冨井 眞

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/18 13:09
 
アバター
研究者氏名
冨井 眞
 
トミイ マコト
所属
京都大学
部署
大学院文学研究科 歴史文化学専攻
職名
助手
学位
文学修士(京都大学), 文学修士(英国ダーラム大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1994年
京都大学 文学研究科 考古学
 
 
 - 
1996年
京都大学 文学研究科 考古学
 
 
 - 
1996年
ダーラム大学 考古学部 先史考古学専攻
 
 
 - 
1992年
京都大学 文学部 考古学
 

論文

 
出土埴輪の原位置論的分析と破壊力学的検討から考える古墳の破壊
冨井 眞
考古学研究   62(4) 49-70   2016年3月   [査読有り]
冨井 眞
Open Archaeology   1(1) 247-257   2015年12月   [査読有り]
先史時代の自然堆積層の検討による大規模土砂移動の頻度試算
冨井 眞
自然災害科学   29(2) 163-178   2010年8月   [査読有り]
北白川追分町遺跡出土の縄文土器 --北白川C式の成立を考える--
冨井 眞
京都大学構内遺跡調査研究年報1994年度,      1998年
船元式の細分と東海系土器について
冨井 眞
縄文時代中期前半の東海系土器群,      1998年
近畿・中国・四国地方 中期
冨井 眞
縄文時代,/10,193-202      1999年
西日本縄文後期初頭土器の再編へ--山陰地方西部からの問題提起
冨井 眞
考古学研究   47(1) 34-52   2000年6月   [査読有り]
西日本縄文土器としての並木式土器の評価
冨井 眞
古文化談叢,第47集      2001年   [査読有り]
田中琢・佐原真編集代表『日本考古学事典』
冨井 眞
史林,第85巻第6号      2002年   [査読有り]
中四国地方縄文住居の先史学的研究に向けて
冨井 眞
四国とその周辺の考古学,133-155      2002年
シンポジウム『世界最古の土器の様相』に参加して
冨井 眞
古代文化   54(9) 527-532   2002年9月   [査読有り]
英国新石器時代の定住性の理解
冨井 眞
立命館大学考古学論集   3(2) 897-910   2003年
遺構一括出土の縄文土器の位置づけ -西日本縄文中期後半土器編年の基礎的作業-
冨井 眞
長縄手遺跡(岡山県埋蔵文化財発掘調査報告189),64ー72      2005年2月
遺物型式学的編年の論理と西日本磨消縄文土器
冨井 眞
考古学研究   51(4) 28-47   2005年3月   [査読有り]
京都白川の弥生前期末の土石流
冨井 眞
京都大学構内遺跡調査研究年報2000年度,225-262      2005年3月
ヨーロッパ西南部の新石器時代の幕開け
冨井眞
伊勢湾考古 第20号      2006年5月
先史時代の土砂災害と人びとの暮らし (特集 震災に向き合う考古学(3)様々な災害痕跡)
冨井 眞
考古学研究   59(1) 14-20   2012年
北白川追分町遺跡のドングリ集積遺構の炭素14年代
冨井眞
京都大学構内遺跡調査研究年報2010年度      2013年3月

Misc

 
遺跡発掘から土砂災害データを得る試み
冨井眞
日本文化財科学会大会研究発表要旨集   29th 6-9   2012年6月

書籍等出版物

 
破片接合状況の観察による縄文土器破壊行為の類型化のための基礎データ集
冨井 眞
2015年3月   
Yamanouchi, Sugao (in) Encyclopedia of Global Archaeology
冨井 眞 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 7941-7943)
Springer   2014年7月   
Saito, Tadashi (in) Encyclopedia of Global Archaeology
冨井 眞 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 6444-6446)
Springer   2014年7月   
Periodization in Japanese prehistoric archaeology (in) Encyclopedia of Global Archaeology
冨井 眞 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 5885-5889)
Springer   2014年7月   
Kanaseki, Hiroshi (in) Encyclopedia of Global Archaeology
冨井 眞 (担当:分担執筆, 範囲:pp.4240-4243)
Springer   2014年7月   

講演・口頭発表等

 
局地的災害痕跡と埋蔵文化財調査
冨井 眞
考古学研究会第63回研究集会   2017年4月16日   
Code of Ethics of the Japanese Archaeological Association, why and to whom
冨井 眞
第8回世界考古学会議   2016年8月29日   
北白川縄文遺跡の世界
公開講演会:文化遺産と科学-縄文の木こり達-   2011年10月   日本文化財科学会

Works

 
多摩ニュータウン遺跡No.245・341遺跡の発掘調査
1990年
粟津湖底遺跡第三貝塚の発堀調査
1992年

競争的資金等の研究課題

 
縄文文化に関する研究
先史学の研究史と方法・理論に関する研究
歴史災害の考古学的研究
研究期間: 2004年   
考古学的手法による歴史災害研究