倉敷 哲生

J-GLOBALへ         更新日: 07/05/22 00:00
 
アバター
研究者氏名
倉敷 哲生
 
クラシキ テツセイ
URL
http://www.mapse.eng.osaka-u.ac.jp/w8/Staff/kura-e.html
所属
大阪大学
部署
大学院工学研究科 マテリアル生産科学専攻
職名
助手
学位
博士(工学)(大阪大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1997年
大阪大学 工学研究科 生産加工工学専攻
 
 
 - 
1993年
大阪大学 工学部 生産加工工学科
 

Misc

 
可燃性タンク群における災害シミュレーションに関する研究
日本学術会議 第5回構造物の安全性・信頼性に関するシンポジウム(JCOSSAR-2003)A論文   pp.369-374    2003年
An Evaluation Method of Damage Development for CFRP laminates under Impact with Low Energy
Expanded Horizon in Advanced Materials and Processing (8th Japan International SAMPE)   pp.1173-1176    2003年
On the Damping Properties of Triaxial Woven Fabric Composites –Effect of the Air on Damping-
Expanded Horizon in Advanced Materials and Processing (8th Japan International SAMPE)   pp.1169-1172    2003年
重合メッシュ法による熱応力解析(第1報:解析手法の定式化)
日本機械学会論文集(A編)   Vol.69, No.9, pp.1325-1330    2003年
BGAはんだ接合部の熱サイクル疲労寿命評価手法に関する研究
材料   Vol.52, No.5, pp.535-540    2003年

Works

 
化学プラントの防災シミュレータの基礎開発
1997年 - 1998年
簡易燃焼試験と数値解析を併用したFRPの難燃特性評価
1999年 - 2000年
小標本によるBGAはんだ接合部の熱サイクル寿命評価手法の構築
2001年

競争的資金等の研究課題

 
拡散・火災・爆発災害の影響を考慮した化学プラントの安全性評価に関する研究
災害科学研究委託費
研究期間: 2002年 - 2006年
マクロ-ミクロ領域の力学的評価のための繊維強化複合材料の損傷挙動評価手法の開発
共同研究
研究期間: 2002年   
製造プロセスを考慮した電子デバイスの力学的挙動ならびに信頼性評価に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2002年 - 2004年
化学プラントの防災シミュレータおよびリスクアセスメント手法の提案
その他の研究制度
小標本数の疲労試験データを基に統計的手法を用いた信頼性評価手法の提案
その他の研究制度