平田 武

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:15
 
アバター
研究者氏名
平田 武
 
ヒラタ タケシ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/3e07d001cd2db85c18ca86e4dfa85322.html
所属
東北大学
部署
大学院法学研究科 法政理論研究専攻 (研究大学院)
職名
教授
学位
法学修士(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2001年
   
 
- 北海道大学スラブ(ユーラシア)研究センター 共同研究員
 
2006年
 - 
2009年
京都大学地域研究統合情報センター 共同研究員
 
2004年
 - 
2006年
国立民族学博物館 共同研究員
 
1999年
 - 
2000年
北海道大学スラブ研究センター 共同研究員
 

Misc

 
書評 油本真理『現代ロシアの政治変容と地方─「与党の不在」から圧倒的一党優位へ』東京大学出版会、2015年
平田 武
年報政治学 2017-Ⅰ 『世界経済の変動と政治秩序』 木鐸社   (2017-Ⅰ) 249-252   2017年
ハンガリーにおけるデモクラシーのバックスライディング
平田 武
体制転換/非転換の比較政治(日本比較政治学会年報第16号)(ミネルヴァ書房)   (16) 101-127   2014年
書評 Dylan Riley, The Civic Foundations of Fascism in Europe: Italy, Spain, and Romania, 1870-1945 (Baltimore, Md.: Johns Hopkins University Press, 2010, xiii + 258 pp.)
平田 武
国家学会雑誌   126(7・8) 150-153   2013年
1956年ハンガリー革命におけるビボーの政治体制構想――予備的考察――
平田 武
法学(東北大学法学会)   76(6) 138-177   2013年
書評 中田瑞穂著『農民と労働者の民主主義――戦間期チョコスロヴァキア政治史――』
平田 武
史学雑誌   122(7) 114-122   2013年

書籍等出版物

 
総覧 東欧ロシア史学史
北海道大学出版会   2013年   
身分社会と市民社会―19世紀ハンガリー社会史
刀水書房   2013年   
ヨーロッパ政治ハンドブック 第2版
東京大学出版会   2010年   
ハンガリーを知るための47章
明石出版   2002年   
ヨーロッパ政治ハンドブック
東京大学出版会   2000年   

講演・口頭発表等

 
ケヴェール・ジェルジ(平田武訳)『身分社会と市民社会――一九世紀ハンガリー社会史』(刀水書房,2013 年) 解題と問題提起
東欧史研究会2013年度 第3回例会   2013年   
ハンガリアン・ラプソディの孤独:3分の2多数派権力とユー ロ圏外における危機
2013年度日本比較政治学会研究大会   2013年   
「民主化・市民社会・中欧論から20年──東中欧比較政治研究の認識枠組み──」(共通論題「ソ連崩壊20年とその後の世界」第2セッション:パネル・ディスカッション)
ロシア・東欧学会2011年度(第40回)研究大会   2011年   
「東中欧諸国における政党システムの『安定化』をめぐって」(分科会B「ラテンアメリカと中東欧の政党システム比較」)
2009年度日本比較政治学会研究大会   2009年   
ハンガリー現代史の断絶と連続の中の1956年
シンポジウム「ハンガリー1956」から50年──その問いかけるもの   2006年   

Works

 
旧ソ連・東欧地域における体制転換の総合的比較研究
2005年 - 2009年
ポスト社会主義諸国の政党・選挙データベース作成
2007年
ヨーロッパ社会の重層化・変容に関する基礎的研究
2005年 - 2007年