本間 恵美子

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/15 03:02
 
アバター
研究者氏名
本間 恵美子
 
ホンマ エミコ
eメール
emhonman-seiryo.ac.jp
所属
新潟青陵大学
部署
福祉心理学部 臨床心理学科
職名
臨床心理学研究科長 教授
学位
文学修士(東北大学)
その他の所属
新潟青陵大学

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
新潟青陵大学 大学院 臨床心理学研究科 教授
 
2015年4月
 - 
現在
新潟青陵大学 福祉心理学部 臨床心理学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1989年3月
東北大学 大学院 文学研究科 心理学専攻 博士後期課程
 

論文

 
Associations between parent's perception of self-help group and their children's social withdrawal in Japan
本間 恵美子, 斎藤まさ子, 内藤守, 田辺生子, 佐藤亨
Psychotherapy & Psychosomatics   84 33   2015年9月   [査読有り]
Relationship between interpersonal tension and social life of socially withdrawn young Japanese people(Hikikomori)
斎藤まさ子, 本間 恵美子, 内藤守, 田辺生子, 佐藤亨
Psyuchotherapy & Pshychosomatics   84 61-62   2015年9月   [査読有り]
斎藤 まさ子, 本間 恵美子, 真壁 あさみ, 内藤 守, Saito Masako, Honma Emiko, Makabe Asami, Naito Mamoru
   2014年3月
平成23-25年度科学研究費補助金基盤研究C: No.23593475
内藤 守, 斎藤 まさ子, 本間 恵美子, 真壁 あさみ, Naito Mamoru, Saito Masako, Honma Emiko, Makabe Asami
新潟青陵学会誌   6(3) 25-33   2014年3月   [査読有り]
The goal of this study is to clarify the process by which fathers of hikikomori children perceive the problem of hikikomori and get to grips with it. Seven fathers participating in the parents' group respondedto semi-structured interviews and thes...
真壁 あさみ, 本間 恵美子, 斎藤 まさ子, 内藤 守, Makabe Asami, Honma Emiko, Saito Masako, Naito Mamoru
新潟青陵学会誌   6(3) 45-52   2014年3月   [査読有り]
斎藤 まさ子, 本間 恵美子, 真壁 あさみ, 内藤 守, 本間 昭子, Masako Saito, Emiko Honma, Asami Makabe, Mamoru Naito, Shoko Honma
新潟青陵学会誌   5(3) 21-29   2013年3月   [査読有り]
The goal of this study is to clarify the experience process up to joining a parents' group, formothers of school refusal children who refused to go to school or university and ended up ashikikomori, refusing to go out at all. Another goal is to ex...
本間 恵美子, Honma Emiko
新潟青陵大学大学院臨床心理学研究   0(5) 43-48   2011年11月   [査読有り]
大学生のボランティア活動の参加・維持に影響する要因
本間 恵美子
文部科学省現代GP メンタルヘルス活動における地域展開 調査研究報告書   5-22   2010年3月
本間 恵美子, 橘 玲子, 伊藤 真理子, 丸山 公男, 齋藤 恵美, 運上 司子, Honma Emiko, Tachibana Reiko, Itoh Mariko, Maruyama Kimio, Saito Megumi, Unjo Shisako
新潟青陵大学大学院臨床心理学研究   2 47-57   2008年10月   [査読有り]
曽山 和彦, 本間 恵美子
秋田大学教育文化学部教育実践研究紀要   28 111-118   2006年4月   [査読有り]
本研究では,教師のメンタルヘルス問題について,校外のサポート機能に焦点を当て,自尊感情及びバーンアウトの視点から検討を行った.本研究の対象は,自主的にカウンセリングを学び合うサポートグループ参加教師25名であり,実験群とした.実験群は,グループヘの10回の参加回数を基準にして,高群と低群の2群に分けた.また,一般の公立学校教師255名を対照群とした.実験群に対しては,自尊感情,バーンアウトを測定する質問紙調査を実施した.対照群に対しては,バーンアウトを測定する質問紙調査を実施した.その結果...
本間 恵美子, 柏谷 美紀, 花屋 道子
カウンセリング研究   38(2) 149-161   2005年6月   [査読有り]
曽山 和彦, 本間 恵美子, 谷口 清
特殊教育学研究   42(1) 23-33   2004年5月   [査読有り]
本研究は、不登校中学生のセルフエスティーム、社会的スキル、ストレス反応の特徴、およびストレス反応に影響を及ぼす要因を明らかにすることを目的とする。病弱養護学校・適応指導教室に通う不登校経験のある中学生21名(不登校群)、および公立中学校に通う中学生95名(登校群)を対象に、セルフエスティーム、社会的スキル、ストレス反応を測定する質問紙調査を実施した。その結果、不登校群は登校群に比べて、社会的スキル下位尺度の友人との関係づくりスキルが低いことが示された。ストレス反応に影響を及ぼす要因として、...
曽山 和彦, 本間 恵美子
秋田大学教育文化学部研究紀要. 教育科学   59 51-61   2004年3月   [査読有り]
In this study, we examined the effects of SGE(Structured Group Encounter) on non-attending students at a junior high school. The subjects are 8 students attending school for children with health impairments and have a tendency not to attend their ...
不登校中学生のself-esteem,社会的スキルがストレス反応に及ぼす影響(共著)
特殊教育学研究   第42巻第1号 22-28    2004年   [招待有り]
臨床心理基礎実習の実際:不登校生徒の成長促進キャンプへの援助者としての参加
本間 恵美子
心理臨床学研究   19(特別号) 43-46   2001年12月   [査読有り]
曽山 和彦, 本間 惠美子, 谷口 清
日本教育心理学会総会発表論文集   (43)    2001年7月
不登校問題に対処する学社融合プログラムへの参加を取り入れた教員養成カリキュラムの開発・研究(共著)
平成11・12年度文部科学省「教員養成カリキュラム改善に関する研究・開発」報告書   167   2001年
本間 恵美子, 三澤 綾子
秋田大学教育文化学部研究紀要. 教育科学   55 41-49   2000年3月   [査読有り]
曽山 和彦, 谷口 清, 本間 恵美子
秋田大学教育文化学部教育実践研究紀要   22 61-70   2000年3月   [査読有り]
阿部 千春, 谷口 清, 本間 恵美子
秋田大学教育学部教育工学研究報告   20 63-76   1998年3月
花屋 道子, 本間 恵美子
秋田大学教育学部研究紀要. 教育科学   51(51) 53-58   1997年3月   [査読有り]
本間 恵美子
秋田大学教育学部教育研究所報   34(34) 17-22   1997年3月   [査読有り]
本間 恵美子
函館大学論究   25(25) 25-55   1994年3月
本間 恵美子, 大橋 英寿
函館大学論究   (24) p13-57   1992年12月
本間 恵美子
函館大学論究   23(23) 1-17   1991年6月
本間 恵美子
函館大学論究   22(22) 1-18   1990年3月
A clinical psychological study of school refusal in adolescence (III): The features of problem and theraputic approach from viewpoint of self-esteem.
本間 恵美子
Tohoku Psychologica Folia   47 37-43   1989年3月   [査読有り]
A clinical psychological study of school refusal in adolescence (I): An approach to adlescent school refusal through a new classification of the cases.
本間 恵美子
Tohoku Psychologica Folia   45 76-88   1987年3月   [査読有り]
Self-esteemの因子分析的一考察(共著)
東北大学学生相談所紀要   (13) 1-17   1986年3月   [査読有り]
展望・青年期不登校の臨床心理学的研究(共著)
宮城県精神衛生センタ-紀要   (13) 1-22   1986年

Works

 
不登校問題に対処する学社融合プログラムへの参加を取り入れた教員養成カリキュラムの開発・研究
2000年 - 2001年

競争的資金等の研究課題

 
バ-ソナリティ特性と対人行動に関する研究
研究期間: 1995年   
対人不安意識に関する研究
研究期間: 1989年   
青年期不適応に関する研究
研究期間: 1984年