柴田 英昭

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/16 13:48
 
アバター
研究者氏名
柴田 英昭
 
シバタ ヒデアキ
URL
http://forest.fsc.hokudai.ac.jp/~member/hs/
所属
北海道大学
部署
北方生物圏フィールド科学センター 森林圏ステーション 南管理部
職名
教授
学位
博士(農学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1996年
   
 
 日本学術振興会特別研究員 日本学術振興会特別研究員
 
1996年
 - 
2001年
 北海道大学農学部附属演習林 助手
 
2001年
 - 
2007年
 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター 助教授
 
2007年
 - 
2011年
 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター 准教授
 
2011年
   
 
- 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター 教授
 

学歴

 
 
 - 
1993年
北海道大学 農学研究科 農芸化学専攻
 
 
 - 
1996年
北海道大学 農学研究科 農芸化学専攻
 
 
 - 
1991年
北海道大学 農学部 農芸化学科
 

委員歴

 
2017年5月
 - 
現在
日本長期生態学研究ネットワーク(JaLTER)  代表
 
2016年10月
 - 
現在
International Long-Term Ecological Research Network (ILTER)  Co-Chair(共同議長)
 
2015年4月
 - 
現在
森林立地学会  学会誌「森林立地」編集委員
 
2014年1月
 - 
現在
日本陸水学会  評議員
 
2016年12月
 - 
2018年12月
北海道環境審議会  専門委員
 
2014年12月
 - 
2017年10月
International Long-Term Ecological Research Network (ILTER)  Chair of Science and Program Sub-Committee
 
2015年5月
 - 
2017年5月
日本長期生態学研究ネットワーク(JaLTER)  副代表
 
2012年
 - 
2013年
日本学術会議  特任連携会員
 
2011年
 - 
2013年3月
日本陸水学会  欧文誌「Limnology」編集委員
 
2008年1月
 - 
2014年3月
全球陸域研究計画(Global Land Project)  国際科学委員(Scientific Steering Committee)
 
2008年
 - 
2014年
日本生態学会  大規模長期生態学専門委員
 
2006年
 - 
2010年
日本森林学会  欧文誌「Journal of Forest Research」編集委員
 
2006年12月
 - 
2009年3月
日本長期生態学研究ネットワーク(JaLTER)  事務局長
 
2006年
 - 
2007年
日本土壌肥料学会  欧文誌「Soil Science and Plant Nutrition」編集委員
 
2003年
 - 
2005年
日本生態学会  欧文誌「Ecological Research」編集委員
 
1999年
 - 
2004年
環境科学会  「環境科学会誌」編集委員
 

受賞

 
2016年3月
日本生態学会 Ecological Research Award Biogeochemical nitrogen properties of forest soils in the Japanese archipelago
受賞者: Urakawa R, Ohte N, Shibata H, Tateno R, Hishi H, Fukushima K, Inagaki Y, Hirai K, Oda T, Oyanagi N, Nakata M, Toda H, Tanaka K, Fukuzawa F, Watanabe T, Tokuchi N, Nakaji T, Saigusa N, Yamao Y, Nakanishi A, Enoki T, Ugawa S, Hayakawa A, Kotani A, Kuroiwa M
 
2002年
環境科学会 2002年度社団法人環境科学会奨励賞
 
2001年
日本土壌肥料学会 第19回日本土壌肥料学会奨励賞
 

論文

 
Environmental and economic risks assessment under climate changes for three land uses scenarios analysis across Teshio watershed, northernmost of Japan
Fan M, Shibata H, Chen L
Science of The Total Environment   599 451-463   2017年12月   [査読有り]
Soil freeze–thaw with root litter alters N transformations during the dormant season in soils under two temperate forests in northern Japan
Hosokawa N, Isobe K, Urakawa R, Tateno R, Fukuzawa K, Watanabe T, Shibata H
Soil Biology and Biochemistry   114 270-278   2017年11月   [査読有り]
Effects of soil origin and current microclimate conditions on nitrogen mineralization in forest soil on different slope aspects in Hokkaido, Japan
Hishi T, Urakawa R, Shibata H
Ecological Research   32 725-733   2017年9月   [査読有り]
食の持続性と低環境負荷の両立を目指す窒素管理研究への土壌学の貢献
林健太郎 ・江口定夫・柴田英昭・仁科一哉・内田義崇
日本土壌肥料学雑誌   88(2) 166-179   2017年4月   [査読有り]
Estimation of field soil nitrogen mineralization and nitrification rates using soil N transformation parameters obtained through laboratory incubation
Urakawa R, Ohte N, Shibata H, Tateno R, Inagaki Y, Oda T, Toda H, Fukuzawa K, Watanabe T, Hishi T, Oyanagi N, Nakata M, Fukushima K, Nakanishi A
Ecological Research   32 279-285   2017年3月   [査読有り]
Spatial pattern of soil nitrogen availability and its relationship to stand structure in a coniferous-broadleaved mixed forest with a dense dwarf bamboo understory in northern Japan
Inoue T, Fukuzawa K, Watanabe T, Yoshida T, Shibata H
Ecological Research   32 227-241   2017年3月   [査読有り]
Nitrogen footprints: Regional realities and options to reduce nitrogen loss to the environment
Shibata H., James N Galloway, Allison M Leach, Lia R Cattaneo, Laura Cattell Noll, Jan Willem Erisman, Baojing Gu, Xia Liang, Kentaro Hayashi, Lin Ma, Tommy Dalgaard, Morten Graversgaard, Deli Chen, Keisuke Nansai, Junko Shindo, Kazuyo Matsubae, Azusa Oita, Ming-Chien Su, Shin-Ichiro Mishima, Albert Bleeker
Ambio   46 129-142   2017年3月   [査読有り]
Short-term response of Sasa dwarf bamboo to a change of soil nitrogenfertility in a forest ecosystem in northern Hokkaido, Japan
Watanabe T, Fukuzawa K, Shibata H
Plants   5 19   2016年4月   [査読有り]
Optimal conservation planning of multiple hydrological ecosystem services under land use and climate changes in Teshio river watershed, northernmost of Japan
Fan M, Shibata H, Wang Q
Ecological Indicators   62 1-13   2016年3月   [査読有り]
Factors contributing to soil nitrogen mineralization and nitrification rates of forest soils in the Japanese archipelago
Urakawa R, Ohte N, Shibata H, Isobe K, Tateno R, Oda T, Hishi T, Fukushima K, Inagaki Y, Hirai K, Oyanagi N, Nakata M, Toda H, Kenta T, Kuroiwa M, Watanabe T, Fukuzawa K, Tokuchi N, Ugawa S, Enoki T, Nakanishi A, Saigusa N, Yamao Y, Kotani A
Forest Ecology and Management   361 382-396   2016年2月   [査読有り]

Misc

 
野口泉, 山口高志, 秋山雅行, 川村美穂, 村尾直人, 高木健太郎, 柴田英昭, 福澤加里部, 本多宏充
大気環境学会年会講演要旨集   53rd 297   2012年8月
山本雄三, 柴田英昭, 上田宏
日本水産学会大会講演要旨集   2012 39   2012年3月
青山隼人, 早柏慎太郎, 平松悠揮, 平野祐也, 山ノ内誠, 上浦達哉, 福澤加里部, 吉田俊也, 柴田英昭, 笹賀一郎, 佐藤冬樹
日本森林学会大会学術講演集(CD−ROM)   123rd ROMBUNNO.PA013   2012年3月
南雲未智, 井上太樹, 吉田俊也, 柴田英昭
日本森林学会大会学術講演集(CD−ROM)   123rd ROMBUNNO.PA180   2012年3月
福澤加里部, 浦川梨恵子, 菱拓雄, 柴田英昭, 宮本敏澄, 井上貴央, 舘野隆之輔
日本森林学会大会学術講演集(CD−ROM)   123rd ROMBUNNO.L06   2012年3月

書籍等出版物

 
自然科学のためのはかる百科
渥美茂明・尾関 徹・越桐國雄・関 隆晴・西村年晴・松村京子・横井邦彦 (担当:分担執筆, 範囲:3.9.6 生態系における物質循環・エネルギー流をはかる,第3章 生物をはかる; 柴田英昭)
丸善出版   2016年   
Earth Stewardship - Linking Ecology and Ethics in Theory and Practice 2
Rozzi, R., Chapin III, F.S., Callicott, J.B., Pickett, S.T.A., Power, M.E., Armesto, J.J., May Jr., R.H. (担当:分担執筆, 範囲:Biogeochemistry and Traditional Ecological Knowledge and Practices in Japan; Shibata H)
Springer International Publishing   2015年   
Frontiers of Agricultural Science
Research Faculty of Agriculuture, Hokkaido University (担当:分担執筆, 範囲:1.3 Forest Ecosystem and Nutrient Cycles; Shibata H)
Shoukadoh Book Sellers   2015年   
森林集水域の物質循環調査法
柴田英昭
共立出版   2015年   
土の百科事典
土の百科事典編集委員会(編) (担当:分担執筆)
丸善出版   2013年   
国際連合大学高等研究所, 日本の里山・里海評価委員会 (担当:分担執筆, 範囲:里山・里海と生態系サービス-概念的枠組み;齊藤修・柴田英昭)
朝倉書店   2012年   ISBN:9784254180350
Duraiappah Anantha K. (担当:分担執筆, 範囲:Satoyama and Satoumi, and ecosystem services: A conceptual framework; Saito O, Shibata H)
United Nations University Press   2012年   ISBN:9789280812107
Nakano Shin-Ichi, 矢原 徹一, 中静 透 (担当:分担執筆, 範囲:ILTER and JaLTER: Their Missions and Linkage to Database Development in the Asia-Pacific Region; Ohte N, Nakaoka M, Shibata H)
Springer   2012年   ISBN:9784431540311
京都大学フィールド科学教育研究センター, 向井 宏 (担当:分担執筆, 範囲:天塩川-日本最北の大河流域-;柴田英昭・上田宏・イレバ ニーナ・長尾誠也・中村洋平・門谷茂・柴沼成一郎)
京都大学学術出版会   2012年   ISBN:9784876985753
Mancuso Stefano (担当:分担執筆, 範囲:Fine root dynamics and root respiration; Fukuzawa K, Dannoura M, Shibata H)
Springer   2011年   ISBN:9783642220661
Water and carbon cycles in terrestrial ecosystems: The textbook for fifteenth IHP training course in 2005
Hiyama T (担当:分担執筆, 範囲:Biogeochemical processes of carbon in forested ecosystem)
Hydrospheric Atmospheric Research Center, Nagoya University and United Nations Educational Scientific and Cultural Organization (UNESCO)   2006年   
森林フィールドサイエンス
全国大学演習林協議会 (担当:分担執筆, 範囲:外部環境変化に対する生態系の応答(酸性沈着に対する森林の中和能力))
朝倉書店   2006年   
地球環境と生態系-陸域生態系の科学
和田英太郎・占部城太郎 (担当:分担執筆, 範囲:大気-森林-河川系での炭素フラックス)
共立出版   2006年   
Terrestrial Ecosystems in a Changing World
Canadel J, Pataki D, Pitelka L (担当:分担執筆, 範囲:Terrestrial ecosystems in monsoon Asia: Scaling up from shoot module to watershed; Kohyama T, Urabe J, Hikosaka K, Shibata H, Yoshioka T, Konohira E, Murase J, Wada E)
Springer-Verlag   2007年   
「森川海のつながりと河口・沿岸域の生物生産,山下 洋・田中 克(編) 」,水産学シリーズ157巻
山下 洋・田中 克 (担当:分担執筆, 範囲:流域環境と水産資源の関係-天塩川プロジェクト-;上田宏・柴田英昭・門谷茂)
恒星社厚生閣   2008年   
「北海道の森林」北方森林学会(編著)
北方森林学会 (担当:分担執筆, 範囲:攪乱と物質循環)
北海道新聞社   2011年   
中村 太士, 小池 孝良 (担当:分担執筆, 範囲:森林生態系での無機物質の循環(柴田英昭))
朝倉書店   2005年   ISBN:9784254470383
甲山 隆司 (担当:分担執筆, 範囲:Carbon cycling and budget in a forested basin of southwestern Hokkaido, northern Japan; Shibata H, Hiura T, Tanaka Y, Takagi, K, Koike T)
Springer   2005年   ISBN:4431260749
砂防学会 (担当:分担執筆)
山海堂   2004年   ISBN:4381015908
佐竹 研一 (担当:分担執筆, 範囲:森林生態系の物質循環と酸緩衝機構)
愛智出版   2002年   ISBN:487256376X

講演・口頭発表等

 
What are the ecosystem responses to reactive nitrogen changes across global ecosystem ? - Updates and challenges of the ILTER Nitrogen initiative -
Hideaki Shibata
International Long Term Ecological Research Network & LTER-France (Zones Ateliers Network & Critical Zone Observatories) joint conference   2017年10月   
日本における窒素フットプリントの特徴-消費者一人当たりの窒素負荷指標-
柴田英昭・種田あずさ
日本土壌肥料学会2017年仙台大会シンポジウム「食料生産~消費過程における窒素利用効率と環境への窒素負荷―消費者影響の重要性と活用方向―」   2017年9月7日   
Changing winter climate alter nitrogen biogeochemistry in northern forest ecosystems [招待有り]
Hideaki Shibata
The 12th International Congress of Ecology   2017年8月21日   
Nitrogen footprint updates in Japan
SHIBATA Hideaki, OITA Azusa, EGUCHI Sadao
Workshop on Nitrogen Footprints   2016年12月2日   
Nitrogen footprint updates in Japan: Significance of global trades and food culture
Shibata H, Oita A
The 7th International Nitrogen Initiative Conference   2016年12月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
大気窒素沈着が森林流域の窒素循環に与える感受性の地域性評価
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 智和 正明
北方林における気候変動への適応:生態系レジリエンスの保全をめざした生態系管理
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 森本 淳子
領域テーマD「統合的ハザード予測」
文部科学省: 統合的気候モデル高度化研究プログラム
研究期間: 2017年 - 2021年    代表者: 中北英一
流域・河川生態系における自然資本・生態系サービス評価と沿岸域へのつながり
環境省: 環境研究総合推進費
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 柴田英昭(サブテーマ代表)
森林生態系に関する視覚情報教材「全天トレイル」の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 藤田 良治
農地~国レベルでの窒素動態の実態を反映した新たな窒素負荷指標の開発
農林水産省: 食品産業科学技術研究推進事業委託事業
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 江口定夫
同位体を指標に用いた大気中ガス状亜硝酸の起源推定
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 中川 書子
渓流水100mLでの森林窒素代謝評価:新安定同位体水質指標の開発と展開
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 木庭 啓介
森林植物中の天然同位体トレーサーを用いた窒素同化過程の新解析法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 中川 書子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 柴田 英昭
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 柴田 英昭
本年度は全体研究計画に関する打ち合わせ会議を行い、観測地点の設定と現地実験の予備実験および本培養実験を開始した。北海道、東北、関東、近畿、九州において積雪量の異なる地域を横断するように研究サイトラインを設定した。北海道、東北、関東、近畿においては日本海側から太平洋側にかけてのラインを設定し、九州では高山地域において標高別に積雪傾度に沿ったラインを設定した。また、九州の中低標高域は積雪の無いリファレンスサイトとして位置づける。研究サイトライン上に拠点サイトを複数設置し、現地交換培養実験を開始...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 笹 賀一郎
本研究は、北海道大学北方生物圏フィールド科学センターの雨竜研究林と天塩研究林の操作実験流域を主な対象として、原生林状態から森林伐採・表土除去・樹木の植栽などの炭素や窒素などの物質循環への影響を地下部・根茎の状況もふくめて明らかにしようとするものである。平成21年度の主な成果は、以下のようである。1.天塩研究林の実験流域において、原生林伐採後に植栽したカラマツのバイオマスについて、根茎もふくめた測定をおこなった。また、前年度におこなった15m×15m林分の地下部調査については、根茎等の分析用...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 小池 孝良
開放系大気CO_2増加装置にて育成させた落葉樹のCO_2の取り込みとその制限要因としての対流圏オゾンの影響、炭素の転流・分配、土壌呼吸を含む温室効果ガスの放出、分解系を制御する中型土壌動物の群集構造を調査した。この結果、オゾン付加により根への転流が阻害され、菌類感染は肉眼では低下した。高CO_2処理では土壌呼吸は増加し、メタン吸収量は減少した。トビムシでは移動性の高い種が高CO_2では多い傾向があった。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 柴田 英昭
列島スケールでの気候変化に応じた森林土壌内での窒素動態変化について、北海道北部、関東北部、近畿中部、九州南部の拠点サイトを中心に研究を行った。気温上昇は微生物による窒素代謝を高めたものの、気候変化よりも各地特有の窒素動態特性が維持される傾向があった。各地においては大気汚染による窒素沈着や、過去における里山利用による養分欠乏などの影響が現在の窒素無機化速度度の地点間差に強く影響しているものと考えられた。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 甲山 隆司
急激に進行する温暖化と土地利用変化が、陸域システムに与える影響を統合的に評価する目的で、生態系科学と土地利用科学双方にまたがる研究連絡ネットワークを構築した。GLP 札幌拠点オフィスをネットワークの情報収集と発信に活用した。本研究ネットワークからの情報を国内向けおよび国外向けに札幌オフィスから発信し、国際的な研究ネットワークの連携を強化した。国際サマースクールや国際シンポジウムを開催し、アジアをターゲットとする共同研究を発足させた。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 丹下 健
北海道から沖縄までに分散して様々な環境条件の森林域に設置されている大学演習林の森林流域における水・物質動態の観測ネットワークを構築し、観測流域間で比較可能なデータの蓄積を図る体制の整備を図った。気象データについては、インターネットを活用した速やかな公開システムの運用を図った。流量・水質の形成過程に関わる降水の平均滞留時間を指標するトレーサの検討を行い、平水時の平均滞留時間の長短を流域間で比較する方法を提示した。土壌の保水量に関わる土壌撥水性発現の森林流域内での時空間的変異を観測し、乾性土壌...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 上田 宏
我国の重要な水産資源であるシロザケ・サクラマス・ベニザケ(ヒメマス)は、生まれた川(母川)を降河する時に、母川固有の溶存遊離アミノ酸(DFAA)組成を母川水のニオイ成分として記憶し、数年後に成熟した時に、嗅覚によりDAFF組成を識別して高い確率で母川を選択したが、カラフトマスは選択しなかった。また、DFAAは主に河床の付着微生物の集合体であるバイオフィルムが産生し、流域・季節・年変動の少ないDFAA組成が存在した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 小池 孝良
大気中の二酸化炭素濃度([CO_<2>])の上昇が社会問題となって久しい。本研究では高CO_<2>環境に対する冷温帯樹木11種の生理生態特性の変化を解明し、CO_<2>固定能力の変化を評価することを目的とした。CO_<2>付加にはFree Air CO_<2>Enrichment(FACE)を用いた(北海道大学札幌研究林実験苗畑に設置)。FACE内の[CO_<2>]は2040年頃を想定して500ppmvとした(対照区+130ppmv)。また、FACE内の土壌を半分に区切り、片面を富栄養の褐...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 佐藤 冬樹
極東アジアの永久凍土南限域(中国・東北地方およびロシア・アムール州)を対象に長期モニタリングのための流域試験地を設定し、この地域の優先樹種であるカラマツ林をはじめとする森林のバイオマス量の把握および成長・推移過程の解析、水分や炭素および物質の動態把握をおこなった。設定したカラマツ林の固定調査地は、a)ハルビン近郊の東北林業大学老山演習林(季節的凍土地帯)、b)大興安嶺の中心部・加格達寄周辺、c)中国最北部、ロシア国境付近の漠河周辺、d)ロシア・アムール州北部のブラガベシェンスク周辺(不連続...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 笹 賀一郎
本研究は、気候条件の異なる複数の小流域と観測サイトを対象に、森林伐採などの大規模野外操作実験を行い、生物多様性と生態系機能との関連のメカニズムを解明するとともに、長期流域観測のモデルケースを創出しようとしたものである。多雪気候下にある雨竜研究林においては、9小流域を対象に、森林伐採と地表処理(ササ植生の除去)を実施し、無施業の対象流域も含めたモニタリングの継続・解析をすすめた。(1)森林伐採により、夏期渇水流量の増加や水温低下が確認された。また、(2)渓流水中の夏期NO3-N濃度は、樹木の...