円城寺 由久

J-GLOBALへ         更新日: 03/02/14 00:00
 
アバター
研究者氏名
円城寺 由久
 
エンジョウジ ヨシヒサ
所属
旧所属 東邦大学 医学部 医学科
職名
助手
学位
博士(医学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1987年
東邦大学 医学部 医学
 

Misc

 
Slow Pathwayに対する高周波アブレ-ションが房室結節の伝導性と有効不応期に及ぼす影響
日本心臓ペ-シング   12 60-63   1996年
通常の電気刺激で室房伝導が認められず心房4発早期刺激でのみ誘発が可能であった稀有型房室結節リエントリ-性頻拍の一例
臨床心臓電気生理   19 113-123   1996年
VerapamilによるWPW症候群における房室回帰性頻拍の停止効果の予知因子に関する検討
呼吸と循環   42(9) 881-885   1994年
心房内リエントリ-性頻拍における臨床像および電気生理学的特徴に関する検討
循環器科   35(6) 533-539   1994年
発作性心房細動に対する抗不整脈薬予防効果の比較
循環器科   35(5) 425-428   1994年

書籍等出版物

 
メディクイックブック-患者さんによくわかる薬の説明
金原出版   1998年   
患者さんによくわかる薬の説明
金原出版 メディクイックブック   1998年   
メディクイッブック 患者さんによくわかる薬の説明'99
金原出版   1999年   

Works

 
小児WPW症候群に対する高周波カテ-テルアブレ-ションの試み-特殊的な手技・カテ-テルは必要か-東京
1996年
AVNRTに対する高周波アブレ-ションの長期成績-再発例の検討-大坂
1996年

競争的資金等の研究課題

 
不整脈治療に関する研究