仲本 博

J-GLOBALへ         更新日: 12/03/28 16:50
 
アバター
研究者氏名
仲本 博
 
ナカモト ヒロシ
URL
http://www.kawasaki-m.ac.jp/me/ce/index.html
所属
川崎医科大学
部署
医学部 医学科 医用工学システム循環器
職名
助教
学位
工学士(大阪大学), 博士(医学)(川崎医科大学)
その他の所属
川崎医療福祉大学

研究分野

 
 

経歴

 
1997年
 - 
2006年
 川崎医科大学医学部 助手 川崎医療短期大学 講師併任
 
2006年
   
 
- 川崎医科大学医学部 助教 川崎医療福祉大学 講師併任
 
2007年
   
 
- 川崎医療福祉大学 准教授併任 川崎医療短期大学 准教授併任
 

学歴

 
 
 - 
1997年
川崎医科大学 医学研究科 医学
 
 
 - 
1982年
大阪大学 基礎工学部 生物工学科
 
 
 - 
1989年
和歌山県立医科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2009年
   
 
 日本生体医工学会誌編集委員
 
2009年
   
 
日本生体医工学会(旧日本エム・イー学会)  生体医工学会誌編集委員
 

受賞

 
2008年
守分賞(中国銀行、川崎医科大学)
 

Misc

 
ヒートプローベを用いたローカルパーフュージョンの定量化
仲本 博
大阪大学基礎工学部生物工学科卒業論文      1982年3月
直腸,肝,前立腺の同時性三重複癌の1症例
田中亨(神戸中央病院(社保)), 西田康一, 仲本博, 他
社会保険神戸中央病院医学雑誌   5(1) 25-30   1991年
20MHz ドップラー血流計を用いたα受容体を介する冠血流制御の検討ーslosh現象と冠血管収縮
仲本博、森田浩一、平松修、木村昭洋、立花博之、千葉容子、矢田豊隆、後藤真己、小笠原康夫、辻岡克彦、梶谷文彦
電子情報通信学会技術研究報告   94(169) 1-5   1994年
Nishida K, Takano H, Ohtsuki T, Yoneda M, Nakamoto H, Terasawa Y, Yamane E, Nishioka B, Namura K, Yoshikawa T, et al.
Am J Clin Oncol.   18(4) 325-330   1995年
太田 茂, 岡本 卓爾, 小笠原 康夫, 松本 健志, 仲本 博, 梶谷 文彦
日本ME学会誌医用電子と生体工学   33(3) 248-255   1995年

書籍等出版物

 
利用禁止ですか? (原題:Access Prohibited?)」
福祉システム研究会訳・編   1998年   
「障害者の電子マネー利用.その要望とは?」(原題:The use of electronic purses by disabled people. What are the needs?)
福祉システム研究会訳・編   1999年   
Home telehealth: Connecting care within the community
Royal Society of Medicine   2006年   ISBN:ASIN:1853156574

講演・口頭発表等

 
マイコンによるCTGデータ解析システム
第7回日本産婦人科学会産科婦人科ME懇話会(於福岡)   1984年   
内瘻化draingae tubeにより十二指腸invaginationを合併した膵頭部癌の1例
消化器内視鏡地方会(於日本生命中之島研修所)   1990年   
NIDDMを合併したWerner症候群の一例
日本糖尿病学会地方会(於大阪府立労働センター)   1990年   
糖尿病患者における心電図R-R間隔変動と運動神経伝導速度に関して
日本社会保険医学会学術講演会(千葉県幕張メッセ)   1990年   
食道血管腫の1症例
日本消化器内視鏡学会近畿地方会(於神戸国際会議場)   1992年   

Works

 
日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究C 11680856「NADH蛍光・血流分布の同時測定による糖尿病・高血圧時の冠微小循環異常の解析」代表
1999年 - 2000年
日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究B 14380418「高速度CCD生体顕微鏡による腎糸球体毛細管血流動態解析」代表
2000年 - 2001年
日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究B(2) 14380418 タイトル:腎微小循環血流動態の直接計測による急性腎不全病態解析システムの構築 代表
2002年 - 2003年
川崎医科大学プロジェクト研究費14-317 Ⅲ タイトル:高フレームレートビデオ顕微鏡による早期病態ラットモデル冠微小循環動態異常解析 代表
2002年
川崎医科大学プロジェクト研究費15-317B Ⅲ B 代表:リポーソーム型人工赤血球によるDIC腎微小循環障害の改善 代表
2003年

競争的資金等の研究課題

 
冠微小循環・腎冠微小循環・糖尿病・播種性血管内凝固症候群・人工血液・NIRS
科学研究費補助金