高橋 典子

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/17 20:00
 
アバター
研究者氏名
高橋 典子
所属
星薬科大学
部署
衛生化学教室
職名
教授
学位
薬学博士

プロフィール

所属:衛生化学教室
職位:教授
学位:薬学博士
最終学歴:京都大学大学院薬学研究科博士課程
(教育活動:担当授業科目)
社会と保健衛生 (1年生)、代謝とエネルギー (1年生)、化学物質の生体への影響 (3年生)、グローバリゼーション (3年生)、物理化学実習III (3年生)、環境保健学特論III (大学院)<2016年3月15日現在>
(研究活動)
指針:流行の研究はなるべく避け、オリジナリティーのある研究を行う。
概要:生体維持に必須であるビタミンA酸 (レチノイン酸, RA) の新しいメカニズムを解明することによって、新しいターゲットを見出し、そこから病態に対する新しい治療薬を創製する。特に、社会的に大きな問題であり関心の高い癌、老化、生活習慣病に焦点をあてて研究を行ない、これら疾病に対する治療薬と予防薬の開発を最終目標とする。
内容:ビタミンAは視覚の正常化、成長促進作用、感染予防、上皮組織 (皮膚) の機能維持に不可欠な栄養素である。これらに加え多岐の薬理作用 (抗癌、皮膚病予防、神経保護、抗酸化、免疫賦活作用) を有する。特に、ビタミンAの生理活性化体であるRAは急性前骨髄球性白血病患者の治療に使われている。RAの新しい作用メカニズムを解明し、癌を始め皮膚病、神経疾患、生活習慣病に対する新規の医薬品・予防剤の開発のための基盤構築を行う。
1. 癌の治療・予防に関する研究:
1) 抗癌作用メカニズムの解明と抗癌剤のターゲット探索:多岐にわたり劇的な作用を現すRAが特異的受容体 (RAR) を介して抗癌作用を示すと説明されているが、実際には矛盾点も多い。ビタミンAの抗癌作用メカニズムを翻訳後タンパク質修飾 (レチノイレーション、レチノイル化) の観点から明らかにし、抗癌作用の新規ターゲットを見出す。
2) 創薬:RAの研究から新たに得られた知見を応用し、抗癌剤開発を目指した研究を行う。また、有効な抗癌剤であるレチノイドの癌治療における薬剤耐性および副作用の原因を究明し、未だ有効な治療薬のない膵臓あるいは胆道癌 (薬剤抵抗性癌) に対する抗癌剤を創製する
2. 皮膚・胎盤・神経に関する研究:
器官の形成には、細胞増殖・分化・細胞死が時間的・空間的に規則正しくプログラムされている。皮膚・胎盤・神経細胞に着目し、これらの細胞の機能とRAによる分化、細胞周期、アポトーシスメカニズムの制御との関連を明らかにする。
3. 生活習慣病 (糖尿病・高脂血症等) に関する研究:
糖尿病と肥満との相関性はよく知られている。また、RAは脂肪細胞の脂肪蓄積を抑制する。そこで生活習慣病の予防剤・治療薬の開発を目指し、RAによる脂肪蓄積制御のメカニズムを解明して、ダイエットターゲットを見出す。
4. ヘルスフード (サプリメントを含む) に関する研究:
国民の健康度を高めることは、医療費の削減に繋がることはもとより、クオリティ・オブ・ライフを高める。我々は、病気 (癌、糖尿病等) の発症と老化 (皮膚・痴呆等) を防ぐための予防医学的な或いは病気の治療に有効な食品・医薬品素材を探索し、保健機能食品 (特定保健食品・栄養機能食品) の開発を目指す。
(所属学会)
日本レチノイド研究会、日本生化学会、日本分子生物学会、日本薬学会、日本薬学会構造活性相関部会、日本薬学会環境・衛生部会、日本薬学会生物系薬学部会、米国癌学会 (AACR)、米国生化学分子生物学会 (ASBMB)、米国細胞生物学会 (ASCB)
(学内活動:役職・委員等)
薬学科長、環境保全センター長、入試実行委員長、スタッフミーティング委員、ハラスメント防止・対策委員会委員、研究倫理委員会委員、共同研究審査委員会委員、大谷記念研究助成金運営委員会委員、研究助成金等推薦委員会委員、星一賞選考委員会委員、学校法人星薬科大学広報委員会委員、組換えDNA実験安全委員会委員、放射線安全委員会委員、廃棄物対策委員会(廃棄物処理計画策定委員会)委員、廃棄物自主監査委員会委員、教務部委員会委員、入試制度検討委員会委員、入試実行委員会委員長、早期体験学習実施委員会委員、IR委員会委員、FD実施検討委員会委員、学生表彰委員会委員、(独) 日本学生支援機構奨学金返還免除候補者選考委員会委員、認定薬剤師研修制度評価委員会委員、実務実習委員会委員、実習委員会委員、機器購入委員会委員、動物実験委員会委員、動物センター委員会委員<2016年3月15日現在>
(学外活動:委員会委員等)
日本レチノイド研究会幹事、日本薬学会構造活性相関部会幹事、日本生化学会「生化学」企画委員(2001-07)、日本学術振興会専門委員(2003-05)
(受賞歴)
日本薬学会学術振興賞を受賞(2002)、財団法人持田記念医学薬学振興財団第14回研究助成金を受賞(1996)、財団法人内藤記念科学振興財団第28回内藤記念科学奨励金を受賞(1996)、公益信託林女性自然科学者研究助成基金を受賞(1997)、星薬科大学大谷記念研究奨励金を受賞(1998)、財団法人三共生命科学研究振興財団研究助成を受賞(1999)、星薬科大学表彰を受賞(2002)、財団法人三共生命科学研究振興財団研究助成を受賞(2007)
(主な著書・論文)
・TAKAHASHI, N., SAITO, T., GODA, Y., AND TOMITA, K.: Participation of Microsomal Aldehyde Reductase in Long-Chain Fatty Alcohol Synthesis in the Rat Brain, Biochim. Biophys. Acta, 963, 243-247 (1988)
・TAKAHASHI, N., BREITMAN, T. R., SAITO, T. AND ICHIKAWA, A.: The Monocytic Differentiation of HL60 Induced by Rat Kidney NADPH-Linked High-Km Aldehyde Reductase Protein, J. Biol. Chem., 264, 15624-15627 (1989)
・TAKAHASHI, N. AND BREITMAN, T. R.: Retinoic Acid Acylation (Retinoylation) of a Nuclear Protein in the Human Acute Myeloid Leukemia Cell Line HL60, J. Biol. Chem., 264, 5159-5163 (1989)
・TAKAHASHI, N. AND BREITMAN, T. R.: Retinoylation of HL-60 Proteins: Comparison to Labeling by Palmitic and Myristic Acids, J. Biol. Chem., 265, 19158-19162 (1990)
・TAKAHASHI, N., BREITMAN, T. R.: Retinoic Acid Acylation (Retinoylation), Methods Enzymol., 189, 233-238 (1990)
・TAKAHASHI, N., LIAPI, C., ANDERSON, W. B. AND BREITMAN, T. R.: Retinoyaltion of the cAMP-Binding Regulatory Subunits of Type I and Type II cAMP-Dependent Protein Kinases in HL60 cells, Arch. Biochem. Biophys., 290, 293-302 (1991)
・TAKAHASHI, N. AND BREITMAN, T. R.: Covalent Binding to Proteins of Ligands for Steroid Hormone Receptors in HL60 Cells, Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 89, 10807-10811 (1992)
・TAKAHASHI, N. AND BREITMAN, T. R.: Retinoylation of Vimentin in the Human Myeloid Leukemia Cell Line HL60, J. Biol. Chem., 269, 5913-5917 (1994)
・TAKAHASHI, N. AND BREITMAN, T. R.: Retinoylation of Proteins, In: Blomhoff R, ed., Vitamin A in Health and Disease, New York: Marcel Dekker Inc., 257-273 (1994)
・TAKAHASHI, N., SAUSVILLE, E. A. AND BREITMAN, T. R.: N-(4-Hydroxyphenyl) retinamide (Fenretinide) Enhances Retinoic Acid-Induced Differentiation and Retinoylation of Proteins, Clinical Cancer Research, 1, 637-642 (1995)
・TAKATSUKA, J., TAKAHASHI, N. AND DELUCA, L. M.: Retinoic Acid Metabolism and Inhibition of Cell Proliferation: an Unexpected Liaison, Cancer Research, 56, 675-678 (1996)
・TAKAHASHI, N., DELUCA, L. M. AND BREITMAN, T. R.: Decreased Retinoylation in NIH 3T3 Cells Transformed with Activated Ha-ras, Biochem. Biophys. Res. Commun., 239, 80-84 (1997)
・TAKAHASHI, N., FUKUI, T., IWAHORI, A., KUBO, Y., HOSOE, T. AND KAWAI, K.: Induction of Differentiation and Apoptosis in Human Promyelocytic Leukemia HL60 Cell Line by a New Type of Steroids, Exp. Cell Res., 245, 313-320 (1998)
・TAIMI, M., BREITMAN, T. R., AND TAKAHASHI, N.: Isoforms of cyclic AMP-dependent protein kinase in human myeloid leukemia (HL60) and breast tumor (MCF-7) cells, Arch. Biochem. Biophys., 392: 137-144 (2001)
・WADA, M., FUKUI, T., KUBO, Y. AND TAKAHASHI, N.: Characterization of Retinoyl-CoA Synthetase in Rat Tissues, J. Biochemistry, 130(3), 457-463 (2001)
・TAMAGAWA, K., EBINE, T., SHIMIZU, K., MAITANI, Y., FUKUI, T., KAWAI, K. AND TAKAHASHI, N.: Antitumor Efficacy In Vitro and In Vivo of Falconensones, a New Type of Polyene, Clinical Cancer Research, 7, 3551-3558 (2001)
・TAKAHASHI, N., TAMAGAWA, K., KUBO, Y., FUKUI, T., WAKABAYASHI, H. and HONDA, T.: Enhancement of antioxidant activity of p-alkylaminophenols by alkyl chain elongation, Bioorganic Medicinal Chemistry, 1 (15):3255-3260 (2003)
・KUBO, Y., WADA, M., OHBA, T. AND TAKAHASHI, N.: Formation of retinoylated protein from retinoyl-CoA in rat tissue, J. Biochem., 138, 493-500 (2005)
・TAKAHASHI, N., HONDA, T. AND OHBA, T.: Anticancer and superoxide scavenging activities of p-alkylaminophenols having various length alkyl chains, Bioorg. Med. Chem., 14, 409-417 (2006)
・OHBA, T., YAMAUCHI, T., HIGASHIYAMA, K. AND TAKAHASHI, N.: Potent anticancer activities of novel aminophenol analogues against various cancer cell lines, Bioorg Med Chem. 15, 847-53 (2007)
・KUBO, Y., OHBA, T. AND TAKAHASHI, N.: Proteins in human myeloid leukemia cell line HL60 reacting with retinoic acid monoclonal antibodies, J. Biochem., 144, 349-355 (2008)
・TAKAHASHI, N., WATANABE, Y., MAITANI, Y., YAMAUCHI, T., HIGASHIYAMA, K. AND OHBA T.: p-Dodecylaminophenol derived from the synthetic retinoid, fenretinide: Antitumor efficacy in vitro and in vivo against human prostate cancer and mechanism of action, Int. J. Cancer, 122: 689-698 (2008)
・TAKAHASHI, N., AND FUJIU, Y.: Cytokeratins 16 and 10 bind to retinoic acid covalently in skin tissues of mice, Br. J. Dermatol., 162, 974-979 (2010)
・TAKAHASHI, N. AND FUJIU, Y.: Effects of the aminophenol analogue, p-dodecylaminophenol in mouse skin, J. Invest. Dermatol., 130, 1258-1267 (2010)
・TAKAHASHI, N., EGAWA, R., IMAI, M., TAKAHASHI, K., OHBA, T., AND IMAIZUMI, M.: The anti-tumor agent, p-DDAP potently suppresses proliferation through apoptosis in human neuroblastoma NB-39-nu cells, Cancer Lett., 297, 252-258 (2010)
・TAKAHASHI, N. AND TAKASU, S., A close relationship between type 1 diabetes and vitamin A-deficiency and MMP and HAase activities in skin tissues, Exp. Dermatol., 20, 899-904 (2011)
・KATO, E. AND TAKAHASHI, N.: Improvement by sodium dl--tocopheryl-6-O-phosphate treatment of moisture-retaining ability in stratum corneum through increased ceramide levels, Bioorg. Med. Chem., 20(12), 3837-3842 (2012)
・SAGARA, C., TAKAHASHI, K., KAGECHIKA, H. AND TAKAHASHI, N.: Molecular mechanism of 9-cis-retinoic acid inhibition of adipogenesis in 3T3-L1 cells. Biochem Biophys Res Commun. 433, 102-107 (2013)
・TAKAHASHI, N., TAKEDA, K., and IMAI, M.: Inhibitory effects of p-dodecylaminophenol on the invasiveness. Bioorg. Med. Chem., 21, 6015-6021 (2013)
・TAKAHASHI, N., IMAI, M., AND KOMORI, Y., Inhibitory effects of p-aminophenol on melanogenesis, Bioorg. Med. Chem., 22, 4677-4683 (2014)
 

研究分野