳研究   12(1) 24-31   1987年

書籍等出版物

 
スイミング・ファ-スタ-第3章「バタフライ」第4章「平泳ぎ」第5章「背泳ぎ」第12章「筋力と柔軟性」(E.W.Maglischo 著訳)
ベ-スボ-ル・マガジン社 分担訳、執筆   1986年   
野外活動指導シリ-ズ1 水泳の指導 2-3-4バタフライ 2-4スタ-ト&タ-ン 2-5-3潜水(潜入,潜行)
杏林書院,日本野外教育研究会編 分担執筆及び編集幹事   1990年   
スイミングクラブ指導教本 基礎理論(]G0003[) 水泳と体力
(社)日本スイミングクラブ協会編 分担執筆   1991年   
ビデオ 着衣泳入門 〜水辺の事故を防ぐために〜
(財)リバ-フロント整備センタ- 監修(7人)文部省選定 15分30秒   1992年   
はじめての着衣泳 服を着たまま泳ぐサバイバル・テクニック(共著)
山海堂   1993年   

講演・口頭発表等

 
大学男子水泳選手の泳法別に見た筋力及び形態の比較
日本体育学会第32回大会   1981年   
水泳選手の特性を知るための基礎運動能力テストの検討
日本体育学会第33回大会   1982年   
大学男子水泳選手の水泳パフォ-マンスと体格属性との関係について
日本体育学会第34回大会   1983年   
大学男子水泳選手の水泳パフォ-マンスと基礎運動要素との関係について
第38回日本体力医学会大会   1983年   
歩行速度と各種重量負荷が生体に及ぼす影響について
第38回日本体力医学会大会   1983年   

Works

 
日本選手権水泳競技大会競泳レ-ス分析表
1991年 - 2002年

競争的資金等の研究課題

 
先進的な競泳のスタート・スキルの提案
科学研究費補助金
研究期間: 2008年 - 2010年
競泳のスタート動作をキネマティックおよびキネティックに検討し、よりよいスキルを提案することを目的としている
競泳のレース分析
その他の研究制度
研究期間: 1987年   
競泳のレースのスタート、ターン、フィニッシュの各局面所要時間とストロークの長さ、頻度、速度を検討し、評価する。
ジュニア水泳選手に対する科学支援の検討
その他の研究制度
研究期間: 2004年   
ジュニアスイマーに対して科学的な情報や映像を提供する方法や内容を検討する。
障害者シンクロナイズドスイミングのスキルの検討
研究期間: 2007年   
障害者シンクロの演技にみられるプールパターン等の特性を検討する。
子どもの運動技能の発達に関する研究
その他の試験研究機関
研究期間: 2007年   
児童の運動技能の発達について、達成度や困難度の観点から検討する