荒巻 俊也

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/30 09:48
 
アバター
研究者氏名
荒巻 俊也
 
アラマキ トシヤ
URL
http://www2.toyo.ac.jp/~aramaki/
所属
東洋大学
部署
国際学部 国際地域学科
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学)
科研費研究者番号
90282673

研究分野

 
 

経歴

 
1996年4月
 - 
1998年12月
東京大学 大学院工学系研究科 助手
 
1999年1月
 - 
2004年3月
東京大学 先端科学技術研究センター 講師
 
2004年3月
 - 
2008年3月
東京大学 大学院工学系研究科 助教授・准教授
 
2004年5月
 - 
2006年6月
アジア工科大学院 環境資源開発学研究科 客員准教授
 
2008年4月
 - 
2017年3月
東洋大学 国際地域学部 教授
 
2017年4月
 - 
現在
東洋大学 国際学部 教授
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1996年3月
東京大学 工学系研究科 都市工学
 
1987年4月
 - 
1991年3月
東京大学 工学部 都市工学
 

委員歴

 
2010年4月
 - 
2016年3月
科学技術振興機構  科学技術戦略推進費研究領域主管(プログラムオフィサー)
 
2009年3月
 - 
2015年3月
環境科学会  理事
 
2014年6月
 - 
2016年6月
土木学会  論文集編集委員会委員
 
 
 - 
現在
水文・水資源学会  編集委員会委員
 
2007年4月
 - 
現在
土木学会  環境システム委員会委員
 
2007年4月
 - 
現在
土木学会  地球環境委員会委員
 
2017年3月
 - 
現在
公益社団法人環境科学会  理事
 

受賞

 
2004年
環境科学会奨励賞
 
1999年
下水道協会有効論文賞
 

論文

 
Combined methods for quantifying end-uses of residential indoor water consumption in Hanoi
Yurina Otaki, Masahiro Otaki and Toshiya Aramaki
Environmental Process   4(1) 33-47   2017年3月   [査読有り]
将来の水利用シナリオの検討を目的としたプラーヌンクスツェレにおける参加者の選好変容の評価
大塚佳臣, 中谷隼, 牧誠也, 荒巻俊也, 古米弘明
土木学会論文集G(環境工学研究論文集)   72(7)    2016年11月   [査読有り]
工業用水需要量のグローバルな変化の分析と予測手法
西田かおり, 大瀧雅寛, 荒巻俊也
水文・水資源学会誌   29(6) 362-371   2016年11月   [査読有り]
マテリアルフローからみた八丈島の特性評価
白井浩介, 栗栖聖, 齊藤修, 荒巻俊也, 花木啓祐
環境情報科学 学術研究論文集   29 171-176   2015年11月   [査読有り]
八丈島における市場を介さない食料供給サービスの実態とレジリエントな島づくりへの一考察
齊藤修, ヤルッコ・ハバス, 白井浩介, 栗栖聖, 荒巻俊也, 花木啓祐
土木学会論文集G(環境システム研究論文集)   71(6) II_349-II_358   2015年10月   [査読有り]
荒川流域圏を対象とした水利用システムに対する住民選好の多様性とその要因の分析
大塚佳臣, 中谷隼, 荒巻俊也
土木学会論文集G(環境システム研究論文集)   71(6) II_109-II_116   2015年10月   [査読有り]
気候変動が水道水源ダムの水質に与える影響と水道事業における適応力の評価
川本圭彦, 梅田信, 大山秀格, 小池亮, 森本達男, 小熊久美子, 荒巻俊也, 滝沢智
土木学会論文集G(地球環境研究論文集)   71(5) I_117-I_126   2015年9月   [査読有り]
水道経営指標群を用いた気候変動に対する適応力評価手法の検討
大山秀格, 川本圭彦, 小池亮, 森本達男, 小熊久美子, 荒巻俊也, 滝沢智
土木学会論文集G(環境工学研究論文集)   70(7) III_131-III_140   2014年12月   [査読有り]
アソシエーション分析を用いた水辺経験と都市河川の意識との関連評価
大塚佳臣, 荒巻俊也
土木学会論文集G(環境工学研究論文集)   70(7) III_365-III_372   2014年12月   [査読有り]
Application of the analytic hierarchy process to the analysis of wastewater nutrient recycling options: a case based on a group study of residents in the city of Zurich
F. Contreras, K. Hanaki, T. Aramaki and C.R. Binder
Water Science and Technology   68(12) 2645-2653   2013年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
環境工学基礎
荒巻俊也他 (担当:分担執筆, 範囲:第7章 都市・生活と環境)
実教出版   2013年1月   
哲学をしよう!-考えるヒント30-
荒巻 俊也 (担当:分担執筆, 範囲:?-2 地球温暖化)
大成出版社   2012年11月   
国際開発と環境-アジアの内発的発展のために-
荒巻 俊也 (担当:分担執筆, 範囲:4. 環境工学から見た内発的発展−環境管理への住民参加−)
朝倉書店   2012年8月   
実用 水の処理・活用大事典
荒巻 俊也 (担当:分担執筆, 範囲:2.1 水資源の現状と課題)
産業調査会   2011年11月   
雨水利用の実務の知識 設計・施行・維持管理マニュアル
荒巻 俊也 (担当:分担執筆, 範囲:1.1.2 水資源と水循環)
丸善   2011年9月   

講演・口頭発表等

 
市民討議会を活用した水利用システムの将来シナリオに関する検討
大塚佳臣, 中谷隼, 牧誠也, 荒巻俊也, 古米弘明
水道協会平成28年度全国会議(水道研究発表会)   2016年11月9日   
都市住民の水辺意識の多様性とその要因の評価
大塚佳臣, 荒巻俊也
第44回環境システム研究論文発表会   2016年10月23日   
居住地周辺の水辺の存在認識に影響を与える要因の評価
大塚佳臣, 荒巻俊也
第50回日本水環境学会年会   2016年3月17日   
幼少時のライフスタイルと現在の水辺利用・意識の関連評価
大塚佳臣, 荒巻俊也
第49回日本水環境学会年会   2015年3月17日   
マテリアルフローからみた八丈島の特性評価
白井浩介, 栗栖聖, 齊藤修, 荒巻俊也, 花木啓祐
環境科学会2014年会   2014年9月19日   
都市の構造とエネルギーシステム [招待有り]
荒巻俊也
平成26年度電気学会全国大会シンポジウム   2014年3月20日   
ベトナム・ハノイ市郊外家庭における水利用の実態と意識
荒巻俊也, 大瀧雅寛, 大瀧友里奈, 窪田亜矢
第48回日本水環境学会年会   2014年3月19日   
利害関係者の多様性を前提とした水利用システムのシナリオ生成
中谷隼, 牧誠也, 栗栖聖, 大塚佳臣, 荒巻俊也, 花木啓祐
第9回日本LCA学会研究発表会   2014年3月4日   
Methodology Development to Assess Impacts of Flood Disaster on Isolated Communities using Water Supply Hazard Map
Yasuyo Yoshikawa, Hidenori Oyama, Hiroyuki Yabe, Makoto Koike, Tatsuo Morimoto, Kumiko Oguma, Toshiya Aramaki, and Satoshi Takizawa
1st International Conference on Civil and Building Engineering Informatics   2013年11月7日   
水道ハザードマップを用いた孤立集落の災害対応力の分析
大山秀格, 矢部博泰, 小池亮, 森本達男, 小熊久美子, 荒巻俊也, 滝沢智
平成25年度水道研究発表会   2013年10月23日   
アンケート自由回答データをもとにした都市中小河川に対する意識の多様性評価
大塚佳臣, 荒巻俊也
第47回日本水環境学会年会   2013年3月11日   
Micro-components survey of residential water use in Hanoi
Pham Ngoc Bao, Toshiya Aramaki, Masahiro Otaki, Yurina Otaki and Tran Thi Viet Nga
10th international symposium on Southeast Asian Water Environment   2012年11月9日   
Nutrient pollution problems in Southeast Asian countries
Pham Ngoc Bao, Toshiya Aramaki and Tran Duc Ha
10th international symposium on Southeast Asian Water Environment   2012年11月9日   
Water Demand Management: A Strategic Approach Towards Sustainable Urban Water Systems in Vietnam
Pham Ngoc Bao, Toshiya Aramaki
Water Environment and Technology Conference 2012   2012年6月29日   
Domestic Water Consumption and Opportunities for Implementing Water Demand Management in Hanoi City of Vietnam
Pham Ngoc Bao, Toshiya Aramaki
The 16th Annual Water Reuse & Desalination Research Conference   2012年6月5日   
家庭用水使用量の実測値と予測値の比較によるアンケートの最適化
大瀧友里奈, 大瀧雅寛, 冷萍, Pham Ngoc Bao, 荒巻俊也
第46回日本水環境学会年会   2012年3月16日   
東南アジア諸国における水質管理への経済的手法の適用可能性
荒巻俊也, Pham Ngoc Bao, 古米弘明
第46回日本水環境学会年会講演集   2012年3月14日   
Calibration of a GIS Based Nonpoint Source Pollution Model and Scenario Analysis for Reduction of Discharged Load to a Eutrophic Lake in Japan
Jinyoung Kim, Hiroaki Furumai, Fumiyuki Nakajima, and Toshiya Aramaki
The 4th IWA-ASPIRE conference and exhibition   2011年10月   
Nitrogen Flows Assessment of Chaophraya River Delta: Material Flow Analysis through Food Production and Consumption Activities
Pinida Leelapanang, Keisuke Hanaki, Toshiya Aramaki, Kiyo Kurisu and Kyoung-Jin An
The 4th IWA-ASPIRE conference and exhibition   2011年10月   
An Analysis of Water Consumption and Prospects for Implementing Household Water Use Demand Management in Hanoi City
Pham Ngoc Bao, Toshiya Aramaki, Yurina Otaki and Masahiro Otaki
The 4th IWA-ASPIRE conference and exhibition   2011年10月   

競争的資金等の研究課題

 
離島における観光資源活用と域内物流の改善のためのユビキタスネットワークの導入 効果
文部科学省: 科学研究費 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 花木啓祐
統合型水循環・水資源モデルによる世界の水持続可能性リスクアセスメントの先導
文部科学省: 科学研究費 基盤研究(S)
研究期間: 2011年 - 2015年    代表者: 沖大幹
島をモデルとした環境負荷と資源消費が小さいサービス指向社会の実現可能性解析
住友財団: 環境研究助成
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 花木啓祐
気候変動に適応した調和型都市圏水利用システムの開発
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業
研究期間: 2009年 - 2014年    代表者: 古米弘明
気候変動による水資源への影響評価と適応策に関する研究
環境省: 環境研究総合推進費
研究期間: 2010年 - 2014年    代表者: 滝沢智
主体的行動の誘発による文の京の脱温暖化
科学技術振興機構: 社会技術研究開発事業
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 花木啓祐
マテリアルフロー分析を組み込んだ栄養塩管理方策の評価手法の開発
文部科学省: 科学研究費 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 荒巻俊也
「東南アジア地域での高濁河川水利用型浄水供給システムによる水循環事業」に係る実施可能性調査(フェーズ3)
新エネルギー研究推進機構: 省水型・環境調和型水循環プロジェクト/水資源管理技術研究開発 /水資源管理技術の国内外への展開に向けた実証研究
研究期間: 2011年 - 2011年
廃棄物発生抑制行動を推進する心理要因の構造化と市民協働プログラムの実践
環境省: 循環型社会形成推進科学研究費
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 栗栖聖
水分野における経済的手法を含めたポリシーミックスの効果と社会影響に関する研究
環境省: 環境経済の政策研究
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 古米弘明
世界の水資源の持続可能性評価のための統合型水循環モデルの構築
文部科学省: 科学研究費 基盤研究(S)
研究期間: 2007年 - 2011年    代表者: 沖大幹
文の京の脱温暖化可能性調査
科学技術振興機構: 社会技術研究開発事業
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 花木啓祐
「東南アジア地域での高濁河川水利用型浄水供給システムによる水循環事業」に係る実施可能性調査(フェーズ2)
新エネルギー研究推進機構: 省水型・環境調和型水循環プロジェクト/水資源管理技術研究開発 /水資源管理技術の国内外への展開に向けた実証研究
研究期間: 2010年 - 2010年
低炭素型都市実現のための都市計画手法の適用と効果解析
文部科学省: 科学研究費 基盤研究(B)(一般)
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 花木啓祐
都市分散型水活用システムの地域住民の選好に基づく環境パフォーマンス評価
国土交通省: 建設技術開発費補助金
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 荒巻俊也
地域スケールでのカーボンフローの解析と将来シナリオの評価
文部科学省: 科学研究費 基盤研究(B)(一般)
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 荒巻俊也
都市に対する中長期的な二酸化炭素排出削減策導入効果の評価
環境省: 地球環境研究総合推進費
研究期間: 2004年 - 2008年    代表者: 花木啓祐
持続可能なサニテーションシステムの開発と水循環系への導入に関する研究
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業
研究期間: 2003年 - 2007年    代表者: 船水尚行
人間活動を考慮した世界水循環水資源モデル
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業
研究期間: 2002年 - 2006年    代表者: 沖大幹
建物・街区・都市・地域の各規模にまたがる熱環境解析とアジアの巨大都市への適用
文部科学省: 科学研究費 基盤研究(A)(一般)
研究期間: 2003年 - 2006年    代表者: 花木啓祐