川崎 努

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/18 02:46
 
アバター
研究者氏名
川崎 努
 
カワサキ ツトム
URL
http://nara-kindai.unv.jp/02gakka/interview-staff/ivs06-15.html
所属
近畿大学
部署
農学部 バイオサイエンス学科
職名
教授
学位
博士(農学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
 - 
現在
近畿大学 農学部バイオサイエンス学科 教授
 
1990年
   
 
 (株)三井業際植物バイオ研究所
 
1996年
   
 
 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科・助手
 
2000年
   
 
 在外研究員(米国ノースカロライナ大)
 
2002年
   
 
 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科・助教授
 

学歴

 
 
 - 
1990年
九州大学 農学研究科 農学
 
 
 - 
1988年
九州大学 農学部 農
 

論文

 
Bacterial effector modulation of host E3 ligase activity suppresses PAMP-triggered immunity in rice.
Ishikawa, K., Yamaguchi, K., Sakamoto, K., Yoshimura, S., Inoue, K., Tsuge, S., Kojima, C., and Kawasaki, T
Nature Communications   5(5430)    2014年11月   [査読有り]
Kosami KI, Ohki I, Hayashi K, Tabata R, Usugi S, Kawasaki T, Fujiwara T, Nakagawa A, Shimamoto K, Kojima C
Acta crystallographica. Section F, Structural biology communications   70 113-115   2014年1月   [査読有り]
Selective regulation of chitin-induced defense response by the Arabidopsis receptor-like cytoplasmic kinase PBL27
Shinya, T., Yamaguchi, K., Desaki, Y., Yamada, K., Narisawa, T., Kobayashi, Y., Maeda, K., Suzuki, M., Tanimoto, T., Takeda, J., Nakashima, M., Funama, R., Narusaka, M., Narusaka, Y., Kaku, H., Kawasaki, T., and Shibuya, N.
Plant J   79 56-66   2014年   [査読有り]
Receptor-like cytoplasmic kinases are pivotal components in pattern recognition receptor-mediated signaling in plant immunity.
Yamaguchi K, Yamada K, Kawasaki T
Plant signaling & behavior   8 doi: 10.4161/psb.25662   2013年10月   [査読有り]
Akamatsu A, Wong HL, Fujiwara M, Okuda J, Nishide K, Uno K, Imai K, Umemura K, Kawasaki T, Kawano Y, Shimamoto K
Cell host & microbe   13 465-476   2013年4月   [査読有り]

Misc

 
Starch branching enzymes from immature rice seeds
Mizuno, K., Kimura, Y., Arai, Y., Kawasaki, T., Shimada, H., Baba, T.
J. Biochem   112 643-651   1992年
cDNA sequence and expression of a phosphoenolpyruvate carboxylase gene from soybean
Sugimoto, T., Kawasaki, T., Kato, T., Whittier, R.F., Shibata, D., and Kawamura, Y.
Plant Mol. Biol   20 743-747   1992年
Molecular analysis of the gene encoding a rice starch branching enzyme
Kawasaki, T., Mizuno, K., Baba, T., Shimada, H
Mol. Gen. Genet   237 10-16   1993年
Antisense regulation of the rice waxy gene expression using a PCR-amplified fragment of the rice genome reduces the amylose content in grain starch
Shimada, H., Tada, Y., Kawasaki, T., Fujimura, T.
Theor. Appl. Genet   86 665-672   1993年

書籍等出版物

 
「イネゲノム配列解読で何ができるか」, 「イネゲノム配列解読で何ができるか」
川﨑 努, 矢野昌裕 松岡信 (担当:共著)
農山漁村文化協会   2003年   
Advances in Genetics, Genomics and Control of Rice Blast Disease, Rac GTPase and the regulation of NADPH oxidase in rice innate immunity.
川﨑 努, Hann Ling Wong Ko Shimamoto  (担当:共著)
2008年   

講演・口頭発表等

 
RIN2 interacted with an Arabidopsis disease resistance gene, RPM1 encodes RING finger-type ubiquitin ligase
川﨑 努, B.F.Holt III J.Nam D.Boyes D.Mackey C.Taylor J.L.Dangl
12th International Conference on Arabidopsis Research   2001年   12th International Conference on Arabidopsis Research
RNAiを利用したイネRac遺伝子ファミリーの機能解析
伊藤里香, 川﨑 努, 島本功
日本分子生物学会   2001年   日本分子生物学会
イネ低分子量Gタンパク質OsRac1と相互作用するOsPFD3の機能解析
伊勢良太, 川﨑 努, 長谷川香奈 島本功   
日本分子生物学会   2001年   日本分子生物学会
The heterotrimeric G protein acts upstream of the small GTPase Rac in defense signaling
Suharsono, U., 川﨑 努, Satoh, H. Shimamoto, K.
日本分子生物学会   2001年   日本分子生物学会
イネにおける耐病性シグナル伝達経路のプロテオーム解析
井出香, 川﨑 努, 笠原康裕 島本功
日本分子生物学会   2001年   日本分子生物学会

競争的資金等の研究課題

 
植物免疫における受容体型細胞質キナーゼを介したMAPKカスケードの活性化機構
日本学術振興会: 基盤研究A
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 川崎 努
植物免疫における受容体シグナルのクロストークの分子基盤の解明
文部科学省: 新学術領域研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 川崎 努
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 川崎 努
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 川崎 努
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 川崎 努