纐纈 守

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/06 03:06
 
アバター
研究者氏名
纐纈 守
 
コウケツ マモル
URL
http://www1.gifu-u.ac.jp/~ms2/flame_j.htm
所属
岐阜大学
部署
工学部 化学・生命工学科 物質化学コース
職名
教授
学位
博士(学術)(三重大学)
その他の所属
工学研究科

プロフィール

植物由来の有用成分の探索/植物には有用な化合物が多く含まれている。それらの有用成分の単離・精製および構造解析を行い、社会的に有用な物質の探索と応用を行う。/ヘテロ元素化合物の開発/セレン元素をはじめとしたヘテロ元素は、とても興味深い反応性と生理機能を有する化合物が得られている。これらの応用を詳細に検討している。/生理活性を有する酸性糖類の調製/シアル酸やヘパリンなど生理活性を有する有用な酸性糖類の効率的な合成法の開発とそれらの応用に関する研究を行っている。/岐阜大学大型精密機器高度利用公開セミナー

研究分野

 

経歴

 
2015年
   
 
岐阜大学 工学部 教授
 
 
   
 
岐阜大学 工学部 機能材料工学科 教授
 
1985年
 - 
1987年
岐阜大学 助手 工業短期大学部
 
1987年
 - 
1996年
太陽化学総合研究所基礎研究所 主任研究員
 
1997年
 - 
2003年
岐阜大学助手 工学部
 

委員歴

 
 
   
 
日本化学会  東海支部常任幹事
 
 
   
 
日本油化学会  東海支部常任幹事
 

受賞

 
1994年
工業技術賞
 
2001年
有機合成化学協会東海支部奨励賞
 

論文

 
Large-scale preparation of sialic acid from chalaza and egg-yolk membrane
Juneja L.R.(Taiyo Kagaku Co.,Ltd.),Koketsu Mamoru(Life Science Research Center),Nishimoto K.(Taiyo Kagaku Co.,Ltd.),Kim M.(Taiyo Kagaku Co.,Ltd.),Yamamoto T.(Fukusima University),Itoh T.(Tohoku University)
Carbohydr. Res.   214 179-186   1991年1月   [査読有り]
Preparation of N-acetylneuraminic acid from delipidated egg yolk
Koketsu Mamoru(Life Science Research Center),Juneja L.R.(Taiyo Kagaku Co. Ltd.),Kawanami H.(Taiyo Kagaku Co., Ltd.),Kim M.(Taiyo Kagaku Co., Ltd.),Yamamoto T.(Fukuyama University)
Glycoconjugate J.   9 70-74   1992年2月   [査読有り]
Reaction of phenyl- and alkoxycarbonylmethanesulfonyl fluoride with activated haloalkanes
Kagabu S.(Department of Chemistry, Faculty of Educadtion),Shimizu C.(Department of Chemistry, Faculty of Educadtion),Takahashi J.(Department of Chemistry, Faculty of Educadtion),Hara K.(Department of Chemistry, Faculty of Educadtion),Koketsu Mamoru(Life Science Research Center),Ishida M.(Taiyo Kagaku Co.,Ltd.)
Bull. Soc. Chim. Fr.   129 435-439   1992年7月   [査読有り]
Sialyloligosaccharides of delipidated egg yolk fraction
Koketsu Mamoru(Life Science Research Center),Juneja L.R.(Taiyo Kagaku Co.,Ltd.),Kim M.(Taiyo Kagaku Co.,Ltd.),Ohta M.(Fukuyama University),Matsuura F.(Fukuyama University),Yamamoto T.(Fukuyama University)
J.Food Sci.   58 743-747   1993年5月   [査読有り]
Synthesis and characterization of new style of water-soluble glycosylated porphyrins as a spectrophotometric reagent for metal ions
Kohata K.(National Research Institute of Vegetables,Ornamental Plants and Tea,Ano),Higashio H.(National Research Institute of Vegetables,Ornamental Plantsand Tea,Ano),Yamaguchi Y.(National Research Institute of Vegetables,Ornamental Plants and Tea,Ano),Koketsu Mamoru(Life Science Research Center),Odashima T.(Tohoku University)
Bull. Chem. Soc. Jpn.   67 668-679   1994年5月   [査読有り]

Misc

 
In vitro degradation of a sialyloligosaccharide derivative by hydroxy radical
M. Koketsu, R. Suzuki, S. Nishikawa and N. Kashimura
Carbohydr. Lett.   1 199-206   1995年
1H NMR spectroscopic investigation of β-cyclodextrin inclusion compounds with parecoxib
S. M. Ali, F. Asmat and M. Koketsu
J. Inclus. Phenom. Macro. Chem.   59 191-196   2007年
M. Koketsu, H. Ishihara, W. Wu, K. Murakami and I. Saiki
Eur. J. Pharm. Sci.   9(2) 157-161   1999年
Y.-J. Park, M. Koketsu, J. M. Kim, J.-H. Yeo, H. Ishihara, K.-G. Lee, S. Y. Kim and C.-K. Kim
Biol. Pharm. Bull   26(12) 1657-1660   2003年
M. Koketsu, H. Ishihara
Comprehensive Heterocyclic Chemistry III   4 791-821   2008年12月

書籍等出版物

 
Synthesis of selective inhibitors of heparan sulfate and chondroitin sulfate proteoglycan biosynthesis in Methods in molecular biology
Mencio Caitlin; Garud Dinesh R; Kuberan Balagurunathan; and Mamoru Koketsu
Springer New York   2015年   
Compounds containing the carbon-chalcogen C-E (E = S, Se, Te) bond in Handbook of Chalcogen Chemistry
M. Koketsu
Royal Society of Chemistry, London, UK   2013年   
Minor Flavonoids in Natural Products
Chalcones, Flavanones, Dihydrochalcones, and Aurones, M. Ninomiya and M. Koketsu
Springer, Heidelberg, Germany   2013年   
1,3-Selenazoles, in Comprehensive Heterocyclic Chemistry III
M. Koketsu and H. Ishihara
Elsevier, Oxford, UK   2008年   
Four-membered rings with one Selenium or Tellurium atom, in Comprehensive Heterocyclic Chemistry III
M. Koketsu and H. Ishihara
Elsevier, Oxford, UK   2008年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 纐纈 守
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 纐纈 守
本研究は、キシロースに疎水性部分を導入した各種GAG生合成阻害剤の開発を検討した。銅を用いたアジドとアルキンとの反応により1,4-二置換-1,2,3-トリアゾール誘導体を合成した。これらが、腫瘍関連血管内皮管形成において有効な阻害剤であることを確認した。さらに、様々なキシロース誘導体を調製した。ルテニウム錯体を用い1,5-二置換-1,2,3-トリアゾール誘導体を合成した。チオ尿素と臭化プロピンとの反応により1,3-チアゾールをヒドラジンとの反応により1,2,4-トリアゾールをアジ化ナトリウ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 纐纈 守
近年、興味深い反応性や生物活性からセレン元素を含んだ化合物群の応用開発が盛んになされている。本研究では、系統的含セレンβ-ラクタム系化合物の効率的な調製のためにセレノカリウム塩に2-bromoethyl-trimethylsilaneを反応させ、新規セレン導入試薬を開発した。アルケンおよびアルキンにグラブス第2世代試薬を反応させることにより効率的に新規の含セレンβ-ラクタムを調製した。また、アルキンおよびアレンセレノ尿素から位置選択的ヨード環化反応によって調製した。今回調製した7員環、8員...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 纐纈 守
複数の活性点を有する化合物は、ヘテロ環状化合物の合成原料として有用である。しかしながら、セレノ尿素、セレノアミド、セレナザジエン、アセチレンセレニドなどセレン元素を含んだこれら化合物の応用例は比較的少ない。近年我々は、上記セレノ尿素、セレノアミド、セレナザジエン、イソセレノシアネート、アセチレンセレニドなどの調製法を確立した。これらの応用としてヘテロ環状化合物の調製法について検討した。その結果、セレナザジエンを用いて、クロロアセトニトリルとの反応から1,3-セレナゾール-5-カルボニトリル...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 纐纈 守
最近開発したセレン導入試薬(LiAlHSeH)は、実に簡便な方法すなわち2種類の試薬を有機溶媒中で攪拌することのみで調製でき、それを精製操作することなく即座に次の反応に用いることができる。それは、様々な種類のセレン含有化合物を高収率に合成できる応用範囲の非常に広い新しいセレン導入試薬である。(J. Am. Chem. Soc.,2001,123,8408)このLiAlHSeHを用いることにより様々な基本骨格を有する化合物が高収率に合成できる。本研究期間の2年間に確認していたセレン元素を含ん...

社会貢献活動

 
有機合成化学協会東海支部
【】  有機合成化学協会東海支部  有機合成化学協会東海支部  2004年9月1日 - 2008年2月28日
常任幹事
地域連携型技術開発プロジェクト事業推進会議
【】  岐阜県総合企画部研究開発課  岐阜県総合企画部研究開発課  2006年5月8日 - 2007年3月31日
地域連携型技術開発プロジェクト事業に関する助言・提言/地域連携型技術開発プロジェクト事業推進会議委員
日本油化学会東海支部
【】  日本油化学会東海支部  日本油化学会東海支部  2007年4月1日
常任幹事
日本油化学会
【】  日本油化学会  日本油化学会  2009年4月1日 - 2011年3月31日
代議員
日本化学会東海支部
【】  日本化学会東海支部  日本化学会東海支部  2010年3月1日 - 2012年2月29日
常任幹事