中野 聡

J-GLOBALへ         更新日: 11/01/20 00:00
 
アバター
研究者氏名
中野 聡
 
ナカノ サトシ
URL
http://kjsv.sozo.ac.jp/nakano/seminarhp02.htm
所属
豊橋創造大学
部署
情報ビジネス学部
職名
教授,教授
学位
博士(ph. D. イギリス), 修士(西洋史)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1995年
慶應義塾大学 経済学研究科 経済史・社会史
 
 
   
 
Centre for the Study of Social History, University of Warwick  
 
 
   
 
慶應義塾大学 文学部 西洋史
 

Misc

 
技術革新と機械工--19世紀末のイギリス機械産業(修士論文)
学会発表(三田史学会)      1985年
経済変動・社会変化と組合成長
社会経済史学   61(6) 715   1996年
景気受動・社会変化と労働組合の組織化
三田学会雑誌   88(1)    1995年
所有参加と経営参加-イギリスにおける形成と思想
豊橋創造大学紀要   (1) 129   1997年
欧州労使協議会と制度評価のモデル
豊橋創造大学紀要   (2) 145-156   1998年

書籍等出版物

 
【学会刊行書籍】欧州ワークスカウンシルと多国籍企業――情報・協議制度、コーポレートガバナンスと市場経済
社会政策学会編『自己選択と共同性』御茶の水書房   2001年   
【単著】EU社会政策と市場経済――域内企業における情報・協議制度の形成
創土社   2002年   
【共著】'Managing European Works Councils from outside Europe'
Ian Fitzgerald and John Stirling ed., European Works Councils: Pessimism of the intellect, optimism of the will?, London: Routledge.   2003年   
【共著】EUの社会経済政策とリスボン戦略
高屋定美編『EU経済』ミネルヴァ書房   2010年   

講演・口頭発表等

 
EU統合と欧州社会対話
日本EU学会第30回研究大会   2009年   
The European social dialogue: Where does it stand now?
University Association for Contemporary European Studies, Limerick, Ireland   2006年   
The European social dialogue: Where does it stand now?
The third European Union Studies Association Asia-Pacific Conference, Tokyo.   2005年   

Works

 
EU域内多国籍企業における情報・協議制度
1998年 - 2001年
EUソーシャル・ダイアログの現在と未来
2003年

競争的資金等の研究課題

 
近現代ヨーロッパ経済史
EU社会政策
近現代イギリス経済史
西欧コーポラティズムの実証研究