山田 勝美

J-GLOBALへ         更新日: 05/12/13 00:00
 
アバター
研究者氏名
山田 勝美
 
ヤマダ カツミ
所属
長崎純心大学
部署
人文学部 現代福祉学科
職名
助教授
学位
修士(社会福祉学)(東洋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
純心女子短期大学 講師
 
 
   
 
長崎純心大学 講師
 
 
   
 
長崎純心大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1995年
東洋大学 社会学研究科 社会福祉学
 
 
   
 
駒澤大学 文学部 社会学科
 

Misc

 
養護施設児童の援助課題明確化への試み
東洋大学大学院紀要   29 173   1992年
21世紀に向けての教護院の課題と展開
非行問題   (204)    1998年
児童養護施設における被虐待・ネグレクト体験児童に関する研究
日本子ども家庭総合研究所紀要   34    1998年
児童養護施設で生活する子どもたちの精神的自立に関する研究(]G0001[)-アタッチメントセオリーを理論的基盤として-
純心現代福祉研究   (4)    1999年
教護院から児童自立支援施設への変革とその課題-児童福祉法改正をふまえて-
犯罪と非行   (118)    1998年

書籍等出版物

 
養護施設においてひろがる売春の現状
現代の売買春と女性   1995年   
施設養護の対象 施設におけるファミリーケースワーク
養護原理総論   1997年   
児童福祉改革と子どもの権利
現代の子どもと福祉   1997年   
慈愛寮を利用した女性たち
慈愛寮を利用した女性たち   1997年   
児童福祉施設における実践過程と課題
福祉実践の理論   1999年   

Works

 
養護施設児童の進路と指導
1996年
児童養護施設における被虐待・ネグレクト体験児童に関する研究
1998年
石井十次と岡山孤児院の養護実践の基礎的研究
2001年
被虐待児の心身の機能回復にむけた家族支援のあり方に関する研究
2003年
要保護年長児童の社会的自立に関する研究

競争的資金等の研究課題

 
アタッチメントセオリ-の児童養護への適用
研究期間: 1997年   
施設児童への悲嘆作業を通しての援助
科学研究費補助金
研究期間: 2001年 - 2002年
児童福祉施設における子どもの権利保障の実態
共同研究
研究期間: 1998年 - 2000年
被虐待児の回復過程に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2007年