山崎 光章

J-GLOBALへ         更新日: 15/04/27 20:44
 
アバター
研究者氏名
山崎 光章
 
ヤマザキ ミツアキ
URL
http://www.toyama-mpu.ac.jp/md/anesth/index.html
所属
富山大学
部署
医学部 医学科 麻酔科学
職名
教授
学位
博士(医学)(*富山医科薬科大学*)

研究分野

 
 

経歴

 
2005年10月
 - 
現在
富山大学医学薬学研究部  麻酔科学講座 教授
 
2000年
 - 
2005年9月
富山医科薬科大学 麻酔科学講座 教授
 
1988年
 - 
2000年
富山医科薬科大学 講師
 
1987年
 - 
1988年
富山医科薬科大学 助手
 
1982年
 - 
1985年
富山医科薬科大学 助手
 

学歴

 
 
 - 
1982年
富山医科薬科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2014年
 - 
現在
日本区域麻酔学会  評議員
 
2011年4月
 - 
現在
日本ペインクリニック学会  理事
 
2005年12月
 - 
現在
日本臨床麻酔学会  評議員
 
2003年
 - 
現在
日本麻酔学会  代議員
 
2002年
 - 
現在
日本心臓血管麻酔学会  理事
 

受賞

 
1994年
山村記念賞
 

論文

 
Mechanisms of cisplatin-induced muscle atrophy.
Sakai H, Sagara A, Arakawa K, Sugiyama R, Hirosaki A, Takase K, Sato AJK, Chiba Y, Yamazaki M, Matoba M, Narita M.
Toxicology and Applied Pharmacology   278(190) 199-199   2014年   [査読有り]
Inhibition of histone deacetylases protects septic mice from lung and splenic apotosis.
akebe M, Oishi H, Taguchi K, Aoki Y, Takashina M, Tomita K, Yokoo H, Takano Y, Yamazaki M, Hattori Y
J Surg Research      2014年   [査読有り]
Analysis of sleep disorders under pain using an optogenetic tool: possible involvement of the activation of dorsal raphe nucleus-serotonergic neurons.
Ito H, Yanase M, Yamashita A, Kitabatake C, Hamada A, Suhara Y, Narita M, Ikegami D, Sakai H, Yamazaki M, Narita M.
Molecular Brain.   6    2013年12月   [査読有り]
痛みの統合的理解と除痛の意義
成田 年、山崎 光章 他
臨床麻酔   36 381-387   2012年   [査読有り]
全身性炎症反応群(SIRS)と頻脈性不整脈、その治療戦略
畠山 登、松田 直之、山崎 光章 他
日本臨床麻酔学会誌   30 765-770   2010年   [査読有り]

Misc

 
釈永 清志, 木本 久子, 山崎 光章, 大隈 信宏, 柳 佑太朗
日本手術医学会誌 = Journal of Japanese Association for Operating Room Technology   34(2) 204-207   2013年5月
釈永 清志, 木本 久子, 山崎 光章
日本手術医学会誌   34(2) 204-207   2013年5月
岩瀬 康子, 佐々木 利佳, 堀川 英世, 釈永 清志, 山崎 光章
日本臨床麻酔学会誌 = The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia   32(2) 214-217   2012年3月
奥野 政一, 酒井 幹緒, 畠山 登, 山崎 光章
日本手術医学会誌 = Journal of Japanese Association for Operating Room Technology   32(4) 375-378   2011年11月
酒井 幹緒, 奥野 政一, 畠山 昇, 山崎 光章
日本手術医学会誌 = Journal of Japanese Association for Operating Room Technology   32(4) 378-380   2011年11月

書籍等出版物

 
高血圧症の合併患者における術前評価と麻酔リスク.麻酔科診療プラックティス8
真興交易(株)医書出版部   2002年   
伝導障害の合併患者における術前評価と麻酔リスク.麻酔科診療プラックティス8
真興交易(株)医書出版部   2002年   
低血圧に対する昇圧薬の選択.麻酔科診療プラックティス9
真興交易(株)医書出版部   2003年   
病的肥満.麻酔科診療プラックティス11
真興交易(株)医書出版部   2003年   
実際の麻酔.術前処置・前投薬.ダイナミックメディシン6
西村書店   2003年   

Works

 
麻薬性鎮痛作用のメカニズムについて
2000年
心筋に対する麻酔薬の作用機序
2000年

競争的資金等の研究課題

 
体内時計である睡眠中枢の機能改善により神経障害性疼痛は軽快するか
科学研究費 基盤研究C
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 山崎 光章
豊かな環境における中枢神経新生を介した慢性疼痛に対する治療戦略
科学研究費 基盤研究B
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月    代表者: 山崎光章
脳内における不安と痛みの相互作用機序解明および新しい慢性疼痛治療法の開発
科学研究費 基盤研究C
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 山崎光章
疼痛下におけるモルヒネ依存不形性に及ぼす脊髄・脳内プロテインキナーゼ(PKC)の役割
科学研究費 基盤研究C
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 山崎 光章
微少(抵抗・容量)血管における膜抵抗,膜電流,EDHFに対する麻酔薬の作用機序
科学研究費 基盤研究B
研究期間: 1999年4月 - 2003年3月    代表者: 山崎 光章