WESSELS DAVID

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/28 02:55
 
アバター
研究者氏名
WESSELS DAVID
 
ウェッセルズ デヴィッド
eメール
wesselssophia.ac.jp
URL
http://pweb.cc.sophia.ac.jp/wessels
所属
上智大学
部署
総合グローバル学部総合グローバル学科
職名
教授
学位
学士(セントルイス大学), 修士(ジョージタウン大学), 神学修士(上智大学), 博士(イェール大学)
科研費研究者番号
30053705

プロフィール

英文を参照。

研究分野

 
 

経歴

 
1985年8月
 - 
1986年3月
上智大学 聖三木文庫所長代理
 
1996年4月
 - 
1997年3月
上智大学 外国語学研究科委員長
 
1997年4月
 - 
1999年3月
上智大学 外国語学研究科委員長
 
1999年4月
 - 
2001年3月
上智大学 国際関係研究所長
 
2007年9月
 - 
2008年3月
大東文化大学 非常勤講師
 

学歴

 
1976年9月
 - 
1981年5月
イェール大学 政治学研究科 
 

論文

 
平和の前提ー武器を知ること
コスモポリス   11 87-97   2017年3月   [査読有り]
武器は、 国際関係 、特に 平和と安全保障の分野特に 平和と安全保障の分野永続的に 重要 性を持っ ている 。し か平和の枠組みを可能にする武器 自体 の役割 は、しば 見逃さ れている 。それは、武器 。それは、武器 。それは、武器 の技術 的な むずかしさ、科学研究との複雑 むずかしさ、科学研究との複雑 なつがり 、 また経済・政治軍事の 分野と関連 のせいである。本論文は 国際関係 研究 に おける 武器 、特に核兵器 の重要性 について の意識を高めるたに 新刊書を紹介 する 。
日本外交と宗教についての一考察
コスモポリス   10 41-50   2016年3月   [査読有り]
「宗教」は19世紀後半からの日本外交関係にとって、それ自体が大きな挑戦であった。当時の日本においては、キリスト教は無視できず、日本の神道の伝統は国家総動員と帝国拡大のために利用された。第二次世界大戦での敗戦後を経て国民国家として生まれ変わった日本の再出発は、寛容と宗教の自由に基づいて公共生活の中で主に「世俗的」立場にとどまることで国内的にはまとまっていた。再出発した日本は国際的には対外援助の実質的な貢献や紛争の平和的解決へのコミィトメントに基づいて、協調外交政策を推進してきた。この政策につ...
Cosmopolis
WESSELS DAVID
コスモポリス   (1) 1-2   2007年3月
コスモポリス
デヴィッド・ウェッセルズ
コスモポリス   (1) 3-4   2007年3月
地球政治の力量--環太平洋における文化と公共宗教
WESSELS DAVID
上智大学外国語学部紀要   (40) 123-150   2006年3月

Misc

 
人間の安全保障-アジアの現場から
WESSELS DAVID
発展途上国における人間の安全保障 : アジアとラテンアメリカの比較   7-31   2006年3月
平和研究
WESSELS DAVID
新・国際関係論のすすめ(上智大学国際関係副専攻編)上智大学外国語学部   21-27   2006年3月
アジアにおける人権の新次元ー人間安全保障の視点
WESSELS DAVID
共同研究報告書(2004年度) 「発展途上国における人間の安全保障ーアジアとラテンアメリカの比較ー」   10-36   2005年3月
人権と現代国際政治ー東アジアからの実証分析
WESSELS DAVID
University Microfilms International (No. 8126374), Ph. D. dissertation, Yale Univ.      1981年
社会的価値と戦争と平和の倫理学
WESSELS DAVID
「平和研究」研究会資料IV(上智大学国際関係研究所、川田研究室気付)   (4) 43-55   1974年12月

書籍等出版物

 
WESSELS DAVID
Japanime Co. Ltd. (Manga University)   2014年4月   ISBN:9784921205843
鶴見和子選集(英語版)におけるウェッセルズノ鑑賞文
『外国研究の現在 (きょう) と未来 (あした)』 「人、国、地球」
WESSELS DAVID (担当:共著, 範囲:43-55)
Sophia University Press 上智大学出版 , ぎょうせい (発売)   2010年3月   ISBN:978-4-324-08890-6
国際関係論の導入
『新カトリック大事典 4: ハク-ワン』 「みんしゅしゅぎ 民主主義」
WESSELS DAVID (担当:共著, 範囲:913-914)
研究社   2009年4月   ISBN:978-4-7674-9014-4
大事典の中で、「民主主義」の項目
『Routledge handbook of religion and politics』 (Routledge international handbooks) 「Religion and globalisation」
WESSELS DAVID (担当:共著, 範囲:323-339)
Routledge   2008年11月   ISBN:978-0-415-41455-5
グローバル化と宗教の包括的な紹介
『新カトリック大事典 3: シヤ-ハキ』「アメリカのジョージタウン大学の紹介」
WESSELS DAVID (担当:共著, 範囲:315)
研究社   2002年8月   ISBN:4767490138
アメリカのジョージタウン大学の紹介

講演・口頭発表等

 
政治と社会のための世界学会2015   2015年8月25日   
国際関係論・グローバルスタディーズの新理論の基礎
現代の紛争と平和構築 [招待有り]
デヴィッド・ウェッセルズ
グローバル・スタディーズ最前線シリーズ「現代の紛争と平和構築」   2013年12月11日   上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科国際関係論専攻
国際関係論とへおわ研究における平和構築
近代日本外交における宗教の課題
WESSELS DAVID
アジアの宗教的価値と社会正義   2011年9月27日   
国際政治における宗教
WESSELS DAVID
IPSA会議(カナダ)   2008年4月30日   
グローバルな政治と個別的な宗教
WESSELS DAVID
国際政治学会   2006年7月   国際政治学会
国際学会研究発表とパネルの準備

競争的資金等の研究課題

 
日本外交の再検討ー冷戦後アジア太平洋の国際関係における「歴史」と「価値」
上智大学: 
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: デヴィッド・ウェッセルズ
報告書
宗教と国際政治
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: ウェッセルズ・デヴィッド
グローバル化に向かう宗教のパネル
開発途上国における人間の安全保障ーアジアとラテンアメリカの比較ー
日本私立学校振興・共済事業団: 
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 今井恵子
報告書 発展途上国における人間の安全保障ーアジアとラテンアメリカの比較ー
グローバライゼーションと人間の安全保障
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 濱田壽一(2003年度)
予防外交
研究期間: 2001年   

その他

 
2006年
講演「国際平和と宗教」
2004年3月
宗教と人間の安全保障[研究ノート]
「グローバル化と人間安全保障研究会」の報告書(2004年3月)
2002年6月
「保護する責任」の一視点
グローバライゼーションと人間の安全保障の学内共同研究、
2001年
イエズス会の教育・奉仕の伝統
1999年
国連大学インタナショナル・コース
1999