小池 生夫

J-GLOBALへ         更新日: 09/03/30 00:00
 
アバター
研究者氏名
小池 生夫
 
コイケ イクオ
所属
旧所属 明海大学 外国語学部 英米語学科
職名
教授,名誉教授(慶応義塾大学),外国語学部長(明海大学),大学院応用言語学研究科長(明海大学)
学位
言語学博士(ジョージタウン大学(U.S.A))

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1964年
 - 
2004年
 慶應義塾大学経済学部 教授・明海大学外国語学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1979年
米国ジョ-ジタウン大学大学院 言語学研究科 応用言語学、英語学、理論言語学
 
 
 - 
1963年
国際基督教大学 教育学研究科 英語教育学専攻
 
 
 - 
1954年
東京教育大学 文学部 英語・英米文学科
 

委員歴

 
1991年
 - 
2001年
大学英語教育学会  会長
 
1986年
 - 
1991年
国際應用言語学会  副会長
 
1985年
 - 
現在
日本英文学会  会員
 
1986年
 - 
現在
日本LL教育学会  評議員
 
1992年
 - 
現在
関東甲信越英語教育学会  理事
 

受賞

 
1979年
大学英語教育学会賞
 
2001年
大学英語教育学会より感謝状(学会活動)
 
2003年
大学英語教育学会賞学術賞
 

Misc

 
大学外国語教育論
慶應義塾大学日吉紀要「英語・英文学」   28(29) 263   1996年
21世紀の世界と日本の英語教育
英語展望   (103) 72   1997年
これでよいのか日本人の英語
英語展望   (103)    1997年
応用言語学における言語の役割-その求心性と多様性
明海大学大学院應用言語学研究科紀要   1 11-22   1999年
20世紀の応用言語学から21世紀の応用紀要言語学へ
応用言語学研究(明海大学応用言語学研究科紀要)   (No.2)    2000年

書籍等出版物

 
言語の対照研究(翻訳注)
大修館書店   1974年   
外国語としての英語のHearing能力要因の実証的研究((]G0001[)),((]G0002[)),((]G0003[))
慶應義塾大学   1978年   
1978-1980
心くばりの英語
朝日イブニングニュ-ス社   1984年   
わが国の英語教育の実態と将来像の総合的研究
慶應義塾大学   1990年   
英語科教育実践講座(編著者代表,全18巻)
ニチブン   

Works

 
科学研究費補助金研究基盤研究(A)(1)第2言語習得研究を基盤とする小、中、高、大の連携をはかる英語教育の先導的基礎研究
2004年

競争的資金等の研究課題

 
応用言語学・外国語教育・言語習得
研究期間: 1960年   
日本人の英語習得研究
研究期間: 1972年   
外国語教育政策研究
応用言語学研究総括
研究期間: 1990年