清水 憲一

J-GLOBALへ         更新日: 13/12/19 02:55
 
アバター
研究者氏名
清水 憲一
 
シミズ ケンイチ
URL
http://www.mech.okayama-u.ac.jp/~mech-web/lab/str_mat/index.htm
所属
岡山大学
部署
大学院自然科学研究科 岡山大学自然科学研究科
職名
助教
学位
修士(工学)(名古屋大学), 博士(工学)(名古屋大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
   
 
- 岡山大学自然科学研究科 助教
 

学歴

 
 
 - 
1995年
名古屋大学 工学研究科 機械工学
 
 
 - 
1993年
名古屋大学 工学部 機械
 

受賞

 
1998年
日本材料学会第24回疲労シンポジウム優秀研究発表賞
 
2002年
日本材料学会第26回疲労シンポジウム優秀研究発表賞
 
2004年
日本材料学会学術奨励賞
 
2008年
日本材料学会中国支部学術奨励賞
 

Misc

 
SiCp/Al2024複合材料の疲労き裂発生および伝ぱ挙動に及ぼす予ひずみの影響
秋庭義明*,田中啓介,*清水憲一,萩原隆彰
材料      1998年
In Situ Observation of Fatigue Crack Initiation and Propagation Behavior in SiC Particulate Reinforced Aluminum Alloy
*Kenichi SHIMIZU, Yoshiaki AKINIWA and Keisuke TANAKA
The First Asian-Australasian Conference on Composite Materials, Extended Abstracts      1998年
銅膜材の疲労破壊特性に及ぼす圧延方向の影響
鳥居 太始之,*清水 憲一 ,中村 明英
日本機械学会論文集(A編)      1999年
A Method of Film Fatigue Testing and The Effects of Rolling Direction on Fatigue Properties in Copper Film
Tashiyuki Torii and *Kenichi Shimizu
Proceedings of the Advances in Electronic Packaging 1999 (InterPACK'99)      1999年
The Effect of Compressive Residual Stress on Crack Contact under Mixed-Mode Conditions
Tashiyuki Torii and *Kenichi Shimizu
Proceedings of the International Conference on ADVANCED TECHNOLOGY IN EXPERIMENTAL MECHANICS      1999年

講演・口頭発表等

 
銅膜材の疲労破壊特性に及ぼす圧延組織の影響
日本機械学会中国四国支部第36期総会・講演会   1998年   
積層材接合に伴う界面応力発生と寸法変化(結晶異方性および薄層化の影響)
日本機械学会中国四国支部第36期総会・講演会   1998年   
混合モード下のき裂変位計測と破面接触効果
日本機械学会第75期通常総会講演会   1998年   
In Situ Observation of Fatigue Crack Initiation and Propagation Behavior in SiC Particulate Reinforced Aluminum Alloy
The First Asian-Australasian Conference on Composite Materials   1998年   
混合モードき裂の変形非対称性と応力拡大係数の相関
日本機械学会中国四国支部・九州支部合同企画岡山地方講演会   1998年   

Works

 
EBSD(電子線後方散乱回折)法を用いた超微小領域ひずみ計測手法の開発
2010年 - 2013年
EBSD(電子線後方散乱回折)法を用いた超微小領域ひずみ計測手法の開発
2010年 - 2013年
EBSD(電子線後方散乱回折)法を用いた超微小領域ひずみ計測手法の開発
2010年 - 2013年

競争的資金等の研究課題

 
異種接合材の界面き裂に関する研究
研究期間: 1997年 - 2004年
膜材の疲労に関する研究
研究期間: 1997年 - 2007年