南雲 紳史

J-GLOBALへ         更新日: 14/06/21 02:48
 
アバター
研究者氏名
南雲 紳史
 
ナグモ シンジ
所属
工学院大学
部署
工学部 応用化学科
職名
教授
学位
薬学博士(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2000年
 - 
2000年
米国ミネソタ州立大学化学科博士研究員
 
2000年
 - 
2001年
米国テキサス州立大学オースティン校博士研究員
 
2007年
 - 
2010年
工学院大学応用化学科准教授
 
2010年
 - 
現在
工学院大学応用化学科教授
 

委員歴

 
2003年12月
   
 
日本化学会  
 
1992年8月
   
 
有機合成化学協会  
 
1988年11月
   
 
日本薬学会  
 
2013年2月
 - 
2015年2月
日本薬学会  日本薬学会関東支部幹事
 

Misc

 
Naoki Terayama, Eiko Yasui, Megumi Mizukami, Masaaki Miyashita and Shinji Nagumo
Organic Letters   in press    2014年
Synthesis of 1-(4-Aminobutyl)-2-iminoimidazolidin-4-one Aimed at Preparation of a Creatinine-specific Antibody
Shun-suke Moriya, Naoki Terayama, Kyoko Hiramatsu, Masao Kawakita, Tatsuya Kiryu, Takato Kawanishi, Eiko Yasui, Shinji Nagumo
Chem. Pharm. Bull.   62(4) 350-353   2014年
Synthesis and evaluation of a cyclopropane derivative of DHMEQ
Eiko Yasui, Kan Takayama, Takahiro Nakago, Nobuyuki Takeda, Yasutada Imamura, Shinji Nagumo
Chem. Pharm. Bull.   62(3) 304-307   2014年
A novel method for the synthesis of 3,4-disubstitutedpyrrole-2,5-dicarboxylates from hydrazones derived from α-diazo esters
Eiko Yasui, Masao Wada, Shinji Nagumo, Norio Takamura
Tetrahedron   69(21) 4325-4330   2013年
Novel method for construction of tetrahydro-1-benzazepine and tetrahydro-2-benzazepine based on 7-endo selective FriedeleCrafts cyclization of vinyloxirane
Megumi Mizukami, Koji Wada, Gen Sato, Yusuke Ishii, Norio Kawahara, Shinji Nagumo
Tetrahedron   69(20) 4120-4138   2013年

講演・口頭発表等

 
BH3を用いたエポキシ不飽和エステルの還元的SN2’反応
日本化学会第94春季年会   2014年   
有機銅試薬によるエポキシ2級アルコールの開環反応~保護基 による位置選択性の影響~
日本化学会第94春季年会   2014年   
Prins/Friedel-Craftsタンデム環化反応(2)
日本薬学会第134年会   2014年   
独自の鎖状立体制御法を用いたSekothrixideの合成研究
日本薬学会第134年会   2014年   
BH3によるエポキシ不飽和エステルの還元的SN2'反応を用いた多官能性 Z-アルケン誘導体の合成
第66回有機合成化学協会関東支部シンポジウム   2013年   

競争的資金等の研究課題

 
多環性骨格の立体選択的合成法の開発
研究期間: 2000年