丹羽 治樹

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/08 02:53
 
アバター
研究者氏名
丹羽 治樹
 
ニワ ハルキ
eメール
niwaharukiuec.ac.jp
所属
電気通信大学
部署
脳科学ライフサポート研究センター
職名
特任教授
学位
理学博士(名古屋大学)
科研費研究者番号
20135297

プロフィール

1970-1973:トウダイグサ科植物ユズリハのアルカロイドの単離・構造決定・生合成経路の研究
1973-1980:プロスタグランディン・ロイコトリエン類の類縁体の合成と構造活性相関研究
1980-1994:
 1.食用植物ワラビの発癌物質プタキロサイドの単離、構造、全合成、作用機序の生物有機化学的研究。
 2.有毒植物のセスキテルペノイド神経毒(ピクロトキシニン、アニサチン、ピクロトキシニン、
  ツチン、コリアミルチン、アステロムリン)の全合成。
 3.キク科有毒植物のピロリチジンアルカロイド(インテゲリミン、セネシオニン、モノクロタリン)
  の全合成。
1994-2013 :各種発光生物(ホタル、ウミボタル、ヤコウタケ、発光巻貝ラチア、発光クラゲ、
    発光ゴカイOdontosyllis, ベッコウヒカリウミウシなど)の生物発光の分子機構に
    関する生物有機化学的研究。
2013-2014  :生物発光バイオイメージングを利用した脳科学ライフサポート研究

研究分野

 
 

経歴

 
1973年4月
 - 
1980年6月
小野薬品工業(株)中央研究所 研究員
 
1980年6月
 - 
1984年3月
名古屋大学理学部 助手
 
1984年3月
 - 
1994年3月
名古屋大学理学部 助教授
 
1994年4月
 - 
2010年3月
電気通信大学電気通信学部 教授
 
2010年4月
 - 
2013年3月
電気通信大学大学院情報理工学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1971年3月
名古屋大学 理学部 化学科
 
 
 - 
1973年3月
名古屋大学 理学研究科 化学専攻
 

委員歴

 
1988年
 - 
1988年
日本化学会  欧文誌編集委員
 
2001年
 - 
2003年
日本化学会  欧文誌編集委員
 

受賞

 
1987年2月
有機合成化学奨励賞(有機合成化学協会)
 

論文

 
Multicolor Bioluminescence Obtained Using Firefly Luciferin
Masahiro Kiyama, Ryohei Saito, Satoshi Iwano, Rika Obata, Haruki Niwa and Shojiro A. Maki
Current Topics in Medicinal Chemistry   16(24) 2648-2655   2016年   [査読有り]
Here, we characterize the bioluminescent properties of the newly synthesized luciferin analog, AkaLumine-HCl. The bioluminescence produced by AkaLumine-HCl in reactions with native firefly luciferase was red-shifted (λmax = 677 nm), and yielded si...
A luciferin analog achieves highly sensitive deep-tissue imaging using near-infrared bioluminescence (DOI: 10.1038/ncomms11856)
Takahiro Kuchimaru, Satoshi Iwano, Masahiro Kiyama, Shun Mitsumata, Tetsuya Kadonosono, Haruki Niwa, Shojiro Maki, Shinae Kizaka-Kondoh*
Nature Communications   7 11856   2016年   [査読有り]
Here, we characterize the bioluminescent properties of the newly synthesized luciferin analog, AkaLumine-HCl. The bioluminescence produced by AkaLumine-HCl in reactions with native firefly luciferase was red-shifted (λmax = 677 nm), and yielded si...
Spectroscopic properties of BF2 complexes of N-(5-phenyl-2- pyrazinyl)pivalamides exhibiting fluorescence in solution and solid state (http://dx.doi.org/10.1016/j.jphotochem.2015.10.014)
Sojiro Hachiya, Daisuke Hashizume, Hiroshi Ikeda, Minoru Yamaji, Shojiro Maki, Haruki Niwa, and and Takashi Hirano
Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry   331 206-214   2016年   [査読有り]
Boron difluoride (BF2) complexes of N-(5-phenyl-2-pyrazinyl)pivalamide and its derivatives having a substituent on the phenyl group were prepared and their spectroscopic properties were investigated. It was found that the BF2 complexes show fluore...
Fluorescence properties of diphenylthiazolo[4,5-b]pyrazines tuned by donor-acceptor substituent effects
Tatsuki Nakagawa, Minoru Yamaji, Shojiro Maki, Haruki Niwa, and Takashi Hirano
Photochemistry and Photobiology   91(4) 807-813   2015年   [査読有り]
Fluorescence properties of 2,6- and 2,5-diphenylthiazolo[4,5-b]pyrazine (TPy) derivatives having an electron-donating substituent (methoxy and dimethylamino) on the the 6- and 5-phenyl groups were studied. It was found that 2,6-diphenyl derivative...
Synthesis and chemiluminescent properties of6,8-diaryl-2-methylimidazo[1,2-a]pyrazin-3(7H)-ones: Systematicinvestigation of substituent effect at para-position of phenyl group at8-position
Ryota Saito, Takashi Hirano, Shojiro Maki, Haruki Niwa
Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry   293 12-25   2014年   [査読有り]

Misc

 
有機合成における電極反応の応用(共著)
牧昌次郎,丹羽治樹
有機合成化学協会誌   56(9) 725-735   1998年   [査読有り]
植物神経毒アニサチンの合成
丹羽治樹、 山田靜之.
ファルマシア(日本薬学会)   27(7) 924-927   1991年
植物起源の発がん物質の合成
山田靜之、 丹羽治樹、 木越英夫.
化学増刊118「生体機能解明のための化学合成」 化学同人(京都)   191-201   1990年
多官能性天然生理活性物質の全合成.大環状ピロリチジンアルカロイドの全合成
丹羽治樹
有機合成化学協会誌   46(7) 693-703   1988年
ピクロトキサン型セスキテルペノイドの全合成
丹羽治樹、山田静之
有機合成化学協会誌   44(3) 180-190   1986年

書籍等出版物

 
医学のための細胞生物学:コラム「GFPと下村脩先生」
丹羽治樹(コラム執筆分担:監修 永田和宏、塩田浩平) (担当:共著)
南山堂   2009年8月   
岩波:科学 Vol. 71, No. 4 (2009).特集「クラゲ」-オワンクラゲの生物発光機構-
丹羽治樹 (担当:共著, 範囲:クラゲの生物発光)
岩波書店   2009年4月   
天然物化学ー 海洋生物編:  1.2.7「海洋生物の発光現象」
丹羽治樹(執筆分担:監修 山村庄助、長谷川宏司) (担当:共著, 範囲:1.2.7「海洋生物の発光現象)
アイピーシー   2008年6月   
別冊『化学:分子イメージング最前線』  1.4 入門「自然界に光る生き物とその原理」
丹羽治樹(執筆分担) (担当:共著, 範囲:1.4:入門「自然会の”光る生物”とその原理」)
化学同人   2007年4月   
生物物理学ハンドブック: 7.6 生物発光
丹羽治樹(執筆分担) (担当:共著, 範囲:7.6 生物発光)
朝倉書店   2007年4月   

講演・口頭発表等

 
生物発光の化学とその イメージングへの応用
丹羽治樹
平成19年度日本バイオイメージング学会公開講座 「理学と工学が拓くバイオイメージング」 (2007.10.31、東京理科大学野田キャンパス)   2007年10月   平成19年度日本バイオイメージング学会公開講座 「理学と工学が拓くバイオイメージング」 (2007.10.31、東京理科大学野田キャンパス)
ホタルの光~生物の光通信~
丹羽治樹
2005年8月   『夏休み子供のための公開シンポジウム:生物の情報通信を探る』(平成17年度文部科学省「科学研究補助金研究成果公開促進費」補助事業)補助資料(2005.8.9)
生物はなぜ光るのか-生物発光とその応用-
丹羽治樹
第19回「大学と科学」公開シンポジウム 『不思議な生物現象の化学』   2005年1月   第19回「大学と科学」公開シンポジウム 『不思議な生物現象の化学』(2005.1.29)
生物発光、温故知新
丹羽治樹
生物発光化学発光研究会第30学術講演会(東工大大岡山キャンパス, 目黒区)、抄録集PLxx(2013.11.02)   2013年11月   生物発光化学発光研究会第30学術講演会(東工大大岡山キャンパス, 目黒区)、抄録集PLxx(2013.11.02)
生物発光研究の新展開:ラチア、ホタル、発光ゴカイ
丹羽治樹
第八回神奈川ハイテク・リサーチ・センター研究発表会 (神奈川大学、2006.6.10)   2006年6月   第八回神奈川ハイテク・リサーチ・センター研究発表会 (神奈川大学、2006.6.10)

担当経験のある科目

 
 

特許

 
特開昭51-86447 : 特開昭51-86447: 1β,5β-2-オキサ-3-ヒドロキシ-6β-置換メチル-7α-置換オキシ-ビシクロ[3.3.0]オクタン類の製造法
黒野昌庸、丹羽治樹.
特開昭52-53833 : 特開昭52-53833: α置換フェニル・アルカン・カルボン酸の製造法
黒野昌庸、戸田正明、丹羽治樹.
特開昭52-62237 : 特開昭52-62237: α置換フェニル・アルカン・カルボン酸の製造法
黒野昌庸、戸田正明、丹羽治樹、小菅俊士、飯田貴史、成田研一
特開昭52-77027 : 特開昭52-77027: 2-(4-イソブチルフェニル)プロピオン酸
黒野昌庸、戸田正明、丹羽治樹
特開昭52-91847 : 特開昭52-91847: プロスタグランジン関連化合物
小野薬品工業 (株)