伊藤 達雄

J-GLOBALへ         更新日: 13/01/24 10:17
 
アバター
研究者氏名
伊藤 達雄
 
イトウ タツオ
学位
博士(理学)(東京教育大学), 修士(理学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
名古屋産業大学 学長室 学長,教授,名誉教授(三重大学),南京工業大学名誉教授
 
1962年
 - 
1996年
三重大学(助手・講師・助教授・教授)
 
1996年
 - 
2000年
四日市大学(教授)
 
2000年
   
 
- 名古屋産業大学(学長)
 

学歴

 
 
 - 
1962年
東京教育大学大学院 理学研究科 地理学
 
 
 - 
1956年
東京教育大学 理学部 地理学
 

委員歴

 
1990年
 - 
1998年
日本計画行政学会  常任理事中部支部長
 
1995年
   
 
日本港湾経済学会  理事
 
 
   
 
日本地理学会  (会員)
 
 
   
 
日本経済地理学会  (会員)
 
1985年
   
 
日本不動産学会  評議員
 

受賞

 
1961年
日本観光協会長賞
 

Misc

 
コンテナ港湾としての四日市港の形成と展開
港湾研究   (16) 51-79   1995年
都市総合計画の体系的立案手法に関する研究-三重県津市を事例として-
法経論叢(三重大学社会科学学会)   13(1) 1-22   1995年
急成長するアジアの石油化学産業-インドネシアで四日市コンビナ-トのゆくえを考える-
あすの三重((財)三重社会経済研究センタ-)   (99) 4-13   1995年
「中部一体化論」とその周辺-中部圏開発整備法成立から首都機能移転論まで30年の系譜から-
三重大学「法経論叢」   13(2) 1-36   1996年
わが国国際空港配置政策の系譜にみる名古屋空港の機能の変遷
四日市大学論集   9(2) 29-40   1997年

書籍等出版物

 
都市環境整備論
有斐閣   2001年   
都市と環境の公共政策-日本経済の再生に向けて-(分担執筆)
中央経済社   2002年   
都市環境整備論-地球環境との共生を求めて-(分担執筆)
有斐閣   2001年   
100年後の中部 (編著)
日刊工業新聞社   2002年   

Works

 
持続可能なコンパクト・シティの在り方と実現方策に関する研究
2001年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
環境共生の論理
東南アジアの地域開発
国際協力と地域活性化