井口 義章

J-GLOBALへ         更新日: 06/11/24 00:00
 
アバター
研究者氏名
井口 義章
 
イグチ ヨシアキ
所属
旧所属 名古屋工業大学 大学院工学研究科 つくり領域
職名
教授
学位
工学博士(名古屋大学), 工学修士

研究分野

 
 

経歴

 
1990年
   
 
- 名古屋工業大学大学院教授
 
1979年
 - 
1990年
 名古屋工業大学工学部助教授
 
1970年
 - 
1979年
 名古屋大学工学部助手
 

学歴

 
 
 - 
1970年
名古屋大学 工学研究科 
 
 
 - 
1965年
名古屋工業大学 工学部 金属工学
 

受賞

 
1991年
西山記念賞
 

Misc

 
Highly efficient production of iron carbide by using sulfur bearing high carbon potential gas under pressurized conditions
Institute of Argentina Metallurgy, 3rd Ironmaking Seminar   223-230.   2001年
Melt formation starting temperature in iron ore-coal composite pellet heated at elevated temperatures
Third Japan-Brazil Symposium on dust processing-energy-environment in metallurgical industries   75-91   2001年
Production of iron carbide in CO-CH4-H2-H2O-H2S mixtures in a pressurize fluidized bed
Proceedings of the International Symposium on Greenhouse Gases in the Metallurgical Industries   169-178   2001年
Capability of CO-H2-H2S mixtures to carbidize iron ore reduced at elevated temperatures
2nd International Conference On Processing Materials for Properties   541-546   2000年
石炭チャーあるいは黒鉛を混合した鉄鉱石ペレット加熱時還元・浸炭・溶融挙動
鉄と鋼   87(9) 585-592   2000年

書籍等出版物

 
鉄鋼便覧
日本鉄鋼協会   2002年   
酸化鉄の炭素還元の基礎と応用
日本鉄鋼協会   2001年   

Works

 
鉄鉱石の還元、浸炭ガスとの反応による炭化鉄生成と生成速度の数学モデルの作成
1995年
炭化鉄の生成に及ぼす酸化性ガスの影響
1996年
炭化鉄の生成に及ぼす加圧の影響
1997年
地球環境調和型新素材としての炭化鉄の高効率製造プロセスの開発(炭化鉄生成速度論ならびに炭化鉄の高鉄含有率化)
1998年
気固還元のメゾ機構と細孔デザイン
1999年

競争的資金等の研究課題

 
新鉄源の高効率製造プロセスの開発
還元鉄・炭化鉄を利用する鉄と水素の同時製造プロセス
鉄と水素の同時製造プロセスの開発