藤谷 道夫

J-GLOBALへ         更新日: 13/09/18 23:18
 
アバター
研究者氏名
藤谷 道夫
 
フジタニ ミチオ
所属
慶應義塾大学
部署
文学部・日吉
職名
教授
学位
文学修士(筑波大学)

プロフィール

広島県出身。西洋古典文学(とりわけラテン文学)から中世イタリア文学(ダンテ)まで幅広く研究している。研究分野は文学に加え、古代・中世の科学・哲学、ギリシャ・ローマ神話、ヘレニズム期のアレゴリー文学、キリスト教神学(14世紀までの教父神学)、レトリックなど。毎月第4土曜日に新宿朝日カルチャーセンターで『神曲』の煉獄篇を
講義中。また第2・第4金曜日は立川朝日カルチャーセンターで地獄篇の終わりを、第1金曜日は横浜朝日カルチャーセンターでは地獄篇の前半を、第3金曜日は花小金井文化
センターで地獄篇の中盤を講義している。趣味はクラシック音楽と映画(とりわけ、
スター・トレックを始めとするSF好き)。息抜きはアメリカンドラマのDVD鑑賞。

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
慶応義塾大学 文学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1991年
筑波大学 文芸・言語研究科 一般文学(西洋古典学)
 
 
 - 
1983年
慶應義塾大学 文学部 フランス文学
 

委員歴

 
 
   
 
イタリア学会  評議員、幹事、編集委員
 

Misc

 
キリスト教における《女性蔑視》
藤谷 道夫
『帝京大学外国語外国文学論集』   (第19号) 1-61   2013年3月
ダンテ『神曲』地獄篇における貨幣への変容~地獄篇第7歌、第15歌、第19歌~
藤谷 道夫
『帝京大学外国語外国文化』   (第6号) 77-125   2013年2月
『神曲』の形式《シュンメトリア》~四項類推と空間転写~
藤谷 道夫
『帝京大学外国語外国文学論集』   (第18号) 91-135   2012年2月
ダンテ『神曲』地獄篇対訳(下)
藤谷 道夫
『帝京大学外国語外国文学論集』   (第17号) 63-261   2011年3月
ルクレティウス的統合について〜科学と詩の相補性を巡って〜
修士論文      1986年

書籍等出版物

 
ダンテ
マリーナ・マリエッティ (担当:単訳)
白水社   1998年   
『イタリア語最初歩』(共著)
三修社   1993年   
『イタリア語ミニフレーズ』(共著)
三修社   1993年   
イタリア語検定4級・5級突破(共著)
三修社   1998年   
『Shinkyoku, il canto divino. Leggere Dante in Oriente』
Università degli studi di Trento   2000年3月   
(翻訳)プラウトゥス著『旅行かばん』単訳
京都大学学術出版会   2002年4月   
『イタリアのオペラと歌曲を知る12章』(嶺貞子監修、森田学編)、pp.10-35(第1章:ダンテ『神曲』を担当)
東京堂出版   2009年4月   ISBN:978-4-490-20660-9

講演・口頭発表等

 
I problemi della ricezione della Divina Commedia da parte del pubblico giapponese
Università Cattolica di Milano   2008年   
Dei problemi traduttologici della Divina Commedia: Difficoltà e impossibilità nella traduzione della D. C. in giapponese
Università di Pavia   2008年   
La mentalità giapponese attraverso le parole tradotte dalle lingue occidentali
Università di Milano “Bicocca”   2008年   
“La Divina Commedia nel mondo: ~Giappone~”
Progetto Dante(Ravenna,Centro relazione)   2003年   
“La Divina Commedia e il lettore giapponese: fra lingua, cultura e letteratura"
Università di Trento   1999年   

競争的資金等の研究課題

 
ダンテの『神曲』研究
ルクレティウス研究
マニリウスの『アストロノミカ』研究