小林 徹

J-GLOBALへ         更新日: 16/06/21 15:14
 
アバター
研究者氏名
小林 徹
 
コバヤシ トオル
URL
http://www.nara.kindai.ac.jp/suisan/seibutsu/kobayashi.htm
所属
近畿大学
部署
農学部 水産学科 水産生物学研究室
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
近畿大学農学部水産生物学研究室 教授
 
2007年4月
 - 
2012年3月
近畿大学農学部水産生物学研究室 准教授
 
2004年4月
 - 
2007年3月
近畿大学農学部水産生物学研究室 助教授
 
2000年4月
 - 
2004年3月
近畿大学農学部水産生物学研究室 講師
 
1997年4月
 - 
2000年3月
近畿大学農学部水産生物学研究室 助手
 

学歴

 
 
 - 
1985年
近畿大学 農学部 水産学科
 

論文

 
Kobayashi T, Honryo T, Agawa Y, Sawada Y, Tapia I, Macìas KA, Cano A, Scholey VP, Margulies D, Yagishita N
Reproductive biology   15(2) 106-112   2015年6月   [査読有り]
AGAWA Yasuo, IWAKI Mayui, KOMIYA Takafumi, HONRYO Tomoki, TAMURA Kouhei, OKADA Tsukasa, YAGISHITA Naoki, KOBAYASHI Toru, SAWADA Yoshifumi
Fish Sci   81(1) 113-121   2015年1月
NOMURA Shohei, KOBAYASHI Toru, AGAWA Yasuo, MARGULIES Daniel, SCHOLEY Vernon, SAWADA Yoshifumi, YAGISHITA Naoki
Fish Sci   80(6) 1193-1204   2014年11月
GUILLEN Angel, HONRYO Tomoki, IBARRA Juan, CANO Amado, MARGULIES Daniel, SCHOLEY Vernon P., WEXLER Jeanne B., STEIN Maria S., KOBAYASHI Toru, SAWADA Yoshifumi
水産増殖   62(3) 319-322   2014年9月
Ashida H, Ueyama N, Kinoshita M, Kobayashi T
Reproductive biology   13(4) 317-324   2013年12月   [査読有り]

Misc

 
KUMAI H, MURATA O, KOBAYASHI T, ISHIMARU K, YAMAMOTO M, KATO K, ADACHI K
AQUACULTURE   296(1-2) 110-116   2009年
KOBAYASHI Toru, UENO Koichi, YAGISITA Naoki, OTANI Satoshi
Final Rep 2003-2007 Cent Aquac Sci Technol Bluefin Tuna Other Cultiv Fish 21st Century COE Program Kinki Univ   31-37   2008年
KOBAYASHI Toru
Program Abstr 5th World Fish Congr 2008   367   2008年
天然水域における動物プランクトンの夜間投光による蝟集採集
滋賀県水産試験場研究報告   48 33-45   2001年
照射蛍光灯の光波長の違いによるミジンコ蝟集効果の差異
滋賀県水産試験場研究報告   48 27-31   2001年

書籍等出版物

 
マダイにおける生殖巣形成過程.グローバルCOEプログラム クロマグロ等の養殖科学の国際教育研究拠点 2008-2009(平成20-21)年度中間成果報告書,250
小林 徹
近畿大学   2010年   
マダイPagrus majorの初期発生過程における形態形成と始原生殖細胞の動態.グローバルCOEプログラム クロマグロ等の養殖科学の国際教育研究拠点 2008-2009(平成20-21)年度中間成果報告書,248-249
小林 徹
近畿大学   2010年   
ホンモロコGnathopogon caerulescensを用いた核移植クローン作出技術の開発試行.グローバルCOEプログラム クロマグロ等の養殖科学の国際教育研究拠点 2008-2009(平成20-21)年度中間成果報告書,246-247
小林 徹
近畿大学   2010年   
養殖クロマグロThunnus orientalisの遺伝的多様性と家系判別.グローバルCOEプログラム クロマグロ等の養殖科学の国際教育研究拠点 2008(平成20-21)年度中間成果報告書,246-247
小林 徹,阿川 泰夫,澤田 好史
近畿大学   2010年   
Developmental biology and genetics in aquaculture. The 21st Century COE Program Kinki University "Center of Aquaculture Science and Technology for Bluefin Tuna and Other Cultivated Fish" Final report:2003-2007. ;31-37
Kobayashi T, Ueno K, Yagishita N, Otani S
The 21st Century COE Program Kinki University, Wakayama,Japan.   2008年   

講演・口頭発表等

 
マアナゴ Conger myriasterにおける成長の雌雄差.
小林 徹, 猪熊 徹, 瀬川 叡, 山田伸一, 家戸敬太郎, 太田博巳
平成28年度日本水産学会春季大会   2016年3月   
タナゴ亜科魚類の性分化に関する研究-Ⅰ(ニッポンバラタナゴ Rhodeus ocellatus kurumeus の 生殖巣形成および性分化に関する組織学的観察).
松田征也, 高田瑞穂, 山口陽子, 小林 徹.
日本魚類学会年会   2015年9月   
高温処理によるホンモロコ受精卵の卵割阻止.
小林 徹, 猪熊 徹, 大橋昭汰, 藤井ひかる.
日本水産学会春季大会   2015年3月   
養成キハダ胚期の形態形成と生殖細胞の動態.
小林 徹, 本領智記, 阿川泰夫, 澤田好史, Tapia I,Adames K, Cano A, Scholey V, Marguries D, 柳下直己.
日本水産学会春季大会   2014年3月   
飼育水温がホンモロコ発育初期段階における性分化関連遺伝子に及ぼす影響.
芦田裕史, 木下政人, 小林 徹.
第36回日本分子生物学会年会   2013年12月   
Genetic population structure of the yellowfin tuna Thunnus albacares in the North Pacific Ocean.
Nomura S, Kobayashi T, Agawa Y, Margulies D, Scholey V, Sawada Y Yagishita Y.
9th Indo-Pacific Fish Conference   2013年6月   
抗酸化物質注射が魚肉のメト化と物性に及ぼす影響.
内本良平, 塚正泰之, 懸橋理枝, 伊藤智広, 石橋泰典, 小林 徹, 安藤正史.
日本水産学会春季大会   2013年3月   
クロマグロ初期発育期における骨形成関連遺伝子,BMP-2およびオステオカルシンの発現動態.
齋藤佑介, 本領智記, 阿川泰夫, 澤田好史, 小林 徹.
日本水産学会春季大会   2013年3月   
飼育水温がホンモロコ性分化遺伝子の発現に与える影響.
芦田裕史,木下政人,小林 徹.
日本水産学会春季大会   2013年3月   
養成キハダの生殖巣形成過程.
小林 徹, 本領智記, 阿川泰夫, 澤田好史, Tapia I,Adames K, Cano A, Scholey V, Marguries D, 柳下直己.
日本水産学会春季大会   2013年3月   
Identification of a Male Characteristics DNA Marker of Aquacultured Pacific Bluefin Tuna, Thunnus orientalis.
Yasuo Agawa, Takafumi Komiya, Tomoki Honryo, Toru Kobayashi, Michio Kurata, Tokihiko Okada, and Yoshifumi Sawada.
World Aquaculture 2013   2013年2月   
クロマグロの骨格形成過程.
齋藤佑介, 阿川泰夫, 澤田好史, 小林 徹.
日本水産学会秋季大会   2012年9月   
クロマグロおよびキハダの北太平洋における遺伝的集団構造.
野村尚平, 小林 徹, 阿川泰夫, Dan Margulies, Vernon Scholey, 澤田好史, 柳下直己.
日本水産学会秋季大会   2012年9月   
ISSR分析によるクロマグロ養殖集団の遺伝的多様性.
安井愛子, 柳下直己, 阿川泰夫, 澤田好史, 小林 徹.
日本水産学会秋季大会   2012年9月   
高水温環境下におけるホンモロコの性分化遺伝子の発現動態.
芦田裕史, 木下政人, 小林 徹.
日本水産学会秋季大会   2012年9月   
Expression profile of four willow minnow sex-related genes in the early developmental including sex differentiation stages.
Ashida H, Kinoshita N, and Kobayashi T.
Aquaculture Europe 2012   2012年9月   
クロマグロの硬骨形成過程.
齋藤佑介, 阿川泰夫, 澤田好史, 小林 徹.
日本水産学会春季大会   2012年3月   
ホンモロコ仔稚魚における性分化関連遺伝子の発現動態.
芦田裕史, 木下政人, 小林 徹
日本水産学会春季大会   2012年3月   
キハダの卵内発生速度と孵化所要時間に及ぼす水温の影響.
本領智記, Guillen A, Ibarra J, Margulies D, Scholey V, 小林 徹, 澤田好史.
日本水産学会春季大会   2012年3月   
Out Line of Research Plan in Spawning Ecology Team
Kobayashi T
Program for SATREPS Kickoff Symposium “Comparative Studies of the Reproductive Biology and Early Life History of Two Tuna Species for the Sustainable Use of these Resources”   2011年11月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
純系養殖品種作出のための簡易な卵割阻止法の開発 -微小管の再生メカニズムの解明ー
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 小林 徹
魚卵への外来遺伝子の導入とトランスジェニック系統の作出
PGCsの移植による魚類のキメラ個体作出
雄性発生による魚類のクローン作出と、その遺伝性に関する研究
養殖系統の遺伝的多様性維持のためのDNA多型マーカー検索